月別アーカイブ: 2010年9月

9/25 10millionの権威、国内男子新規ゴルフ大会意義

2010/09/25 / Category:Info

今週は生電話4本立てでお送りしました。舟越園子さん、谷将貴コーチ、加茂晴康さん、寺子屋塾長、有り難うございました。

6時20分頃 ~U.S. GOLF EXPRESS~舩越園子さん                                                           Tour Championship presented by coca-colaのプレスルームから

タイガーのいないプレーオフ最終戦の行方

レギュラーシーズンの賞金ランキングにFedexカップポイント制度が加わってどこに力を入れてみていればいいのか、判りづらいですが、Fedexカップ総合1位には$10million(約9億円)が!

White Beltを身につけるぞ!

その“10million”を一番欲しがっていたプレーヤーが舞台にいないなんて、そのタイガー・ウッズのブログがアップされました。そこにはこれからは白いベルトを多用するとのこと。

タケ 「きっとエリン前夫人が白ベルトを嫌いだったんだね!!」

6時50分頃 ~谷将貴のLET’S GET BIRDIE FINAL

GJ放送開始以来、2年と9ヶ月ラジオレッスンを担当してくれた谷コーチ、片晋呉選手、北田瑠衣選手の目標は―

片山晋呉選手:世界トップレベルの大会でリーダーズボード上位を目指す、この目標を去年のマスターズで結果を出した晋呉選手にとって、今、新たなターゲットを見つけることが一番の目標。

北田瑠衣選手:「一番よりも2番の方がいい、1番は大変そうだから!」選手それぞれなんですね。

谷将貴コーチはこれから、プロ選手育成、ジュニアゴルファーに重点を置いたスクール運営を計画中です。

詳しくは、Sports Pacific Heavenの公式HPから!!

谷さん、2年9ヶ月の長い期間に渡り、有り難うございました。

7時19分頃~CALL  IN  ONE パート1                                             ~合同会社ボランタリートーナメント浜松代表 加茂晴康さん

 2011年シーズン、男子ツアーの新規トーナメント「とおとうみ浜松オープン」が立ち上がると

2週間前のGJでもお伝えしました。(公式HP参照)加茂代表はその運営母体となる企業体のトップです。

「何故!ゴルフ?」

「動機」は曇りがちな世の中で何かさわやかで元気な活動をしたかった!それには、若手が伸びてきているゴルフというスポーツは最も適切なスポーツだった。

BREAK THROUGH !!

「とおとうに浜松オープン」最大の収入源はギャラリー収入であり、そのため、色んな付加価値を用意しています。ギャラリーが会場に足を運んでもらうためには…、それには、プロ選手自身の協力が必要不可欠であり、深堀前選手会長の協力もあり石川遼選手をはじめ様々な選手が協力してくれています。既存のトーナメントとは手法が異なる運営法で障害も多いが、その解決の道の上に新たなヒントが隠れている。

■地産地消 ■市民参加型

大会コンセプト:とおとうみ浜松オープンは、「みんなでつくるゴルフトーナメント」を合言葉に、地域・市民参加型の男子プロゴルフトーナメントの開催を行い、地域社会に希望と活力と与えることを目指しています。また、プロゴルフトーナメントして新たな運営形態を成功させ、プロゴルフの永続的な発展に貢献したいと考えます。

 7時50分頃~CALL IN ONE パート2 ~ゴルフ寺子屋 浦東大人さん

■横綱・白鵬60連勝、昭和以降2位の大記録「胆の坐り」にはSAMUIRAI SPIRITを感じます。

■24日、アメリカではイチローはブルージェイズ戦で祝!10年連続の200安打達成!

 そして、今季日本プロ野球で達成目前の記録、昨季まで日本プロ野球史上3人しかいなかったシーズン200安打という記録

94年 イチロー 210安打 /05年 青木宣親 202安打 /07年 ラミレス 204安打

そして、今季2010年、阪神マートンが右打者・外国人選手としてラミレスに続いて史上2人目で達成、

東京ヤクルト青木はあと3本、千葉ロッテ西岡剛はあと2本、西岡はシーズン猛打賞(1試合3安打)記録も

イチロー選手のプロ野球記録26回に並んでいます。

塾長曰く「西岡は“フルスイング式の安打製造機”だから評価が高い!」と絶賛。

皆さん、今週も有り難うございました。「GJ」は10月からも“マルチスポーツ番組”目指して毎週突っ走ります。情報宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

9/18 谷将貴のLet’s Get Birdie~スピンショット

2010/09/18 / Category:Info

今週は谷コーチにバックスピンの掛かった球の打ち方をレッスンしていただきました。

アマチュアはどうしても、球を“すくう”イメージでいるが、それではバックスピンは掛かりません。

ダウンブローなスイングを意識して、ボールの赤道地面との接点のちょうど中間あたりに、

クラブのリーディングエッジを落とす。それが基本です。ダウンブローのイメージは下の写真をご覧下さい。 

halfwaydown

Half Way Down

 

Haif Way Downアップ

Haif Way Downアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[バックスピンの球を打つための練習方法]

バンカー練習場に行ってください。低いアゴの場所をターゲットに右手1本で球をバンカーから出す練習を

繰り返し練習して下さい。慣れて来るまでは我慢です!

バンカーで右手1本の練習~アドレス

バンカーで右手1本の練習~アドレス

 

バンカーで右手1本の練習~テイクバック

バンカーで右手1本の練習~テイクバック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

impact

impact

 

バンカーから出たっ!SPIN SHOT

バンカーから出たっ!SPIN SHOTへの一歩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let’s Get Party !!

9/18 予告です。

2010/09/18 / Category:Info

おはようございます。今週のリクエストソングのお題は「PARTY」です。

リクエストはメールでは green@interfm.jp 、ツイッターはGOLF761(半角)から!

6時50分過ぎ~今週のCall in One は スポーツライター小崎仁久さんに直撃します。

小崎さんは今年復活した日本女子プロ野球の密着取材中です。公式ブログはコチラから!

7時20分過ぎ~Japan Tour Report by JGTOは北海道札幌ゴルフクラブ輪厚コースで開催中、決勝ラウンドを迎える

ANA OPENから!広報・藪内さん宜しくお願いします!

勿論、園子さんの「U.S. GOLF EXPRESS」もあります。6時20分頃~!!!!!

9/11 ライダーカップにタイガー出場!日欧共催シニアトーナメント誕生!

2010/09/13 / Category:Info

6時20分 U.S. GOLF EXPRESS                                                  ~アメリカ在住ゴルフジャーナリスト 舩越園子さんに聞く~

10月英国で開催される欧米対抗戦「Ryder Cup」、アメリカ代表の12人の選手が7日、決定しました。

既に確定していたツアーポイント上位8人に、キャプテン・コーリーペイヴィン推薦枠“キャプテン ピック”4人が

発表されたわけですが、今シーズン0勝のT.ウッズ選手が推薦されました。アメリカ代表選手は下記。

【ポイント上位 8選手】

フィル・ミケルソン / ハンター・メイハン / ババ・ワトソン / ジム・フューリック /

スティーブ・ストリッカー / ダスティン・ジョンソン / ジェフ・オバートン / マット・クーチャー

【キャプテンピック 4選手】

タイガー・ウッズ / スチュワート・シンク / ザック・ジョンソン / リッキー・ファウラー

今季0勝ながら、スター選手・タイガーウッズをキャプテンが推薦したのは総合的な判断の結果。

Ryder Cupには推薦で出場できるタイガーですが、現在行われているプレーオフシリーズ第3戦

BMW Championshipで5位以内に入らないと最終戦ツアー選手権には進出できない状況、

こちらは“自力”で勝ち取るしかないんですが、結果は…。

(編集後記)プレーオフシリーズ第3戦BMW選手権 優勝:Dustin Johnsonが今季2勝目(通算4勝目)で優勝賞金135万$を獲得 、T.Woodsは22位から15位に浮上したものの、通算ポイント上位30選手には入れず、最終戦進出は出来ませんでした。

 6時50分 Call in One                                                            ~社団法人日本プロゴルフ協会トーナメントディレクター 千葉晃さん

今年11月25日~28日 HANDA CUP シニアマスターズ (埼玉県おおむらさきゴルフ倶楽部)が

日本PGAと欧州PGAの共催トーナメントへ。欧州から30選手、日本から60選手が出場し覇権を争います。

これから海外団体との交流を盛んにし、日本ゴルフ界の隆盛へ前進あるのみ!