4/5 T.G.I.F!!

2019年4月5日 / Category:Entry

★Brilliantopics

東京都現代美術館

今から23年前1995年に開館した東京都現代美術館。

2016年5月30日から設備の改修と利便性向上のために、
全館休館となっていました。が、先月3月29日、リニューアルオープンしました!

およそ3年という長い期間、
大規模な工事をしていたわけですが、一体どこがどう変わったのか?
チェックしていきましょう。

まず、東京都現代美術館の南側には、木場公園が面しているんですが、
壁面をガラス張りにしたことにより、
公園で遊ぶ子供たちや散歩をする人たちの姿を見ることができるようになりました。

これにより、美術館を公園の続きのように、
『普段使い』してもらえることをコンセプトとし、
パブリックスペースなどの整備も行ったということです。

美術館の中と外を明確に区切るのではなく、
ゆったりと繋げながら来館者の回遊を自然に促すことを目指したんだそうです。

そして館内の施設も生まれ変わりました!
主に新設されたのは美術図書室、ミュージアムショップ、レストラン、カフェ&ラウンジ。
図書室には『こどもとしょしつ』が新設。
こちらは黒を基調とした落ちついたスペースで、
映像資料が閲覧できる「メディアブース」に加え
大人も子供も楽しめる美術書を集めたコーナーが拡張されました。

また、新たにオープンするのが、株式会社スマイルズが手がけるレストラン
「100本のスプーン」とカフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」。

「100本のスプーン」では、
ほぼ全てのメニューにフルサイズとハーフサイズが用意されていて、
赤ちゃん向けには旬の食材を使った離乳食を無料で提供。

さらに料理が届くまでの待ち時間もお子さんが楽しめるように、
メニューの裏面は塗り絵になっていたりと、
小さなお子様づれでも楽しめること間違いなしのレストランになっています。

さらにさらに、企画展示室内のエレベーターが1台から2台に増設されたり、
多目的トイレの拡充や出入り口のスロープの増設などバリアフリーの向上、
トイレ内のおむつ替えベビーベッド、ベビーチェア設置といった子育て支援設備も!

3年の時間をかけただけある、細かいところまで配慮が行き届いた改修ですね。

現在は<企画展 百年の編み手たち-流動する日本の近現代美術->
<コレクション展MOTコレクション ただいま / はじめまして>が開催中。

今週末は親子でアートに触れに行ってみてはいかがでしょうか?


▼バルコ ランドリー プレイス

東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で展開している、
コインランドリーと衣服のクリーニングサービスを提供するこちらのお店、
明日、4月6日、代々木上原に新店舗がオープンします!

まず目を引くのはその外観。
ブルーボトルコーヒーやフィリップリムなどの店舗を手掛けた、
「TANK」が設計・施工をがけただけあって、
まるでカフェやおしゃれなオフィスのよう!

そして気になる中身ですが、
ランドリーですから洗濯ができるのはもちろん、
クリーニングサービスを提供するお店だけに、
洗濯物の集荷から洗濯、配送を全てまとめて代行し、
日々の洗濯物のストレスと時間から解放してくれる
「ランドリーアウト」というサービスも実施しているんだそうです。

一人暮らしや、仕事で忙しくてなかなか洗濯する時間がない、
なんて人には強い味方ですよね〜

さらに、今回オープンする代々木上原店は、
ただのコインランドリーではありません…! それはカフェを併設していること!

大型複合店舗として、コインランドリーの空間はそのままに、
カフェ「クロスロードベーカリー&カフェ」を併設。

洗濯の待ち時間にこだわりのコーヒーとパンで、
カフェタイムを楽しむことが出来て、クロワッサンや食パン、
総菜系などのパンやコーヒーなどが提供される予定だそうです。

待ち時間が面倒なコインランドリーもカフェがあることで、
朝ごはんやお昼ご飯ついでに洗濯もできちゃう✨

<バルコ ランドリー プレイス代々木上原店>は、

明日4月6日 土曜日オープンです。