TLC DOG FOOD presents THE HEROES

2012/04/09 / Category:Info

様々なヒーロー、ヒロインを紹介していくコーナーです。

このコーナーで紹介するヒーロー、ヒロインは
“有名である”という意味ではありません。
また“地位や名誉がある”という意味でもありません。

職場のヒーロー、学校のヒーローなど身近なヒーローから
スポーツ、音楽、政治、科学、医療、などなど、歴史上のヒーローも紹介していきます。

ラジオネーム:中野区の中野さんのHERO
『千と千尋の神隠し』のハク

 

番組ではプレゼントも実施しています!

皆さんのヒーロー・ヒロインを教えて下さい!
番組で採用された方には、
TLCドッグフードを1kgプレゼント!
わんちゃんを飼っている方も
これから飼おうと思っている方も、
友達が飼っているのでプレゼント!
なんて方もどんどん送って下さい!
dave@interfm.jpまでお待ちしています!

In Kesennuma #2 – 13th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

11月13日(日)、ペット輸送ゆりかご 藤田氏と共に、Dave Fromm、ジョー横溝、スタッフが向かった最終目的地は、彼らが4月にも訪れた気仙沼市鹿折唐桑(ししおりからくわ)駅付近。

鹿折

鹿折

鹿折

ここには津波に打ち上げられた巨大なマグロ漁船が今もそのままになっています。
その大きさに今回の津波の規模がどれほど甚大だったか、改めて思い知らされます。
周囲のガレキは広範囲で既に撤去されました。
4月に訪れた際は、重油、ヘドロの混じった様な臭気が漂う場所だったとのことですが、
今ではほとんど気になりません。

鹿折

ここはかつて駅前でした。

鹿折

4月に訪れた際にまだ残っていた駅舎は既に取り壊されていました。

鹿折

初めて訪れたスタッフには信じられない光景。

鹿折

鹿折

駅からほど近い歩道橋。
鹿折唐桑地区は、震災・津波の到達後に大規模な火災があった地区。
4月にこの地を訪れた際にも、この焼け焦げた歩道橋にDaveとジョーは登りました。
印象的だった、歩道橋の中央に掲げられた日の丸、今も復興へと向かう町を見守っています。

今回も、道中で出会う多くの人たちの元気さ、そして力強さに、訪れた我々のほうが圧倒され、逆に元気づけられる。
そんな取材になりました。
日本人は強い、本当にそう思いました。
地震、津波で全てを失った人々が一から、
いや「一から」どころか「ゼロ」、「マイナス」からのスタートを切り、前に進み始めています。
我々も、ほんのわずかでも彼らの支えになれる様、
今後も微力ながら様々な活動を通して被災地の皆さんをサポートしていければ、と思っています。

快く取材に応じて頂いた全ての皆さん。
多大なるご協力を頂いた、ペット輸送ゆりかご 藤田氏。
キャットフードのご提供を頂いたTLC DOG FOOD、Mさん。

本当にありがとうございました。

2011年11月13日

In Kesennuma #1 – 13th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

南三陸町から気仙沼市街へ。
道中も海岸線は未だ倒壊したままの家屋も多く、胸が締め付けられる様な光景が続いていました。

片浜

仙台市松崎片浜地区、高台にある神社からの光景。

建築中

そんな中、新たに建築中のものもちらほら見られ、復興の兆しを感じました。

気仙沼。
日本でも最大級の漁港保有地として知られるこの町は、震災で壊滅的な打撃を受けました。

気仙沼

気仙沼

気仙沼

漁港付近は大きく地盤の沈下が起きた為、未だに満潮が近づくと地上に海水があふれ出す状況でした。
町全体の道路の「かさ上げ」を行う工事が予定されているとのこと。

気仙沼

そんな深刻な状況下ですが、ちょうど我々が現地を訪れた前日、11月12日(土)に「復興屋台村 気仙沼横丁」がオープン。
市内のほぼ7割の飲食店が津波で流された気仙沼。
それら飲食店の仮設店舗を、「屋台村」の運営を通じて、長期的に支援していこう、というプロジェクトです。

気仙沼

オープン後初の週末という事もあり、多くのお客さんで賑わっていました。

気仙沼

たくさんのお店の中から「かに物語」を運営する㈱カネダイ、熊谷さんにお話を伺いました。
かつての会社社屋は2階部分まで海水に浸かってしまったとのことですが、
この復興屋台村から立ち上がっていこう!との決意をお話頂きました。
ありがとうございました。

気仙沼

気仙沼

早速お店がおススメしてくれた「丸ずわいガニ」をDaveが注文。
これは美味しい!

この他にも寿司屋、居酒屋、韓国料理、八百屋さんに魚屋さんと、
安くて美味しい料理、食材が揃っていました。

鮭
特に驚いたのはコレ!
——————————–
お店が動き出した、という事は、もちろん全国にその名を誇る気仙沼漁港も動き出しています。

気仙沼漁港

気仙沼漁港

気仙沼漁港

気仙沼漁港

気仙沼漁港は大幅な地盤沈下で一部は未だ海中に沈んでいる状態でしたが、
大規模な補修が行われ、漁港がなんとか機能する程度には復旧していました。
やはり町のシンボルである漁港が元に戻らねば全ては始まらない、という事でしょう。
海に生き、海に奪われた彼ら。
それでもその海と共にこれからも生きていく、そんな力強さを感じずにはいられません。

2011年11月13日

復興屋台村 気仙沼横丁 : http://www.fukko-yatai.com/

In Minami-Sanriku #2 – 13th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

南三陸町中心部を後にし、
一向は同町歌津地区にある「平成の森避難所」に立ち寄り、小休止。

平成の森

ここは津波で住居を失った方々の仮設住宅が立ち並ぶ避難所となっていますが、
我々の様な外部の人間がも食事をとったり休憩したりできる施設。

平成の森

平成の森

平成の森

平成の森

当日はちょうど山形から被災地を元気付ける為に、
辨天(べんてん)太鼓の皆さんがやってきていました。
避難所の皆さんに天ぷらやおそばなどが提供されており、
一般の参加者も自由な値付けの下頂くことができました。

力強い太鼓の音色が響く中、
美味しい料理を頂く皆さんの笑顔が印象的でした。

2011年11月13日

In Minami-Sanriku #1 – 13th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

明けて11月13日(日)早朝、一向は仙台を後にし、一路南三陸町へ。
海岸線に近づくにつれ、未だ大きく残る津波の爪あとが顕わに。

南三陸

南三陸

海岸から距離のある場所でも川沿いは壊滅的な被害を受けました。
あの日から8ヶ月・・・。

南三陸

南三陸

大量のガレキがかなりの範囲で取り除かれた分、
「かつて街だった場所」が広大な「何もない場所」となってむき出しの地面を露出していました。

防災庁舎

地震の直後から津波到達のその瞬間まで、住民に向けて防災放送を行った防災対策庁舎。
今も訪れる人々からの献花や線香、数々の供え物が絶えません。

南三陸

南三陸

南三陸

南三陸

取り除いた分だけ高く積み上がるガレキの山。
これから先、この山をどうするというのか。

南三陸

南三陸

南三陸

豊かな海で獲れる海産物がこの町を支える原動力でしたが、
漁港は地盤沈下、港湾施設は壊滅状態。

絆船

そんな中、船に乗って作業中の皆さんとお会いしました。
ワカメ漁の仕込み中の漁師の皆さん。

家も車も船も全て流されたとの事でしたが、
支援物資として提供を受けた「絆船」で新たなる船出を遂げた、との事。
気づけばその他にも多くの漁船が既に漁を開始していました。

この町を再び支えていくのは、やはり彼ら逞しい海の男たちなのでしょう。

2011年11月13日

In Sendai – 12th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

福島を後にし、ペット輸送ゆりかご藤田氏とスタッフは一路北上、仙台市へと向かいました。
仙台ではDave、ジョー横溝、スタッフYと合流。
明日日曜日の南三陸町、気仙沼市への取材を前に仙台の街の「今」を取材です。

まず驚いたのが繁華街の人の多さ!
前回訪れた際にも感じたことですが、仙台の街は間違いなく盛り上がっています。
ホテルはどこも満室、飲食店街も深夜まで賑わっていました。
被災地で活動するボランティア団体、観光で訪れる方を中心に、コンサートの来場者、各種学会の開催など、
多方面からの来訪が街を活気づけています。
とても数km先が壊滅的な津波の被害を受けた街とは思えませんでした。

Blaise!!

そこで我々を歓迎してくれたのが、ご存知MONKEY MAJIKでヴォーカル、ギターを務めるBlaise。
彼自身も仙台で被災した一人。
実際に街を歩きながら、我々に震災直後の様子などを説明してくれました。
現在もチャリティライブの開催などで愛する東北を応援しています。

eddy

nice guys

その他たくさんのローカルの方々にもご協力を頂き、お話を伺いました。
皆、地元仙台、そして東北愛を熱く語ってくれました。
ありがとうございました!

ここ仙台が復興の中心となって東北地方を盛り上げていくことでしょう。
力強いパワーを感じた夜でした。

2011年11月12日

In Fukushima – 12th. Nov. 2011

2011/11/14 / Category:Info

2011年11月12日(土)朝、番組でもおなじみ、仙台にてペット輸送のお仕事の傍ら、被災地のペットへの支援活動をボランティアで行っているペット輸送ゆりかごの藤田氏と、InterFMスタッフで福島県は南相馬市へと出発しました。
今回の目的はTLC DOG FOODから被災地の支援としてお預かりした1,000kgのTLCキャットフードを、南相馬市内にて被災犬猫の救助・保護を行っている「にゃんこはうす」にお届けすること。

南相馬市内

南相馬山中

東京を出発して4時間弱、福島第一原発から30km圏内の南相馬市に入ります。
当日は天候にも恵まれ、美しい秋の山々が私たちを迎えてくれました。

にゃんこはうす付近

豊かな自然に包まれた「にゃんこはうす」付近。
とても放射線量が心配されている場所とは思えません。

にゃんこはうす

「にゃんこはうす」スタッフの皆さんが我々を歓迎してくれました。

運ぶ男、藤田

運んだ男、藤田

さっそく藤田氏と作業開始。
キャットフードを施設内に運び込みます。

にゃんこはうす内

猫タオル

作業終了後、施設内を見学させて頂き、スタッフのみなさんにお話を伺いました。
上の写真は猫たちの住処となっているケージ、そしてタオル類などの必需品。

Cute cats!!

play ground!!

現在60匹前後の猫を屋内で保護していらっしゃいます。
3~4人の常駐スタッフに加え、定期的に訪れるボランティアの皆さんで施設を運営しています。
警戒区域、計画的避難区域内で保護された猫たちはこの施設で洗浄され、新しい飼い主、新しい生活が訪れることを待ちます。
また、被災後仮設住宅等に入居し、ペットの飼育が困難になった飼い主さんの為に、猫たちの「一時預かり」も行っています。
施設内は清潔で、猫たちはしっかりとした健康管理の下、交代制でケージ内と遊び場所である室内で過ごしていました。

cat in the house

Mr. Fujita loves cats

震災後の極限状況下で精神的に傷ついた猫も多く、保護した直後は神経質ですが、時間と共に環境に慣れていくとのこと。

cute ones

Cute ones!!

スタッフの皆さんの一番の願いは、この猫たちが新しい生活をスタートすること。
つまり、新しい飼い主さんが見つかること。
この日も東京からのボランティアの方が、1匹の猫ちゃんを引き取っていきましたが、
そうする事により、被災地区を未だにさまよっている新たな1匹を保護、受け入れることができます。

また、募金や施設が必要なとする物資の送付、ボランティアとしての参加など、
引き取ることが出来ない方にも可能な事、活動を行っているスタッフの力になる事はできます。

もしそれが出来なくても、まずはこの様な現状に関心を持つ事、それだけでも大切な事だと思います。
もちろん行政からの支援が入れば彼らの「ギリギリの」活動は少しでも楽になることでしょう。

東京からほんのわずかの距離の土地、福島で「身を挺して」がんばっているみなさんが居ること。
そしてまだまだ沢山の問題があること、忘れてはいけませんね。

にゃんこハウス: http://www.nyankohouse.net/index.html
ペット輸送ゆりかご: http://yurikago-yusou.com/index.html
TLC DOG FOOD: http://www.tlcdogfood.com/dog/index.php
TLC CAT FOOD: http://www.tlcdogfood.com/cat/index.php

Beautiful Fukushima

福島はとても美しいところでした。
放射線量が高いと言われる地域でも、
木は茂り、花は咲き、鳥はさえずり、何事もなかったかの様に季節は移ろいます。
それだけに今起きている問題は、とても複雑に感じてなりません。

2011年11月12日

In Sendai – Part4, 25th. Jun. 2011

2011/06/27 / Category:Info

2011/6/25(Sat)
16:30am

仙台市中心部、青葉区のPANCAKE & Cafe 38 MITSUBACHI (ミツバチ)さんへ。
仙台在住の外国人の方々へインタビューをさせて頂きました。

R0015802
仙台中心部は震災前と全く変わらない様子で、活気があり賑やか。
とても数キロ先が被災地とは思えませんでした。

R0015806
PANCAKE & Cafe 38 MITSUBACHI (ミツバチ)

R0015809
オーナーの星野由加利さんと。

R0015804
とても美味しいパンケーキをごちそうになりました。

R0015819
仙台市立五城中学校で英語教師をしているカナダ人のDaniel Jonesさん。
地震の直後にライフラインが途絶え、津波災害の情報を知ったのは数日後だった、というお話には驚きました。

R0015822
タイ式リラクゼーション「The Kop」を営むPhanさんご一家。
地震の際、旦那さんのPhanさんはおひとりでバンコクに帰っていらっしゃったそう。
日本に居た奥さんの栞(しおり)さんと連絡が取れず、とても心配だったそうです。
タイ語でのメッセージも頂きました。

R0015824
仙台市立岩切中学校で英語教師をしているLA出身のアメリカ人Gabriel Ohさん。
地震の直後、校長先生と教頭先生の取った対処に感動した、と仰っていました。

R0015828
インタビューの内容は今週(6/27-7/1)の番組内でご紹介致します。
ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

In Sendai – Part3, 25th. Jun. 2011

2011/06/27 / Category:Info

2011/6/25(Sat)
11:45am
名取市の仮設住宅へ。

R0015758
R0015757
仮設住宅群。

R0015760
TLCドッグフードをはじめ、ペットに関わる救援物資をお届けしました。

R0015764
津波で乗っていた車ごと流されてしまい、10数日後に遠方で救出されたというクロちゃん。

13:30pm
仙台市太白区の仮設住宅へ。

R0015770
マンションが立ち並ぶ中に仮設住宅が。

R0015771
R0015772
建設会社により、様々なタイプの仮設住宅があるそうです。

R0015773
自ら救援物資のTLCドッグフードを運ぶDAVE。

14:30pm
仙台市若林区の仮設住宅へ。

R0015775
住宅街の中、かつてのフットサルコートに立つ仮設住宅。

R0015780
いままさに建設中のものもありました。

R0015779
ジョン&デイブ。
ジョンくん、TLCドッグフードに興味津々。

R0015783
ボランティアで被災地のペットのケアを行っている齋藤さん(中)、「ゆりかご」の藤田さん(左)と一緒に。

In Sendai – Part2, 25th. Jun. 2011

2011/06/27 / Category:Info

2011/6/25(Sat)
11:30am
仙台空港付近の公園
R0015736
頑丈なつくりのはずのガソリンスタンドも津波の被害に。

R0015738
津波で流された家屋。

R0015740
R0015742
ボートや漁船もいたるところに流れついています。

R0015748
津波でなぎ倒された街灯。
その向こうに見えるのが仙台空港。

R0015750
R0015751
鋼鉄製の公園の遊具も無残な姿に。