The Real Music Station

JAGUAR LAND ROVER presents JAZZ ain't Jazz

DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Nov 11 2018

MusiacsearchReload
  • 16:05 "THE HIPSTER" HAROLD MCNAIR
  • 16:11 "LULLABY" BARNEYARTIST FEA. TOM MISCH
  • 16:14 "WONDER" DATSUNN FEA. OMAR ARAGONES
  • 16:18 "DANG!" MAC MILLER FEA. ANDERSON PAAK
  • 16:26 "TAKE ME TO YOUR SKY" FOURTH KIND
  • 16:30 "AUDITION" FOURTH KIND
  • 16:37 "THE STAR OF THE STORY" FOURTH KIND
  • 16:42 "TELEPATHY" DANIEL CRAWFORD FEA. MAIMOUNA YOUSSEF & KAIDI TATHAM
  • 16:46 "SUN WILL RISE (DJ KAWASAKI EDIT)" SHUYA OKINO
  • 16:55 "UPA NEGUINHO" SERGIO MENDES & BRAZIL ‘66

Program Blog

11月4日 (日)

今月のAOTMは

 

今月のARTIST OF THE MONTHは(今月のって変ですけどw)、

昨日11/3に新曲を発表したばかりのDJ KAWASAKIを取り上げます。

しかも、新レーベル”KAWASAKI RECORDS”を立ち上げ、そこからの第一弾リリース。

 

番組ではDr.PackerのRemixを先にOn Airしましたが、今日はオリジナル・ヴァージョンをかけてみようかなと。

 

え、DJ KAWASAKIってハウスの人でしょ?

と思われている方も多いと思います。

ハウス界の貴公子とか

ジャパニーズ・ハウスの立役者みたいに言われてましたからね。

 

彼、僕がプロデュースしているThe Roomのオープニングに遊びに来て

この道に?入ってらしいです。

 

デビューする迄は、ご両親が僕に騙されてると思われてたそうです(苦笑)。

 

だから、彼の音楽的なバックボーンはジャズとジャズに影響を受けたダンス・ミュージックなんですよね。

 

僕とはアウトプットの仕方は違うけれど、ほぼ直系。

 

だからこれまでのトラック・メイクもジャズ・ミュージシャンをレコーディングに起用して来たし、

今回の新曲にも、KYOTO JAZZ SEXTETの栗原健がサックスで参加してます。

 

そして、何よりもその音楽性。

完全に70年代のJAZZY DISCO(この番組でも特集しました!)。

 

ジョージ・デュークとかハンコックの影響を色濃く受けてるんじゃないかと。

これまでも「Rescue Me」とか「 I Thought It Was You」のカバーして来ましたしね。

 

実は、僕の会社の所属アーティストですが、

身内びいきではなく、冷静にジャッジして、今、取り上げるべきアーティストだと考え、

今月のw、AOTMに抜擢しました。

 

新曲から、過去の代表曲を遡ってみたりして、彼の魅力を皆さんにお伝えしたいなと思っています。

 

という訳で、毎週日曜夕方4時からはInterFM897、JAGUAR LAND ROVER presents JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

PS

今週は11/4が高田馬場Bar Setroの2nd Anniversary、11/9が銀座のGINZA MUSIC BARで、11/10は仙台のBAR GALLO 6周年記念パーティーでDJです!


Recent Entry


ホセの現在地...

追悼、バート・レイノルズ...

告白します...

祝...

10月に突入!...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家。開店以来24年で80万人の動員を誇るThe Roomのプロデューサーでもある。

KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」が英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1を獲得。

これまで世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。

近年は音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛ける。

著書に『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』等。現在、ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。

www.kyotojazzmassive.com
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/
pagetop