99073469

色んな意味で

2017年5月23日 / Category:Entry

 

その昔、

とあるジャズ・レジェンドと食事に行きまして、

過去作品を誉めたら、

「で、今の私の作品はどうなの?」

と凄まれました(涙)。

 

ジャズ・レジェンドに70年代のマスター・ピースの再演をお願いすると

「俺の新作じゃダメなのか?」と言われることもあります(汗)。

 

以前にも書きましたっけ・・・。

 

正直に言わせて頂くと、60〜70年代の曲のファンなので

最新作の作風が?な方向に行っているとピンと来ないんです。

申し訳ありません。

 

しかし、レジェンドの中には、今の雰囲気を上手く取り入れ、

新しいファンを獲得していらっしゃる方もいます。

Marcos ValleやAzimuthなんかはそうですね。

ま、プロデューサーが判ってらっしゃるんでしょうけど。

 

今夜はRYO KAWASAKIさんの新作、Leve9を、

アルバム紹介コーナー、Massive Eyeで取り上げたいと思います。

実は、松浦俊夫君から「川崎さんの新作がいいですよ!」と教えられたんです。

来日公演も決定してますよ。

 

以前、番組でもお伝えしましたが、僕、20年位前にCOSMIC VILLAGEというユニットでRYO KAWASAKIさんのカバーをやったことがあるんです(ボーカルは何とMonday満ちるさん!)。しかも、そのカバーにご本人に参加して頂いたんです。NYのご自宅券スタジオにお邪魔して、彼に弾いてもらったんですよ!

 

でもそれ以降、再会することはなく・・・。今も現役で何より!!こうやってレジェンドの新作を自分の番組で取り上げられることは色んな意味でとても嬉しいです。

 

毎週水曜日、22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

PS

COSMIC VILLAGEでカバーしたTrinkets & Thingsを収録した『Mirror Of My Mind』というアルバム、一時はオリジナルを6枚も持っていたんですが、あげたり、失くしたり、同居人に売られてしまったりして、手元に1枚もありません。CDも2枚あったのに何処かにいってしまいました。見つけたらまた1枚買おうと思います(笑)。

 

 

Unity

6/14発売!

2017年5月17日 / Category:Entry

 

今夜のJAZZ ain’t Jazz、

アルバム紹介コーナー、Massive Eyeで

6/14に発売されるKyoto Jazz Sextetの2nd アルバムも特集します。

 

1枚目は全編ブルー・ノートの全曲カバーだった訳ですが、

今回は全曲オリジナル。

僕が歌やホーンのメロディー、ベース・ラインやドラム・パターンを考え(2曲は共作で、2曲はNavasha Dayaが歌詞を書いています)、メンバー全員でアレンジを練りました。

今では世界でも珍しいオール・アナログ・レコーディングの一発録音。

コンピューターに取り込むこともなく、一切編集もしていません。

 

こういうことを書くと、

“後ろ向き”

だとか

“山に籠って菜園でもやりながら曲作ればいい”

なんて批判もあったりするんですが、

最新の楽器やコンピューターを使わなくても新しい音楽は作れると思うんです

(むしろKyoto Jazz Massiveは積極的に使ってます)。

 

昔のジャズにはなかったベース・ラインや、ドラム・パターン、そして、曲の構造、あるいは作曲法を取り入れ、前作に引き続き新主流派的ジャズの現代化を基調としています。

 

では、今回、前回と違うのは何処か・・・?

 

ま、ブログではこれ位にしておいて

続きはラジオでお楽しみ下さい。

 

毎週水曜日夜22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします!

51HFeBl9n7L._SX366_BO1,204,203,200_

小咄

2017年5月9日 / Category:Entry

 

番組冒頭の小咄。

あれはディレクター小西さんのアイデアで、

本編では、熱く、堅苦しくなりがちな僕の喋りへの

緩やかな導入部として機能するように配置されています。

 

ウォーミング・アップ???

 

収録では、原稿にいきなり今日は何の日?的な前口上が書いてあり、

小西さんが、「何かこれにまつわるエピソードあります?」と僕に聞いてくるんですよ。

それに対し、こんなんどうですか?あんなんどーですか?小西さんなんかネタないですか?

みたいなやり取りがあり、じゃ、今回はこの路線で!と決まって行くんですね〜。

 

あの枠、かなり僕の中のくだけだ部分を晒していますが、

本編は音楽に集中してますから、

僕のことを知らない、

ジャズのこともよくわからない、

でも、たまたまInterFM聴いてたら身近な話題だったからついついそのまま聴いちゃった・・・なんてリスナーを捕まえる為の撒き餌みたいなもんだと思って見逃して下さい。

 

ちなみに他局ですが、

その昔、自分の番組の中に「人間交差点」というトーク・コーナーがあり、

その週に僕の身に起こった世にも不思議な体験、不条理、思わず頭を抱えたくなるような恥ずかしい失敗談などを淡々と独白していたんですよね。

ま、その時は、熱く堅苦しくなりがちな僕の番組の箸休め的な存在だったかと。

で、当時長崎にDJで呼ばれた際に、地元のファンに打ち明けられたんですが、東京だけで放送されていた番組だったので有線が聴ける(有線でその局のチャンネルがあったんです)ケーキ屋に毎週熱狂的なファンが集まり、閉店後に皆で番組を聴いて、「今日の人間交差点は良かった!とかイマイチだったな・・・」と意見交換してたそうなんです(笑)。

今では、Radikoのプレミアム会員になれば全国何処ででもJAZZ ain’t Jazzが聴けますからね。いい時代になりました・・・。えっ、そうやって結ぶの変?そこまでマニアを惹き付けた内容、何か紹介しろ??確か、同録が家にあったからサウンド・クラウドにアップしようかな?もしくは、書き起こしてみるか・・・。

という訳で今週も水曜日夜22時は、InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

さて、今回は何の日なのかな?

17759948_1621592047868182_6261626055989135929_n

GWのイベント4本!

2017年5月3日 / Category:Entry

 

1年の1/3が終わり、5月に突入しました。

今日はゴールデン・ウィーク後半に僕が参加する4つのイベントを紹介したいと思います。

まずは5/4。

大阪のカフェ・ギャラリーdigmeoutで行われている『Black & Whie〜沖野修也ジャズ・ポートレート展』クロージング・パーティー。ジャズ・ミュージシャンの肖像画を筆で描いた展覧会ですが、4日のパーティーでは彼等の音源だけでDJをやってみようかなと・・・。できるのかなと・・・。ちなみに弟、好洋も駆けつけてくれます。移動式書店、JAZZY BOOKSも併設。過去、東京と京都と広島には出没したJBの大阪初出店です。展示の観覧はもちろん、ポートレートのオーダー受注や、Jazzy Books商品、その他Tシャツ等の関連GOODSも販売中です!

★”Black& White 沖野修也ジャズ・ポートレート展 & Jazzy Books クロージング・パーティー”


2017.05.04 (THU) at digmeout ART/DINNER 心斎橋
DJ :
Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive)
Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive)

Opening DJ :
Atsushi Miyoshi
Takaharu Furutani

Time : 17:00-22:00
Entrance Free

そして、5/6はダブルヘッダー。

まず19〜23時は六本木の老舗ジャズ・クラブ、アルフィーにジャズDJが結集します。アルフィーでDJがプレイしたことはこれまでにも何度かありましたが、ここまで本格的なジャズDJによるパーティーは初めてとのこと。あの須永辰緒さん、Kyoto Jazz Sextetのカバー・デザインを担当している吉永祐介君、トレメンの櫻井喜次郎、僕、沖野修也の4人が本気のプレイで臨みます。

★JAZZ DJs in the JAZZ CLUB
2017/5/6(SAT)at Alfie
19:00~24:00
2500(1Drink)

DJ:Tatsuo Sunaga
Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)
Yusuke Yoshinaga
Yoshijiro Sakurai

続いて22時からはThe RoomにてEspecial Records Session!何とKyoto Jazz Massive結成以来初の7インチでのDJプレイです。僕は23時までアルフィーなので、0時には合流できると思います。

★Kyoto Jazz Massive presents
ESPECIAL RECORDS SESSION
KJM Golden Week Special
feat. Okino Brothers Exclusive 7” Vinyl Set

2017.5.6(SAT) at The Room

DJ :
KYOTO JAZZ MASSIVE
-SHUYA OKINO & YOSHIHIRO OKINO-

Opening DJ :
HIROTAKA ISHIGAKI
NAOMICHI UMEYAMA (ALMA)

FOOD :
Modern Times

Open : 22:00
Charge : 22:00~23:00 1500yen(1D) 23:00~ 2000yen(1D)

更に5/7は初の高田馬場でのDJ。

高田馬場と言えば、その昔、僕が上京して間もない頃、頻繁に通ってレコードを買い漁った街。Timeという店ではNimbus RecordsのNate Morganを100円で見つけた思い出の街。80年代のスピリチュアル・ジャズにハマるきっかけでもあったので、もし高田馬場でNimbusの出会っていなかったらKyoto Jazz Classicsの『Day Dream〜a collection of Black & Spiritual Jazz from Nimbus Recordings』は世に出ていなかったかもしれません。この日は当時高田馬場で買ったジャズだけでDJしてみるのも面白いかもしれません(笑)。

★高田馬場Bar stereoオープン6ヶ月記念パーティー
2017.5.7(SUN) at Bar Stereo

OPEN 18:00 – 0:00
DJ TIME 19:00 – 21:00
CHARGE 500yen
DRINK ALL 500yen
Bar stereo
以上、全部とは言いません。興味を持たれたイベントがあったら是非遊びに来て下さい。
勿論、今夜はInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

16584020_1477671528911090_3457362584955518976_n

アル・ジャロウ追悼Mix

2017年4月26日 / Category:Entry

 

今夜のInterFM897、JAZZ ain’t Jazz、

Non Stop Mixはアル・ジャロウさんの追悼で。

 

相次ぐレジェンドの訃報の度に

1時間ブチ抜きで彼等の偉業を紹介して来たJaJ。

トミー・リピューマ特集の際にアル・ジャロウさんへの追悼の意も表した。

だから別途、取り上げる予定はなかった。

 

しかし、何か心残りで・・・。

 

と言うのも、去年、モントルー・ジャズ・フェスティバルに招待された時に

彼のワーク・ショップに参加したからだ。

 

ワークショップと言っても、そこで何かを彼と一緒に作ったり、

指導を受けた訳ではない。

 

アル・ジャロウさんのお話に聴き入った。

彼が語る音楽人生を興味深く拝聴させて頂いた。

 

とても穏やかで、チャーミングで、

音楽への深い愛と情熱をとつとつと綴る姿に

尊敬の念を抱くと共に、

自分は音楽家として彼の足元に及ばないのは当然としても

自分なりに強い衝動を持ち得ているのかを自問自答した。

 

才能も時代も違う。

 

それでも、

モチベーションこそが、プロとしてのライセンスなのだと思った。

 

売れる売れないではなく、

作りたい!とか歌いたい!とか演奏したい!という気持ちが一番大切であるという事を

彼に突きつけられたような気がした。

 

Non Stop Mixのコーナーで、

たった3曲を使って彼の偉業を全て網羅する事はできない。

 

それでも、異なるタイプの3曲を組み合わせることで、

彼の音楽性の広さと

その広さの中でも決して失われない強烈な個性を

リスナーの皆さんに感じ取ってもらう事は

可能だろう。

 

60~70年代の僕が心酔するアーティスト達がその長い長い旅路を終える度に

特集をするのは辛く悲しいことだけれど、

彼等が残した音楽を1人でも多くの方に知ってもらう為に、

そして、僕自身が永遠に忘れない為に、

素晴らしい楽曲の数々を

これからも番組で取り上げて行こうと思っている。

 

17883935_418931231797118_6071674226632965210_n

来日&ライヴが目白押し!

2017年4月19日 / Category:Entry

 

今週末から来週頭にかけて

JAZZ ain’t Jazzのリスナーには

たまらない来日&ライブが目白押しです!

 

まずは手前味噌で済みません。

Kyoto Jazz Sextet!!

 

4/22土曜日、Records Store Dayにいよいよ新曲、Song For Unityがリリースされる訳ですが、同日、代々木公園で行われるEarth Day Tokyo 2017に出演します(17:15~17:45)。

アースデイと言えば、地球環境を守る行動が始まったのが1970年。今や、宗派・民族・国家・信条・政党をこえて、世界175か国、約5億人が参加する世界最大の地球フェスティバルとなっています。日本でも毎年10万人以上が集まる入場無料イベントとして皆さんもうご存知ですよね。

しかも、その夜19:00〜23:00は、渋谷The Roomで、金ピカ・ジャケットで話題のw”Song For Unity”のリリース・パーティー!Earth Dayは12インチからの2曲とゲストがSpeak No Evilの元晴なんで、ウェイン・ショーターのカバー、Speak No Evilの3曲しかやりませんが、The Roomでは6月に出るニュー・アルバムから更に4曲を披露します!

Kyoto Jazz Sextet
“SONG FOR UNITY / MISSION” Release Party !!!

(2017.04.22)(sat)@The Room,Shibuya

[LIVE] Kyoto Jazz Sextet
平戸祐介[Piano]
小泉”P”克人[Bass]
栗原健[Sax]
藤井伸昭[Drums]
元晴[Sax]

[GUEST DJ]
Nicolas Boochie
[DJ]
Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive)

[charge] ¥2500/1drink
[open] 19:00-23:00

そして、この日は、JaJ AwardsのWinnerでもあるTUXEDOもアルバムのリリース・パーティー!The RoomからのVisionですかね?

Tuxedo II Album Release Party

[DJ] Mayer Hawthorne+Jake One

(2017.04.22)(sat)@Sound Museum Vision

[charge] 前売り3500当日4000
[open] 22:00

 

更に来週は、個人的には今最も観たいYuseef Kamaalの来日公演!4/24が東京で、4/26が大阪なんですが、ヘンリー・ウーが来ないって情報が・・・誰が替わりに来るんだろう・・・。

そう言えば、Monday満ちるさんもビルボードで30周年記念ライブがじゃないか!!彼女は4/24が大阪で、4/25が東京です。KJSの小泉”P”克人、元Sleep Walkerの吉澤はじめさんも参加します。

MONDAY満ちる
30th Anniversary Spring Tour in TOKYO

4/24(月)@Billboard Live 大阪

1stステージ開場17:30 開演18:30

2ndステージ開場20:30 開演21:30

4/25(火)@Billboard Live 東京

1stステージ開場17:30 開演19:00

2ndステージ開場20:45 開演21:30

 

という訳で、今夜の放送を予習的に楽しんで、週末と週明けは夜の街に繰り出してみませんか?

とにかく!毎週水曜22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

Lipuma

今夜はトミー・リピューマ特集なんですが・・・

2017年4月12日 / Category:Entry

 

今夜のInterFM897、JAZZ ain’t Jazzは、

沖野修也がクインシー・ジョーンズと並んでリスペクトする、

しかも

残念ながら、先日お亡くなりになられた

スーパー・プロデューサー、

トミー・リピューマの一時間ブチ抜き特集。

 

なんですが・・・、

同時に◯◯でもあります。

 

さて、何でしょうか?

 

前回の1時間ブチ抜き、生音ジャズと見せかけておいて、

実は、アルフォンス・ムザーン特集の時は、

放送開始、わずが10分で風雲沖野城?が

陥落しましたからね・・・。

 

今回はどうかなぁ?

判る人いるかなぁ??

 

感づいた方はハッシュ・タグ

#jaj897

#沖野城

を付けて呟いて下さい。

 

これ、一体何の番組?

 

という訳で

毎週水曜22時からは

InterFM897、

JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。

 

51qJBb3DTzL

スキャットというかボイス?

2017年4月4日 / Category:Entry

 

JAZZ ain’t Jazz、

お陰様で

無事に改編を乗り切りました!

4月からも改めて宜しくお願いします。

 

取り立てて変更はないんですが、

今年はKyoto Jazz Sextetの新譜も出ますし、

他にも色々関連作品のリリースがあると思うので、

番組での先出し、

イベントとの連動等、更に楽しく聴いて頂けるように

仕掛けを

考えますね。

 

突然ですが、僕、

スキャットというかボイスの入ったジャズが好きなんです。

色んなジャズがありますが、僕のどストライクはそういうジャズ。

Kyoto Jazz Massiveの代表曲、Eclipseにもその影響が現れてます。

 

今週のNon Stop Mixは、

僕好みのスキャット・ジャズ?を続けて紹介したいなと。

 

でもね、ラウンジっぽい感じじゃないんです。

よく、レコ屋で「スキャット入りのジャズないですか?」と

お店の人に尋ねると、シャバダバ系のモンドなジャズを出されるんですが、

違うんです(笑)。

画像みたいなのではないんです!

 

僕が探してるのは女性ボーカルがテーマとユニゾンしていて、

ワードレスなスピリチュアルなヤツ・・・。

百読は一聴に如かず!!??

ま、聴いて頂ければ僕の好きなジャズが手に取るように判ると思います。

今回は旧譜を3曲紹介しますが、

実はKyoto Jazz Sextetでも1曲作ったんですよ。

アルバムが出る前に必ず紹介します!

 

という訳で新たなクールに突入したJAZZ ain’t Jazzは、

僕が最も好きなタイプのジャズを取り上げます。

2017年度も

毎週水曜22時からはJAZZ ain’t Jazzを聴いて下さいね。

 

 

17553931_1684697851545320_5036554433554515198_n

まだ間に合う!

2017年3月29日 / Category:Entry

 

 

今夜のJAZZ ain’t Jazz。

ビルボードの東京公演とまる被りでしたね・・・。

タイムフリー機能があるので

深夜か明日以降にお楽しみ頂くことも可能です。

2ndは21:30開演ですからまだ間に合いますよw。

 

さて今夜の放送、

アルバム紹介、Massive Eyeのコーナーでは、

偉大なヴィブラフォン奏者の再発を取り上げます。

レコードで復刻されたんですよね。

 

故に、いつもは最後の曲がレジェンド枠なんですが、

今夜はMassive Eyeがレジェンド枠扱い?

 

僕、20歳の時に初めてロンドンに行ったんですが、このレコードを中古盤屋はフリマ、レコード・フェアで探し回ったんです。しかし、結局見つからず・・・。今となっては苦い思い出です。

 

本当に今も大好きで、こうやって皆さんに再発のタイミングで紹介できるのも嬉しくて堪りません。なんとなく旧譜を紹介するんじゃなくて、再発とか、来日とか、自宅発掘とか何か理由があって曲を取り上げるようにしてますからね。

 

ちなみにKyoto Jazz Massiveの幻のデモの中には、この方とコラボを想定して作った曲あるんです。マネージメントをされている娘さんの連絡先も入手済み。

 

さて、誰でしょう?もう判りましたよね??僕のヒーローで、コラボもしたくて、最近復刻盤のリリース・・・。

 

気に入って頂いた方には是非レコードを買って頂きたいなぁ。

 

という訳で毎週水曜22時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

PS

 

しつこいようですが、2ndまだ間に合います!去年はMondo Grosso Tribute、Kyoto Jazz Sextetと完売が続き、観れない!との苦情もありましたけど、今回無事に当日券発売されることになったので、見逃さなくて済みますよ。是非!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17342893_1298067426937962_8755836450986090347_n

あと一週間!

2017年3月22日 / Category:Entry

いよいよ来週に迫って来ました。

Extra Freedom 20th anniversary presents Kyoto Jazz MassiveLive ft.N’Deadaven Port,Vanessa Freeman,DJ KAWASAKI and ROOT SOUL

このExtra Freedomとは僕が代表を務める有限会社で、Kyoto Jazz Massive、DJ KAWASAKI、ROOT SOULが所属しています。The Roomも経営していますし、本日グランド・オープンした東日本橋のホステル、CitanのDJブッキングもお手伝いさせて頂いています。Tokyo Crossover/Jazz Festivalも弊社の企画です。

先月、50歳のバースデー・パーティーを行ったばかりなのに、今月は会社のアニバーサリー・イベント(笑)。個人事務所的にスタートし、Extra Freedomと命名し、自宅をオフィスとして会社を始めたのが20年前・・・。あっと言う間に時が過ぎ去りましたね。

基本、この20年間は音楽制作会社として活動して来た訳なんですが、今年は節目の年でもあるので打ち出しを変えようと思ってもいるんです。再出発???

引っ越しもしますし・・・。

当然、音楽制作業務は続けて行きます。アルバムのプロデュースもするし、ラジオや施設の選曲なんかも。

でも、音楽を中心にしながら、新規事業の企画、商品開発、空間のプロデュースといったより幅広い分野に自分の能力を活かしてみたいなと。

既にJazzy Booksという移動式の書店も去年から始めましたし、今、建築家の鄭秀和さんとレコード・シェルフを構想中ですし、バッグのコラボも進行中。まさにCitanなんかは音楽による空間演出を担っている訳です。そういう意味では今迄の路線を継承してるだけなんですが、やはり、”DJ”の印象が強過ぎて色々弊害も少なくないんです・・・。

これからは、選曲家、発案家、もしくは空間演出家率いるクリエイティヴ集団・・・的な展開も面白いんじゃないかなという気がしてるんです。あくまで背骨は音楽なんですけどね。

という訳で今回のKyoto Jazz Massive Liveは、音楽制作集団としてのExtra Freedomとしての集大成にするつもりです。故に、所属アーティストでもあるDJ KAWASAKIやROOT SOULの楽曲も混在させ賑やかに20周年を祝います!

メンバーにはKyoto Jazz Massiveには欠かせないVanessa Freemanをロンドンから招聘。僕のソロ、DJ KAWASAKIのアルバム、更にはROOT SOULこと池田憲一の別プロジェクト、Mano Arribaでも歌ってくれている(これは未発表)元The Brand New HeaviesのN’Dea Davenportも参加してくれます。この組み合わせは強力です!しかも、今回はDJ KAWASAKIのアルバムで吉田美奈子さんの「Town」をカバーしたHanah Springも日本代表として登場します。そして、気が付けば昨年のMondo Grosso Tribute、最新のKyoto Jazz Sextetにも参加しているSoil&”Pimp”Sessionsのタブ・ゾンビ、KJSからは平戸祐介と栗原健、池田と一緒にMano Arribaをやってる西岡ヒデロー、今回オキノ・ジャパン初招集となる白根佳尚、Jaribu Afrobeat Orchestraのテッタ、勿論沖野好洋も参加して総勢13名で豪華な(自己申告)ライブを繰り広げますよ。

もしかするとこれは最後のKyoto Jazz Massiveのライブになるかもしれません・・・。

え、The Room同様また止める止める詐欺?

なんて突っ込む人もいることでしょう(苦笑)。

でもね。

アルバム出す目処全く立ってないんです・・・。出す出す詐欺??

だから最後になる可能性がない訳じゃない。

Kyoto Jazz Sextetはやりますよ。アルバムも出るし、その次のアルバムのアイデアもある。ソロもだすかなぁ。

ちなみにKJMのリリースはCompost盤からもう15年も経ってますからね・・・。

だからこそ、音楽制作会社としての節目であり、20周年をKJMのライブでパーッと派手に盛り上げたいんです。悔いのないように。海外に移住するかもしれないし、ある日突然死んじゃったら本当にKJMのライブが二度とできなくなりますからね(涙)。

少なくともこの組み合わせは最初で最後です。KJMファミリー・コンサートという打ち出しも!

ビルボード・ライブの東京公演は3/29(水)、大阪公演は3/30(木)。詳細はビルボード・ライブのHPをチェックして下さい。

一回目のリハを、海外勢抜きでやったんですが、なかなかいい仕上がりです。

まだまだ完成には至っていませんが、初回でこんなに満足したリハは初めてのことかもしれません。

KJM、Shuya Okino、DJ KAWASAKI、そしてROOT SOULの楽曲の中から選りすぐって、僕にしかできないストーリーを構築し、海外レベルのライブにする予定。

Thundercatに負けてられません。勝てる訳ないけど(汗)。

JAZZ ain’t Jazzのリスナーの方は勿論、The Roomのお客さん、Tokyo Crossover/Jazz Festivalに来て下さった皆さん、本当に多くの皆さんに来て頂きたいと思います。まだチケットあると思うので、お誘い合わせの上、是非、遊びに来て下さい。

PS

京都モダンテラスのSunset Sundayは都合により中止となりました。楽しみにしてくれてた方済みません・・・。

 

 

 

pagetop