アーカイブ

Talking about language , Sep 10

2014/09/10 / Category:talking about language

水曜日のこの時間は、<talking about language>!
お話下さるのは、慶応義塾大学・文学部教授
文学博士の井上逸兵さんです。

写真
_
今日は、日本人から見て、英語っぽい!と感じる
「YOU 〇〇 ME 」という表現のお話。
_
たとえば、「You surprised me!」。
日本語でいうならば「ビックリしたー!」。
_
Youから始まるこのような表現は、
なかなか日本にはなく、英語っぽい!と感じるでしょう。
_
他にも、
「You caught me (=バレちゃった)」
「You lost me (=言っている事が分からない) 」
などがあります。
_
そもそも日本では、文章や会話でも、
「私」から始まるものが続くと、
日本語では見下された印象や、自己中心的な印象になります。
また、「あなた」と相手をさす言葉も、なかなか面と向かっては言いません。
_
また、相手をさす単語が多い日本。
最近、日本語をマンガで勉強する外国の方々が多く、
間違って「貴様」と言ってしまう方が!!