February 27(Vol.28)

2014/02/27 / Category:Paul Stuart - New York Notes

2月27日 「Paul Stuart New York Notes」 #28
「このコーナーは、Paul Stuart生誕の地、New Yorkに縁のある音楽の中から、
Peter Barakanがお薦めする曲と共に、みなさんをNew York Cityにお連れします。」
第7週目は、Burt Bacharachをご紹介。
_
Aretha Franklin “I Say A Little Prayer”
_
1967年にDionne Warwickがアルバム『The Windows of the World』で初めて歌い
シングル・カットされて全米4位のヒットに。  Arethaは翌1968年、アルバム
『Aretha Now』で取り上げ、シングル「The House That Jack Built」のB面にも
収録したところ、ラジオで頻繁にかかるようになり、両A面扱いとなり、全米10位
のヒットとなりました。
_
Dionne Warwick “Do You Know The Way To San Jose”
_
Burt Bacharach and Hal Davidのお抱え歌手Dionne Warwickが
1968年に放った大ヒット!彼女にとって初のグラミー賞
受賞曲Best Female Pop Vocal Performanceとなった代表曲。
_
Warwick won her first Grammy Award, the
Burt Bacharach : Biography
Bacharach was born in Kansas City, Missouri, and grew up in the Forest Hills section of New York City
In 1957, Bacharach and lyricist Hal David were introduced while at the Brill Building
(which Bacharach described as a “music factory”) in New York City, and began their writing partnership
_
PaulStuartBanner

February 26(Vol.27)

2014/02/26 / Category:Paul Stuart - New York Notes

2月26日 「Paul Stuart New York Notes」 #27
「このコーナーは、Paul Stuart生誕の地、New Yorkに縁のある音楽の中から、
Peter Barakanがお薦めする曲と共に、みなさんをNew York Cityにお連れします。」
第7週目は、Burt Bacharachをご紹介。
_
Sandie Shaw “There’s Always Something There To Remind Me”
_
Dionne Warwickが1963年にデモを録音。 NYのSoul Singer
翌1964年の夏にスマッシュヒットさせると、海を越えたイギリスではPop Singer
がカヴァー、人気TV「Ready Steady Go!」で歌うと大反響となり
見事No.1に! 1983年にはNaked Eyesのカヴァーで再び脚光を浴びました。
_
Dusty Springfield “The Look Of Love”
_
イギリスのシンガーが続きます。1967年の映画「007 Casino Royale」のために
書かれた楽曲で、Dusty Springfieldが歌って全米22位を記録。
この年のアカデミー歌曲賞にノミネートされます。
翌1968年には、Sérgio Mendes & Brasil ’66のヴァージョンが大ヒット。
_
Burt Bacharach : Biography
Bacharach was born in Kansas City, Missouri, and grew up in the Forest Hills section of New York City
In 1957, Bacharach and lyricist Hal David were introduced while at the Brill Building
(which Bacharach described as a “music factory”) in New York City, and began their writing partnership.
_
PaulStuartBanner

February 25(Vol.26)

2014/02/25 / Category:Paul Stuart - New York Notes

2月25日「Paul Stuart New York Notes」 #26
_
「このコーナーは、Paul Stuart生誕の地、
New Yorkに縁のある音楽の中から、
Peter Barakanがお薦めする曲と共に、
みなさんをNew York Cityにお連れします。」
第7週目は、Burt Bacharachをご紹介。
_
Dionne Warwick “Walk On By”
New YorkのスタジオでThe Drifters、Ben E King、
Dinah Washington、Solomon Burkeなど
錚々たるアーティストのバックコーラスの仕事をしていた
Dionneに目をつけたBurt は1962年、
彼女の初のソロシングル“Don’t Make Me Over”をプロデュースし、
この素晴らしい関係が始まります。
“Walk On By”は1962年暮に録音、
翌年の春に発売されると大ヒットとなり
Dionneの代名詞とも言える曲となりました。
_
The Walker Brothers “Make It Easy On Yourself”
オリジナルは1962年にJerry ButlerがVee-Jay Records から
リリースしたもので、全米20位を記録。
その3年後、ロスアンゼルスの3兄弟The Walker Brothersがカヴァーすると、
全米では16位止まりでしたが、イギリスで火がつき、見事ナンバーワンを記録。
日本でも「涙でさようなら」(邦題)で大ヒットしました。
_
Burt Bacharach : Biography
Bacharach was born in Kansas City, Missouri,
and grew up in the Forest Hills section of
New York City
In 1957, Bacharach and lyricist Hal David
were introduced while at the Brill Building
(which Bacharach described as a “music factory”)
in New York City, and began their writing partnership.
_
PaulStuartBanner

February 24(Vol.25)

2014/02/24 / Category:Paul Stuart - New York Notes

2月24日 「Paul Stuart New York Notes」 #25
_
「このコーナーは、Paul Stuart生誕の地、
New Yorkに縁のある音楽の中から、
Peter Barakanがお薦めする曲と共に、
みなさんをNew York Cityにお連れします。」
第7週目は、Burt Bacharachをご紹介。
_
The Shirelles “Baby It’s You”
Burt BacharachとLuther Dixon、
そしてMack Davidの共作によって1961年に書かれ、
the Shirellesが録音、全米8位を記録した楽曲。
1969年にはカリフォルニアのバンド
Smithによってカヴァーされ、全米5位の大ヒットとなっている。
The Beatlesのデビューアルバム『Please Please Me』
に収められたヴァージョンが特に有名?!
_
The Drifters “Mexican Divorce”
1962年、Burt BacharachとBob Hilliardによって書かれ、
Ben E Kingが抜けた後のThe Driftersによって歌われました。 
1974年にはRy Cooderがアルバム
「Paradise and Lunch」で新たな解釈で録音しています。
_
Burt Bacharach : Biography
Bacharach was born in Kansas City, Missouri,
and grew up in the Forest Hills section of
New York City
In 1957, Bacharach and lyricist Hal David
were introduced while at the Brill Building
(which Bacharach described as a “music factory”)
in New York City, and began their writing partnership.
_
PaulStuartBanner

February 20(Vol.24)

2014/02/20 / Category:Paul Stuart - New York Notes

2月20日 「Paul Stuart New York Notes」 #24
「このコーナーは、Paul Stuart生誕の地、New Yorkに縁のある音楽の中から、
Peter Barakanがお薦めする曲と共に、みなさんをNew York Cityにお連れします。」
第6週目は、Bert Bernsをご紹介。
_
Van Morrison “Brown Eyed Girl”
_
Bang RecordsのチーフプロデューサーBert Bernsが手がけた
最も?有名な作品。 Themからソロへ転向したVan Morrisonを
アメリカに呼び出して録音し、シングルとして発表。
Cashbox chartsで8位、Billboard Chartsでは10位を記録。
_
Erma Franklin “Piece Of My Heart”
_
Bert Bernsは1967年12月に急死するまで、実に素晴らしい功績
を残しました。”Piece of My Heart”は、のちにJanis Joplinが歌い
世界的に知られるようになりましたが、オリジナルはArethaの姉妹
Erma Franklinが歌ったこのヴァージョンです。
_
Bert Berns : Biography
Born in the Bronx, New York City, to Russian Jewish immigrants,
Berns contracted rheumatic fever as a child, an illness that would mark the rest of his life.
As a young man, Berns danced in mambo nightclubs,
and made his way to Havana before the Cuban Revolution.
_
PaulStuartBanner