アーカイブ

9/2は、エルヴィン・ビショップへのインタヴューをたっぷりとお届けします!

2012/08/29 / Category:Guest

9/2は、フジロック・フェスティヴァル2012の会場で収録したエルヴィン・ビショップへのインタヴューをたっぷりとお届けします。

1960年代にポール・バターフィールドと出会い、バターフィールド・ブルーズ・バンドを結成するなどブルーズの生き字引から飛び出す貴重な話が盛りだくさんです。お楽しみに!

Elvin Bishop
シカゴのポール・バターフィールド・ブルーズ・バンドと共に1960年代初頭のU.S.ブルーズ・リバイバルの火付け役として知られている。サンフランシスコを拠点としたビル・グラハムのフィルモア・ボールルーム・シーンの中心的存在でもあり、70年代に”Fooled Around And Fell In Love”というヒットソングを生んだインターナショナル・ヒットメーカーでもある。更にルーツ・ロック、R&Bそしてグッドタイム・ブギーの世界的エンターテイナーとして名を馳せる。リトル・スモーキー・スムーザーズからシカゴ南部のブルーズを教わり、バターフィールド・バンドを経て、オールマン・ブラザーズ・バンドやザ・グレイトフル・デッド等とステージを共にし、またB.B.キングやボー・ディドリー、クリフトン・シェニアやジョン・リー・フッカーといった彼のヒーロー達とレコーディングや共演した事で、音楽的要素を少しずつ吸収し自身の音楽を形成。現在でも世界中のステージでパフォーマンスを続けている。2008年にリリースされたアルバム”The Blues Rolls On”はゲストにB.B.キング、ウォーレン・ヘインズ、デレク・トラックス、ジョージ・ソログッドそしてジェームス・コットン他がフィーチャリングで参加しており、グラミー賞の「ベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム部門」でノミネートされた。また、釣りや園芸の他に日本語の読み書きを趣味としている。

Elvin Bishop Official Website:http://www.elvinbishopmusic.com/

日本語(漢字)が入ったInterFMのフジロック手ぬぐいをエルヴィンにプレゼントしました