The Real Music Station

JAZZ ain't Jazz

DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Jun 17 2018

MusiacsearchReload
  • 16:03 "ROLL (BURBANK FUNK)" THE INTERNET
  • 16:06 "SH*T (4 IN THE MORNING) (THE REVENGE REMIX)" SIRS
  • 16:12 "ORANGEPEELSKIN" TURBOJAZZ
  • 16:16 "KEEP IT TOGETHER" KRAAK & SMAAK FEA.LUXURY
  • 16:25 "MONTREUX" SEAN KHAN FEA. HERMETO PASCOAL
  • 16:31 "MOMENT OF COLLAPSE" SEAN KHAN FEA. HEIDI VOGEL
  • 16:39 "WALTZ FOR HERMETO" SEAN KHAN FEA. HERMETO PASCOAL
  • 16:45 "YOU ARE" NITEFLYTE
  • 16:49 "ROTATION" HERB ALPART
  • 16:53 "INSIDE YOU" EDDIE HENDERSON

Program Blog

6月17日 (日)

今月末から
今月末から来月頭に仕事と休暇を兼ねてヨーロッパに行って来ます。
まずは恒例のモンテネグロ。
毎年呼んで頂いているSouthern Soul Festival。
東ヨーロッパで最も質の高い音楽が聴けるフェスの呼び声も高く。年々その規模を拡大しつつあります。
僕は最終日、ビーチのクローザーである意味フェスのトリ(深夜の部は朝迄続くんですが)。朋友、Eddy Ramichが僕を招聘してくれているんですが、毎年、「もうStill In Loveかけなくていいから」と言われるんですが、毎年のようにRemixがリリースされるのと、聴衆がお約束的に僕がプレイするのを期待するので、かけざるを得ないんです(苦笑)。今年はDr.PackerのRemixかな?それともKyoto Jazz Sextetのカバーかな・・・。
そして、本来Kyoto Jazz Sextetで行く筈だったWorld Wide Festivalには、一オーディエンスとして遊びに行って来ます。諸事情ありまして、バンドでは行けなくなったんですが、もうそこスケジュール空けて行く気満々だったので、自腹で行って来ます!過去2度程回してるんで、逆に遊びに行くってのが新鮮ですね。DJだと「外すと二度と呼んでもらえないのでは・・・」というプレッシャーもあるので、プレイが終わるまで気が気でないんですよ。今回は、飲んだり、喋ったり、踊ったり、泳いだり、南仏の休暇をエンジョイしたいと思います。あ、JaJ AwardsのトロフィーもGilles Petersonに渡さないといけないや。
更には、念願のMontreux Jazz Festivalに出演が決定!!!
2年前にスイス大使館からの招待で、視察に行ったんですが、いつか自分もここでやってみたいなと思っていたので、感無量です。United Future Organizationが過去に出演していたので、日本人ジャズDJ初!ではありませんが、Kyoto Jazz Massiveの全盛期ならまだしも、今の僕が呼んでもらえるとは嬉しい限りです。スイス大使の公邸で知り合った初老の紳士が実はMontreux Jazz Festivalの顧問弁護士?らしく、彼の強力な推薦もあって(僕を過大評価してたりしてw)、まさかの実現。僕のヒーロー、Quincy Jonesさんにもお目にかかれるみたいなのでとても楽しみです。
今夕の放送は、そんな夏のヨーロッパで皆がかけるだろう曲、休暇で聴いてみたいアルバム、そして、僕もビーチでプレイしてみたい曲を散りばめる予定。
毎週日曜16時からは、InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
PS
写真はモンテネグロのビーチに現れた美女達。再会したいな〜w

Recent Entry


Navashaの歌詞...

またも和!...

Loud Minority!...

The Room歴代ヒット曲と...

無事に改編乗り切りました!...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家。開店以来24年で80万人の動員を誇るThe Roomのプロデューサーでもある。

KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」が英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1を獲得。

これまで世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。

近年は音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛ける。

著書に『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』等。現在、ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。

www.kyotojazzmassive.com
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/
pagetop