垂直型の全業

2017年9月20日 / Category:Entry

 

常々僕は

音楽家が生き残って行く為に

“全業”というものを勧めています。

 

スターは歌ったり、演奏するだけでも食べて行けるけど、

スターじゃない人が音楽で食って行くには

色んなことをやって、

あるいは色んなことを自分でやって

収入をかき集めて成立させるのがいいのではないかなと。

 

副業でも

兼業でもなく

全業。

 

僕なんかは

DJ

作曲

楽曲制作

Remix

バンド活動

ラジオ番組

店鋪経営

選曲

執筆

プロデュース

イベント企画・制作

移動式書店

音楽に”関係する”様々なビジネスに手を出しw

自分の生活を成り立たせている訳です。

 

これは

水平型の全業。

 

一方、

垂直型の全業は

音楽を作る所から売るところまで

全てを自分でやる作業。

例えば、

作曲

楽曲制作

レコーディング

トラックダウン

マスタリング

レーベル運営

アーティスト発掘

宣伝

販売

までを全て自分でやれば、

今まで人に支払っていた(或は搾取されていた)

お金が全部自分に入って来る訳です。

 

勿論、垂直か水平を選ばなくても

その両方を組み合わせることも可能だと思います。

 

「アーティストはいい曲作って、演奏に専念しろ!」

という考え方もありますし、

できればそれが理想ですよね。

 

でも、僕なんかは好きで色々やってるし、

(自分の中では好きな音楽を紹介するという意味で一貫してるんですが)

この厳しい状況の中で

サバイブして行く為の苦肉の策でもあるんです。

この全業という考え方は。

 

何もかも自分でやれる訳がない!

 

そうかもね。

だったら、他のやり方考えましょうね。

 

今月のJAZZ ain’t Jazz、

アーティスト・オブ・ザ・マンスは

Floating Pointsこと

Sam Shepherdなんですが、

彼、

スターでありながら垂直型の全業をしているアクティヴ・マン!

作曲、

楽曲制作、

DJ、

Remix、

バンド活動、

レーベル運営、

エンジニアリング

八面六臂の大活躍。

 

こういうのマルチって言いたくないんです。

“マルチ商法”とかあったから、何か言葉の印象悪いでしょ。

 

だから、全業。

 

一冊、本かけるな(笑)。

 

という訳で

毎週水曜日の22時からは

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。

 

今夜はFloating Pointsのどの顔を取り上げようかな・・・。

ネタ繋がりで3曲

2017年9月13日 / Category:Entry
今夜のJAZZ ain’t Jazz、
Non Stop Mixはネタ繋がりで3曲続けます。
感覚で3曲ってのも好きなんですが、理由を明確に解き明かすのも、
ラジオならではって感じがしていいかなと。
ま、その両方を無意識的、或いは即興的にやるのがプロなんですけどね。
 
アルバム紹介コーナー、Massive Eyeは
来日間近のあの人!
僕も久々の再会を楽しみにしています。
覚えてくれてるかなぁ?
アメリカじゃ、大物と仕事してるのにとても気さくなんですよね。
そんな”あの人”が、リリースした新作を取り上げます。
果たしてこれは、ジャズなんでしょうか?それとも・・・。
 
という訳で毎週水曜日22時からは #interfm897 で、
JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
PS
写真でバレバレかなw

コンピから3曲って

2017年9月6日 / Category:Entry

 

今夜のInterFM897、JAZZ ain’t Jazz、

アルバム紹介コーナーMassive Eyeでは黒田大介さんのコンピレーション

『Kickin’ Presents De-Lite 45s:DJ’s Choice』を取り上げます。

 

5月にリリースされましたが、

諸事情ありまして(汗)、今頃取り上げてお叱り受けそうですが、

いいものは時間が経ってもいい!

 

素晴らしいコンピレーションです。

 

それにしても、コンピから3曲って結構難しいんですよ。

だって色んなアーティストの色んなアルバムから厳選された楽曲の盛り合わせな訳ですよね?

そこから3曲、更に絞り込む・・・。ムムム。

 

以前も黒田さんのコンピを取り上げた時に

ご本人に「何がピック・アップされるか楽しみにしてますよ」と言われた気が・・・。

 

逆に言うと、黒田さんワールドから何を抽出して、自分の色を出すかってのはある意味DJの腕の見せ所ですから自ずと気合いも入ります。

 

今夜はNon Stop Mixも禁断シリーズですからね。

是非、聴いて下さいね。

 

毎週水曜日、22時からはInterFM、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

 

禁断の3連発

2017年9月6日 / Category:Entry

 

今夜のJAZZ ain’t Jazz。

Non Stop Mixは、

禁断の3連発・・・。

 

6月には、Mother Of The Futureの別ヴァージョンを3曲続けて聴いて頂きましたが、

さて今夜は何が???

 

ラジオで同じ曲3曲続けてって結構ないですよね。しかも1時間番組で20分越えるでしょうからね。いいヴァージョン選ばないと(汗)。

 

1時間、全部同じ曲の別ヴァージョンってのも妄想中。

ディレクターとプロデューサーに掛け合ってみます。

 

さて、来週は、横浜のMotion Blueでイベントに出演します。

JAZZ ain’t Jazzの年間ベストを選ぶJaJ Awardsで見事去年のベスト・カバーを受賞した

Speak No EvilのライブでDJをします。

Island Jazz Nightですからね。何かけようかなぁ。

 

横浜は大好きな街。

先日も某Webマガジンの取材で、ポルシェ911をお借りしてMotion Blueまでドライブして来ました

(車内BGMがプレイリスト化されていてSpotifyで聴けるみたいですよ)。

 

ライブの後、打ち上げ?オフ会?兼ねて中華街の山東に水餃子食べに行きませんか(笑)?

 

という訳で毎週水曜日22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

 

ドイツのジャズの今?

2017年8月30日 / Category:Entry

 

長年の友人でドイツ人DJのRainer Trubyがアルバムのサンプルを送って来たんです。

「これ、修也が絶対好きなヤツ」と断言されまして・・・。

でも、はい、正解。

Web Webという聴いたことのない謎のグループで、

リリース元はかつてKYOTO JAZZ MASSIVEがアルバムを出した

Compost Records(RainerはCompostのA&Rの1人)。

 

この10年、フューチャー・ジャズ路線に見切りをつけたのか、

テック・ハウスにシフトしていたのでCompostを殆どチェックしなかったんです。

 

でもこのWeb Webの『Oracle』は、いいです。

全曲一発録音のファースト・テイク採用だとか・・・。

 

ん、どっかで聴いたことあるな、その企画w。

 

ここの所、アメリカのジャズが、HIP HOP界にも食い込みながら世界を牽引し、UKではそのカウンター的に?アンダーグラウンドな若いジャズが元気。ここ日本でも”今ジャズ”と呼ばれる音楽への注目が高まっていますよね。

 

で、ドイツ。70年代にもMPSのように優れたレーベルがあったし、2000年代にはそれこそRainer TrubyやJAZZANOVAというドイツ人DJが大活躍していたのに・・・。でも今、やっぱりドイツではテクノが人気だし、現行のジャズ・バンドのムーブメントなんてないのかな・・・と思っていたら、これですよ!

 

ドイツ産のスピリチュアル・ジャズ???

何気にオリエンタルで、中近東風でもある。

 

アメリカでもない、イギリスでもない、勿論日本でもない

ドイツのジャズの今を垣間見ることができる1枚。

 

アルバム特集コーナー、Massive Eyeで取り上げます。

 

という訳で今週も水曜22時からは、InterFM897でJAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

クラブ・ジャズがお好きでない人にもオススメです

2017年8月23日 / Category:Entry
今夜のアルバム紹介Massive Eyeは、
Jose Jamesのドラマーとしてサマソニで来日していた
Richard Spavenのニュー・アルバム、
「The Self」を取り上げます。
Richardと言えば、2年前の東京ジャズで、
KYOTO JAZZ SEXTETのライブにゲスト出演してくれたし
(しかも石若駿とツイン・ドラム!)、
JAZZ ain’t Jazzでは、Ruth Kolevaのプロデューサーとして
紹介したこともありますよね。
勿論、Joseだけでなく、あのFlying Lotus作品にも起用され、
クラブ・ジャズ否定派の評論家からも評価される(苦笑)、
“今ジャズ”を代表するドラマーの1人。
キーボーディストのMrak de Clive-Loweに紹介してもらって
もう15年くらい経つかなぁ。
ちなみに、クラブ・ジャズって終わってませんからね。
アシッド・ジャズも今ジャズもひっくるめた概念なんで。
もとい、大型フェスに出演し、ポップ化したJose Jamesに対し、
彼のソロは、暗くて美しい、実にUK的な作品。
4ヒーローからJames Blake好きまでを視野に入れた、
クラブ・ジャズを拡張する意欲作です。
今回、メールももらってたのに、スケジュールが全く合わず
会えなかったのでとても残念でした。もう帰国したかな?
まだいたら今夜の放送、是非聴いて欲しいです。
という訳で今週も、水曜夜22時からはInterFM897、
JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

スーパー・グループ結成!?

2017年8月15日 / Category:Entry

 

スーパー・グループ結成!?と騒がれたTerrace Martin Presents The Pollyseeds。

遂にアルバムがリリースされました。
Robert Glasper、Kamasi Washingtonと三頭なら、キングギドラ的なとんでもない高額ギャラのバンドが誕生するのではと恐れてすらいたのですが、Terrace Martinのリーダー作的なプロジェクトに落ち着いたようです。
音楽性は、”今ジャズ”の中でもよりR&Bに近い感じでしょうか?
日本ではGlasperとKamasiが野外大型フェスに出演するスター化。現代ジャズの魅力を伝導する存在としてシーンを牽引していますよね。Terraceの更なる飛躍に期待しつつ、JAZZがHIP HOPやR&Bと肩を並べる盛り上りをみせることを密かに願っています。
そんなTerrace Martin、来日が決定!ニュー・アルバムを引っ提げどんな演奏を繰り広げてくれるのか今から興味津々です。公演はビルボードライブの東京と大阪で。日程は9/26と27が東京。9/29が大阪です。
今週のOn AirはThe Pollyseedsのアルバムから僕が気に入っている曲を紹介したり、こちらも来日が噂される話題のディープ・ハウサーの名曲(誕生の予感!)を取り上げる予定。アルバム紹介コーナー、Massive Eyeではお待たせしていたレジェンダリーなボーカリストの新作をフィーチャーします。

という訳で毎週水曜日22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
打ち込みも生音も、ジャズの影響を感じる音楽を幅広くお聴かせしたいと思います。

(写真は前回来日したTerrace Martinと。眼鏡といい髭といい、国籍は違えど他人とは思えなかった。ナイス・ガイ!再会が楽しみです)

Mighty Zaf

2017年8月9日 / Category:Entry

 

今週の月曜日、
ビルボードライブ東京でのKYOTO JAZZ SEXTETライブ、無事終了しました。
番組リスナーの方にもお越し頂き大変感謝しています。
どうもありがとうございました。

さて、2週続いた夏の恒例企画”理想の夏フェス”、こちらも無事閉幕?し、
今週から通常On Airに戻ります。

いつも通り色々な音楽をかける予定ですが、
中でも注目を集めるのはおそらく、”とある和モノのEDIT”かと。

既にPatrick Forgeらのプレイで話題沸騰中の”この曲”。
某有名日本人プロデューサーの1980年の作品。
まさかあの人がこんな曲を!!??と僕も驚きました。

知る人ぞ知るレアなジャパニーズ・ブギーを見付け出し、手を加え、
まさに今風のサウンドとして再生した Mighty Zaf氏を、
今月のAirtist Of The Monthとして取り上げます。

このMighty Zafさん、ロンドンのレコード 店Love Vinylのオーナーで、
今や中古盤市場で20万円以上の高値をつけるレア・ディスコのコンピレーション
『Private Wax』、『Private Wax2』の選曲者でもあるんです。
そして、この番組でも収録曲を紹介したブルーアイド・ソウルやAORのコンピレーション
『Americana』、『Americana2』もMighty Zaf(Mark Doodvibes Taylorとの共同選曲)
による編集盤だったんですよね。

そんなMighty Zaf氏なんですが、朋友Phil Asherとタッグを組んで
ここの所、積極的にRe-editやRemixに取り組んでいるんです。
6月末に彼のお店に行って来たこともありまして、AOTMに抜擢してみました。

センスだけでなくDJプレイもとても素晴らしいので(トルコのフェスで一緒だったんです)、
いつか日本に来日してくれることを願いつつ、
1人でも多くの人に彼の才能に触れて欲しいなと思っています。

という訳で今週も水曜日22時からは、
InterFM897でJAZZ ain’t Jazzをお楽しみ下さい。

輪をかけてリアリスティック!

2017年8月1日 / Category:Entry

 

先週のOn Air、

JAZZ ain’t Jazz毎年恒例の理想の夏フェス〜スピリチュアル・ジャズ編 @築地本願寺??

は、お楽しみ頂けましたか?

 

今週はアンダーグラウンド編なんです。

上半期のクロスオーバー・ミュージック/ディープ・ハウス(当然ジャジーなヤツね)の中から

僕が観てみたいDJ/PA LIVE/LIVEを厳選。

 

先週と方向性が全く違う(笑)。

リスナーの反応が怖いような、楽しみなような・・・。

 

いつも言ってますが、この企画、JaJ Awardsの2017年前半の総集編的な意味合いもありますからね。皆さんと一緒にこの6ヶ月を振り返ってみたいなと。今週かける人の中から、ベスト・ボーカリストや、ベスト・ニューアーティスト、ベスト・リミキサー、或はベスト・プロデューサーがノミネートされるかもしれません。

 

先週に輪をかけてリアリスティックになる予定。

自腹開催しようかな・・・。

海外でもこの並びでフェスやってる人いないと思いますよ。

 

という訳で

今週も水曜日22時からのInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします!

 

PS

写真は現実の夏フェス、FUJI ROCK FESTIVAL 2017。

Field Of Heaven満員御礼。

KYOTO JAZZ SEXTET、盛り上りましたよ!!

ご報告まで。

 

PPS

いよいよ来週月曜日はKYOTO JAZZ SEXTETのビルボードライブ東京公演!

レコーディング・メンバーが全員参加する貴重な機会です。

Soil &”Pimp” SessionsのTabu Zombieも

Pharoah Sandersの息子さん、Tomoki Sandersも

Gil Scott Heronの従姉妹、Navasha Dayaも合流します。

決して見逃さないで下さい!!

 

更にリアリスティックに!

2017年7月25日 / Category:Entry

 

(写真は毎年初夏に招聘してもらっているモンテネグロのSouthern Soul Festivalでの一枚)

 

夏フェス本番!

の季節がやって来ましたね。

そうです、今年もやります。

JAZZ ain’t Jazz、恒例企画、理想の夏フェス!!

 

2週に渡って、

メジャー編、アンダーグラウンド編と

毎度、僕の妄想が炸裂する名物企画です。

 

ここ数年、ジャズ・フェスの活況に加え、

大型野外フェスまでが理想のジャズ・フェス化する中で、

一体、僕は何を提案すべきをかよくよく考えたんです。

 

今年、僕は、東京ジャズにThe Room All Starsなるバンドを率いて、渋谷The Roomの歴代ヒット曲の中からジャズ/フュージョンの名曲を厳選してライブで再現します。Kamasi、Glasper、The Internet、James Blake、Soil &”Pimp” Sessions、須永さん、そして、僕も出演した去年のフジロックも僕にとってはもはや立派なジャズ・フェスでしたしね。今年のBlue Note Jazz Festivalに至っては、KamasiにGregory PorterにMoonchildにJacob CollierにDonald Fagen!とJaJ好きのリスナーには堪らないライン・アップになってます!

 

そんな中、僕が考えた理想のジャズ・フェスとは・・・。

 

勿論、ここでは書きません。

それは聴いてのお楽しみ。

 

一つだけ言えるのは、更にリアリスティックな内容に・・・。

 

上半期のベストみたいな側面も織り交ぜつつ、1時間×2回のヴァーチャル・フェスを開催しますよ〜。

 

という訳で、毎週水曜日22時からは、InterFM、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

pagetop