Letters From YAIZU HARBOR! vol.3-焼津のだし!

2017年9月20日 / Category:Letters From YAIZU HARBOR!

水曜Tokyo Brilliantripsでは、6回に渡り、番組内の10時台に
静岡県焼津市presents「Letters From YAIZU HARBOR!」
=「焼津港からのお手紙」と題して、焼津市のふるさと納税のお礼品として
焼津港から送られる、とびきり美味しいあれこれについてご紹介しています。

今日ご紹介したのは、焼津のだし!

焼津市のふるさと納税のお礼品セット
「鰹本枯節1本と桐製鰹節削り器「けずりっ子」のセット」
こちらを、実際に削ってみましたよ〜♪

焼津の鰹節やおだしの魅力については、
昭和25年から75年以上にわたり、焼津港で かつお節の製造加工販売などに携わる
トマル水産の 大石 智之さんにお話を伺いました!


一般に、カビをつけた鰹節を「枯節」と呼び、
そうでないものを「荒節(あらぶし)」と呼ぶのですが、
そのなかでも本枯節は鰹節の種類の中で一番手間ひまがかかり、
一番高価なものなのだそうです。
カビを付けて乾燥させることによって中まで均一に乾燥させることができ、
味が熟成され、そして長期保管ができるようになるという
発酵の力を借りた、昔ながらの保存食。

大石さんは、「味噌汁やお雑煮と、普通に作られたものの中に
食べる瞬間削りたての鰹節を入れていただくと、
風味がまったく違うものになり別物になるのでおすすめです」と
おっしゃっていました。

というわけで、番組ではお味噌汁に足したり、そのまま頂いてみました…!
とっても香り高くて、味わいがギュッとつまっているので、
そのままでも本当においしいお味🐟

本日ご紹介した鰹本枯節1本と桐製鰹節削り器「けずりっ子」のセットはもちろん、
焼津市のふるさと納税はお礼品の数が日本一を誇ります!
ふるさと納税は、焼津市の公式HP「山盛りの焼津をあなたへ。」から
簡単にお申し込みできます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

Letters From YAIZU HARBOR! vol.2-焼津の練りもの!

2017年9月13日 / Category:Letters From YAIZU HARBOR!

先週から始まったこちらのコーナー。6回に渡り、10時台に
静岡県焼津市presents「Letters From YAIZU HARBOR!」=「焼津港からのお手紙」と題して、
焼津市のふるさと納税のお礼品として焼津港から送られる、とびきり美味しいあれこれについてご紹介しています。

今日ご紹介したのは、焼津の練りもの!

美郷さんが持っているのは、焼津市のふるさと納税のお礼品セット
「かまぼこ屋の若旦那衆厳選!焼津特産練り物セット 豪華版」。

こちらの魅力について、さつま揚げや黒はんぺんなどの練りものをつくる
株式会社・はの字食品の服部隆史さんが、焼津の練りものの
魅力についてお話してくださいました🐶
練りもののおいしい食べ方についてのコメントも!

実は、江戸時代から続く練りもの加工の歴史ある港・焼津港は
練りものの加工産業も盛んで、例えば日本のなると巻きの7割はなんと、焼津産!!
かなりのシェアですよね。

地元グルメで有名な静岡おでんの黒はんぺんもそうですが、
おいしいお魚あるところには、おいしい練りものあり!
ということですね。

服部さんいわく、黒はんぺんのおいしい食べ方は
「簡単な方法だと、軽く焼いて、 しょうが醤油、もしくは七味などかけて食べるのが多いですかね。 あとはフライにしたり、おでんに入れたり…」とのこと。
番組の中では、その黒はんぺんを少し温めて、七味とお醤油でいただきました。
それだけでお魚の香りがふわ~っとただよって、ついつい手が伸びるおいしいお味でしたよ〜🐟

本日ご紹介した福一漁業のマグロはもちろん、
焼津市のふるさと納税はお礼品の数が日本一を誇ります!
ふるさと納税は、焼津市の公式HP「山盛りの焼津をあなたへ。」から
簡単にお申し込みできます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

Letters From YAIZU HARBOR! vol.1-焼津のマグロ!

2017年9月6日 / Category:Letters From YAIZU HARBOR!

食がテーマの水曜日Brilliantrips!

 

きょうから6回に渡り、10時台に
静岡県焼津市presents「Letters From YAIZU HARBOR!」=「焼津港からのお手紙」と題して、
焼津市のふるさと納税のお礼品として焼津港から送られる、とびきり美味しいあれこれについてご紹介します♪

 

焼津港といえば、皆さんどんなイメージをお持ちですか?
マグロやカツオのおいしい土地として知られていますが、
他にも豊かな海からもたらされる、美味しいものがたくさんありますよね!

 

今日から6回に渡り、その中からいくつかを、焼津港の地元の生産者さんのコメントともに、お届けします。

第1回目の今日は、焼津港で漁業を営む、福一漁業の岡安さんが、焼津の魅力についてお話してくださいました。

 

福一漁業は、なんと江戸時代から代々続く漁業を営む会社さん!
何百年も前から焼津の港とともに暮らしてきた福一漁業さんでは、マグロと鰹の漁から採ってきた魚の冷蔵・加工・販売までを広く取り扱っている、いわば「マグロとカツオのプロ」。
焼津市のふるさと納税では、この福一漁業さんの美味しいマグロが
お礼品として指定できるんだそうですよ。

 

普段だったらお刺身にしていただくことをすぐ連想するマグロですが、
地元の方からすると、どんなふうに食べるのがおすすめなんでしょうか?
福一漁業・岡安さんは「お刺身はもちろん、ミナミマグロは甘みが強いので酢飯とよく合います。
なので、手巻寿司から丼もの、ちらし寿司なんかもよろしいかと思います」と教えて下さいました!

 

 

86E27B9B-109B-4950-AE86-59A8F5F042A1

先日、そのミナミマグロをいただいたという美郷さん。
とっても濃厚でおいしいマグロだったそうですよ〜〜〜〜〜😻

 

江戸時代から人気の高い焼津のマグロ…ぜひいつか行きたい!けれど、なかなか行く機会が…という方に!
こうしてお返品としておうちで楽しめるのは、とっても嬉しいですよね。

 

本日ご紹介した福一漁業のマグロはもちろん、
焼津市のふるさと納税はお礼品の数が日本一を誇ります!
ふるさと納税は、焼津市の公式HP「山盛りの焼津をあなたへ。」から
簡単にお申し込みできます。
ぜひチェックしてみてください🐟