The Real Music Station

Barakan Beat

Sun. 18:00 - 20:00
DJ: Peter Barakan
Mail
日曜の夜、ピーター・バラカンが深く愛する古今東西の音楽を徹底的にご紹介。
注目の新人、新譜、再発の楽曲や近日開催のおすすめライヴ、イヴェントの情報など音楽ファン必聴の2時間です。リクエストも随時受け付け中。そして時にはゲストをお迎えし、トーク&スタジオ・ライヴ・セッションもお楽しみいただけます。大好評「名盤片面」のコーナーもあります。
18:40 Music to stay home for

Playlist

May 22 2016

MusiacsearchReload
  • 18:02 "WHEN WE WAS FAB" GEORGE HARRISON
  • 18:12 "KEY TO THE HIGHWAY" SONNY LANDRETH
  • 18:19 "ON THE ROAD AGAIN" JACK BROADBENT
  • 18:24 "EL 456" DAYME AROCENA
  • 18:29 "SOMEBODY'S KNOCKIN" ERIC CLAPTON
  • 18:36 "SHE AIN’T GOIN’ NOWHERE" GUY CLARK
  • 18:41 "MY FAVORITE PICTURE OF YOU" JERRY JEFF WALKER
  • 18:47 "1-2-3" LEN BARRY
  • 18:50 "I CAN SEE CLEARLY NOW" DOBIE GRAY
  • 18:55 "SINCE I LAID MY BURDEN DOWN" CALVIN COOKE
  • 19:05 "(WHAT'S SO FUNNY `BOUT) PEACE, LOVE & UNDERSTANDING" THE SACHAL ENSEMBLE FEAT. SEAN LENNON
  • 19:11 "I SAY A LITTLE PRAYER" ARETHA FRANKLIN
  • 19:18 "TAXICAB DRIVER" MEM SHANNON
  • 19:24 "SLEEPING IN A CAR" THE STAVES
  • 19:32 "BACK HOME" GRAHAM NASH
  • 19:44 "BIG YELLOW TAXI" JONI MITCHELL
  • 19:47 "IF" JONI MITCHELL
  • 19:55 "MAIYSHA (SO LONG)" MILES DAVIS & ROBERT GLASPER FEAT. ERYKAH BADU

Program Blog

5月22日 (日)

親子の日2016 スーパーフォトセッション

【親子の日2016 スーパーフォトセッション】

番組内でご紹介した【親子の日2016 スーパーフォトセッション】のイベントに親子3組をご招待致します。

ご希望の方はこちらからご応募ください!
E-Mail:barakan@interfm.jp
※メールの件名に「親子写真希望」とお書き下さい。

撮影日:2016年7月24日(日)親子の日当日
※時間のご指定はできません。
※当日、スタジオでの待ち時間が発生する場合があります。
※ネガやデータはお渡しできません。

撮影場所:東京都港区内の撮影スタジオ(場所の詳細は、参加者に別途お知らせします)

参加費:無料
※スタジオまでの交通費は各自でご負担ください。

応募〆切:2016年6月13日(月)当日消印有効

 

 


Recent Entry


Playlist. May.22...

Music to stay home for (2016春)④...

レイチェル・チャン✖️山内悠トークショー...

DJ Biography

Peter Barakan
1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974 年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動。テレビやラジオのレギュラー多数。2013年5月、日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰する第50回ギャラクシー賞の「DJパーソナリティ賞」を受賞。 著書に『200CD+2 ピーター・バラカン選ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春 のサウンドトラック』(ミュージック・マガジン)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』(NHK出版)、『 魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパフリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤 240』(講談社+α文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側で』(岩波新書)などがある。またコンピレイションCD等の企画や監修も行っている。
http://peterbarakan.net
pagetop