1/2(wed) 850th DAY!

2019年1月2日 / Category:Entry

毎週水曜日は、グルメがテーマ!
話題の新しい食べ物や
今こそ行きたい!気になるお店など
最新の情報をお届けしています。

さて、日本の年末年始の食べ物といえば、
年越しそばに始まり、おせちにお餅、お雑煮に
お汁粉におめでたいモノたちなどなど…
皆さん、ひと通り食べましたか〜?

元旦、食べ正月にしてしまうと特に
「ちょっと趣向を変えたいな〜」と思うことも
多いのではないでしょうか。

そんな時は、海外の習慣に目を向けてみると
楽しいことがあるかもしれませんよ〜

フランスで伝統的な新年のお祝いケーキ
「ガレット・デ・ロワ」。
こちらを今日はご紹介したいと思います。

「ガレット デ ロワ」とは、フランスの伝統的なお菓子。
アーモンドクリームでできた生地「クレーム・ダ・マンド」を、
サクサクのパイ生地で包み上げたケーキです。

見た目はシンプルで美味しそうなパイなのですが、
大切なのはその中身。
このケーキの中には「フェーヴ」と呼ばれる
チャームを忍ばせているのが一般的なんです。

この「フェーヴ」、サイズは縦2,3cm、横1,2cmぐらいの
サイズの、人だったり動物の形をした
陶器でできた小さなお人形であることが一般的です。

切り分けたガレット・デ・ロワの中からこのフェーヴが
出てきた人は、王様・女王様になれる…というのが
お約束。だからフェーヴも王様や女王様の形を
していることも多いんですよ〜

王様・女王様になった人は、王冠をかぶって
その日一日みんなから祝福されます。
家族や友達と集まって一年のはじまりに、
運試しがてら、フェーヴをめぐって大騒ぎ!
フランスでは「これを食べないと一年が始まらない!」
と言われるほど新年になくてはならないものなんです。

そんなガレット・デ・ロワを今日はスタジオに
持ってきましたよ〜。

今日は、日本でも「ミシュランガイド」で12年連続三ツ星の
名店・ジョエル・ロブションのパン屋さん
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」の
ガレット・デ・ロワをスタジオに持ってきました〜!

ジョエル・ロブションの「ガレット デ ロワ」は、
クレームダマンドに、希少性の高いタヒチ産バニラを
贅沢に使用。サクサク食感のパイ生地とバニラが香る
しっとりとした生地が絶妙にマッチした一品ということで…
つまり、昔ながらの材料をリッチにグレードアップさせた
もの、ということですね〜。

サイズは大、小の2種類があって、今日は小さめの
方をスタジオに持ってきました!

最近のガレット・デ・ロワは、フェーヴの誤飲防止に
フェーヴは別添えで、ガレット・デ・ロワの中には
フェーヴ代わりのアーモンドが一粒入っているそうです!

こちら、お値段は税抜き2000円。
大きい方は、ジョエル・ロブションの
料理をかたどったオリジナルフェーヴが入って
税抜き、3300円!

和食に飽きたなぁと思ったら、
こんなお菓子を導入するのも良いかもしれませんね!

 

♪ On Air List ♪

10:00 “HIGH HOPES” PANIC! AT THE DISCO
10:07 “WHITE TIGER” IZZY BIZU
10:10 “NEW SOUL” YAEL NAIM
10:17 “GO FOR IT!” DREAM COME TRUE
10:21 “HOPE” 安室奈美恵
10:27 “SOMETHING JUST LIKE THIS” THE CHAINSMOKERS & COLDPLAY
10:36 “KISS AND MAKE UP” DUA LIPA & BLACKPINK
10:45 “冬来たりなば” 堀込高樹
10:52 “HIGH HORSE” KACEY MUSGRAVES
10:55 “STAND OUT FIT IN” ONE OK ROCK
11:00 “SUNSHINE FEAT. MIGUEL” KYLE
11:04 “EVERYBODY WANTS TO BE FAMOUS” SUPERORGANISM
11:10 “ALL FOR YOU” JANET JACKSON
11:14 “WHAT LOVERS DO (FEAT. SZA)” MAROON 5
11:18 “EIGHTEEN” PALE WAVES
11:22 “冬の口笛” スキマスイッチ