The Real Music Station

I walk to Zero

DJ: 武田信幸 (LITE)
世界を舞台に活動する日本が誇るインストロックバンドLITE。結成15周年を迎えた2018年、ヨーロッパ各国をはじめアメリカ大陸からアジアまで、実際にツアーで訪れた海外で経験したリアルな旅話と触れた音楽でめぐる30分の音旅行。案内人はLITEのギタリスト、武田信幸。行政書士との二足のわらじを活かし、月に一度「ためになるお金の話」もお届け。

Playlist

Sep 15 2018

MusiacsearchReload
  • 21:31 "ARCH" LITE
  • 21:44 "B・BLUE" BOOWY
  • 21:53 "SHUTTER SPEEDSのテーマ" GLAY

Program Blog

9月15日 (土)

9/15&9/22 [I walk to Zero]

9/15&9/22の[I walk to Zero]では、
10年以上にわたってLITEと仲良くしてくださっている
GLAYのJIROさんが登場!!

今年結成30周年を迎えた、
日本の国民的ロックバンドGLAY。
そんな大先輩バンドとLITEの間に
いったいどんな繋がりが・・・!?
と思った方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

レコーディングでベースをお借りしたり、
ライブの時にはお花を送ってくださったりと、
親交を深めてきたLITEとJIROさん。

そんなLITEとJIROさんの馴れ初めから、
JIROさんの音楽的ルーツ、
(音楽をはじめたきっかけは、
友達が貸してくれたギターだった)
衝撃を受けた音楽、
(レベッカとボウイ!)
函館から別のバンドでの成功を夢見て上京するも、
一度もライブをすることなく解散し、
同郷の1年先輩だったTAKUROさんから誘われて
GLAYに加入するに至るまでなどなど、、
貴重なお話をたくさん聞かせて頂きました。

さらに、
武田氏が高校時代に初めて人前で演奏した文化祭で
GLAYのカバーを披露していたり、
(そのバンドにはLITEのギター構造さんも!)
ベースの伊澤さんも同時代、
違うバンドでGLAYの曲をカバーしていたりと、
LITEメンバーの音楽的ルーツに
GLAYのDNAが受け継がれていることが判明。

当時、お客さんの9.5割が女性で、
「もちろんキャーキャー言ってもらえるのも嬉しかったんだけど、
バンドキッズみたいな(男の子の)ファンが増えてくれると
もっと嬉しいのにな〜って思ってたんだよ!」
と当時を振り返ってJIROさん。
「その影で僕らみたいなバンドキッズがすくすく育ってました!」
という武田氏とのやりとりからも、
改めて、長きにわたり日本のロックシーンを引っ張ってきた
GLAYというバンドの影響力の大きさを実感した、
そんな回でございました!

実は、武田氏とJIROさん、
サシでゆっくりお話するのは初だったそうですが、
JIROさんの飾らない人柄とチャーミングな素顔に、
武田氏&スタッフ(男性マネージャー/女性ディレクター)
完全にノックアウトされてしまいました。

そんな、
JIROさんのナイスガイっぷりが
ドバドバにじみ出てしまっている次週の放送も、
どうぞお楽しみに!


Recent Entry


9/1&9/8 [I walk to Zero]...

8/25 [I walk to Zero]...

8/18 [I walk to Zero]...

8/4&8/11 [I walk to Zero]...

7/28 [I Walk to Zero]...

DJ Biography

武田信幸 (LITE)
2003年結成、4人組インストロックバンドLITEのギタリスト。日本のみならず海外での評価も高く、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでヘッドライナーツアーを成功させる。また国内の大型音楽フェスFUJI ROCK FESTIVALやSUMMER SONICをはじめ、海外音楽フェスのSXSWへの出演や、UKのArcTanGent Festival、スペインのAM Fest、メキシコのForever Alone Festではヘッドライナーでの出演を果たすなど、近年盛り上がりを見せているインストロック・シーンの中でも、最も注目すべき存在のひとつとなっている。

また行政書士としても活動しており、「ミュージシャンによるミュージシャンのためのお金のセミナー」を東京、大阪で開催し話題となるなど、活動の幅を広げている。
pagetop