The Real Music Station

JAZZ ain't Jazz

DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Feb 17 2019

MusiacsearchReload
  • 16:03 "EVIL VIBRATIONS" MIGHTY RYEDERS
  • 16:07 "CAREFREE" GRAND PIANORAMAX
  • 16:10 "HYPNOTISE (DR PACKER REMIX)" SUGARDADDY
  • 16:16 "NO PRICE (ART OF TONES EXTENDED DISCO MIX)" SLAM DUNK'D FEA.CHROMEO & AL-P
  • 16:24 "(ARE YOU READY) DO THE BUS STOP [JOEY NEGRO LONDON BUS STOP MIX]" THE FATBACK BAND
  • 16:28 "DON'T STOP YOUR LOVE [JOEY NEGRO PARADISE MIX]" BOOKER T
  • 16:33 "GOING UP IN SMOKE (JOEY NEGRO BIG SMOKE MIX)" EDDIE KENDRICKS
  • 16:39 "NITEN-ICHI" MARK DE CLIVE-LOWE
  • 16:48 "UPTOWN FUNK" JAMIE CULLUM
  • 16:53 "MAS QUE NADA" A UNION OF KOTO, SHAKUHACHI AND BIG BAND

Program Blog

2月17日 (日)

結果発表

第6回JaJ Awards、先週の放送で各部門のウィナーを発表しましたが、ブログの方でもまとめておきます。

Best Song

Yes, No, Maybe feat. Tom Misch/Detroit Swindle

Detroit Swindleは2度目の受賞。Tom Mischは初の受賞。共にJaJではプッシュしましたからね。インストが主流のDeep Houseシーンでも高いクオリティーの楽曲だけに受賞は納得でした。

Best Album

Geography /Tom Misch

Kamasi Washingtonと皆さんの投票は同数だったんですが、ここ、僕のクリティカル・ポイント発動しました。Tom Mischは2部門受賞ですね。共に僕も好きな作品だったんですが、やっぱり去年はこっちの方が聴く回数が多かったかなーってことで、こちら!

Best Male Vocal

Leroy Hutson

なんと今年も来日されるレジェンドが受賞!しかも、今回の来日公演が最後だとか・・・。個人的にはTom MischかAnderson .Paakを予想してたんですが、功労賞的な意味合いもあり、良かったかなと。

Best Female Vocal

Dayme Arocena

2本目のトロフィーをゲット!松浦俊夫楽曲に参加だけに一番人気でしたね。来日するChaka KahnやSydに手渡ししたかったんですが、勿論、Daymeの受賞、何の異論もありません!

Best New Artist

Joe Armon-Jones

去年、南仏のフェスでそのライブを目撃し、帰りの空港でバッタリ出くわし会話を交わしたJoe Armon-Jonesだけに嬉しい受賞となりました。この部門、人生でチャンスは一度だけですからね。

Best Compilation

J-Jazz – Deep Modern Jazz from Japan 1969-1984

僕が事前コメントで余計なことを書いたからか?それとも2作品ノミネートで票が割れたか?常連、Gilles先輩が受賞を逃してしまいました・・・。でも、このコンピ最高ですから!

Best Remix/Re-Edit

Mission (Jaxx Madicine Remix)/KYOTO JAZZ SEXTET

えーっと、これ僕の曲ですが、受賞はJaxx Madicineですので。僕自身もかけまくったし、実際反応良かったから順当な結果かもしれません。メンバー3人なんで、トロフィー3本いるかな・・・?

Best Collaboration

King of the Hill (feat. BADBADNOTGOOD)/Thundercat

JaJ Awards無冠の帝王?Thundercatが念願??の初受賞!僕がプロデュースする渋谷のThe Roomにも遊びに来てくれましたしね。トロフィー渡すならThe Roomで渡したいなーw

Best Producer

Joey Negro

もうこの番組でお馴染み、巨匠、Joey Negroさんが二度目の受賞。他の候補も良かったんですが、皆さんが選ばれたのは彼。去年の内に取り上げられなかったRemix集、受賞記念に紹介しないとな(汗)。

Best Cover

I Am The Black Gold Of The Sun/Toshio Matsuura Group

InterFM897、Tokyo Moonの松浦俊夫さんが初受賞!これはなー、曲もいいし、キャスティングもいいし、アレンジも抜群でしたしね。特番で2時間ぶち抜いて受賞式&生放送なんていかがでしょうか?

という訳で全10部門、みなさんの投票を元にこのような結果になりました。みなさんが選ばれた楽曲やアーティストとどれくらい一致しましたか?

僕は、10部門の内、半分は違うのを予想したたんですが、逆にリスナーの方の趣味嗜好がこうなんだーと発見でもありました。勉強になりました。ありがとうございます!

実は、Tom Misch、Leroy Hutson、Joe Armon-Jonesは来日が決定しています。直接手渡しできるといいんですが、果たして・・・。

尚、本日からは通常のスタイルに戻っての放送です。お祭り?は終わりましたが、楽しい放送は続く筈!毎週日曜夕方4時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

5時からは、Best Cover部門受賞した松浦俊夫さんのTokyo Moonもね!!


Recent Entry


本日発表!...

近藤等則IMAバンド復活!...

新時代のジャパニーズ?...

押し出し...

改めてノミネート曲&アーティストのご紹介...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家。開店以来24年で80万人の動員を誇るThe Roomのプロデューサーでもある。

KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」が英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1を獲得。

これまで世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。

近年は音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛ける。

著書に『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』等。現在、ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。

www.kyotojazzmassive.com
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/
pagetop