トワイライト・ハウス?

2017年11月23日 / Category:Entry
日曜の夕方に引っ越して、皆さんお楽しみ頂いてますか?
何気にハマるとか
やっぱり水曜の夜がいいとか
タイムフリーだから好きな時に聴くとか
色々なご意見を拝見させて頂いていますが、
僕の予想に反し?概ね好評ではないかなと。
違ってたらゴメンなさい。
日曜の夕方って外出されてる人多いだろうから、大丈夫かなぁ?
と思ってたんです。
ちなみに、この日曜4時は、激戦区で、
AMは笑福亭鶴瓶さん、FMならクリス・ペプラーさんがレギュラー持たれてるんですよね・・・。
さしずめ僕はInterFMから刺客として送り込まれたとか送り込まれてないとか(笑)。
実は東京に住んでいる時に日曜にはよく葉山に遊びに行ってたんです。
で、帰りの車内でたまたま鶴瓶さんの番組を聴いたことがありまして・・・。
いやぁ、衝撃でしたね。とても面白かった。ラジオのトークにここまで聴き手を引き込むなんて凄いなと思ったことを覚えています。
僕、ラジオ業界にかれこれ27年いますが(KISS FM☞TBS☞J-WAVE☞Shibuya FM☞InterFM897)、
まさか鶴瓶師匠の裏でJAZZ ain’t Jazzをやることになるとは!
しかも、J-Waveでは、Cosmic VillageでもKyoto Jazz Massiveでも、DJ KAWASAKIもお世話になったクリス・ペプラー先輩が・・・。彼等に肩を借りるつもりで精進します!
さて、番組の移動に伴ってディレクターの小西さんに相談したことがありまして。
構成はこのままでいいのかな?と思ったからです。
特にNon Stop Mixって夜っぽいでしょ?
日曜の夕方に合った新しいフォーマットに変えて頂くのもありかなと。
しかし、小西さんの見解はこのままでいい!ということでした。
おそらく、これがJaJのスタイルだから貫くべきという考えだったのでしょう。
とは言え、所謂4つ打ちをかけることにためらいがあり・・・。
え、11/12にブギー・ハウスかけてるだろって?
あれは、ハウスと言いましたがどちらかというとブギー色が強く、純然たる4つ打ちではなかったと思うんです。
でも、意を決して今週はハウス(歌モノですけど)を投入しようと思ってます。
夜っぽくなくて夕方っぽい4つ打ち。トワイライト・ハウス的な?
日はまだ暮れてないかもしれませんが・・・。
ま、移動して4週経つのでそろそろ試してみてもいいでしょう。
ありか、なしか、皆さんの反応が楽しみです。
という訳で、毎週日曜4時からは、
InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
PS
アーティスト・オブ・ザ・マンスは、来日するセルジオ・メンデスです!

DJのプライドを賭けた闘い?

2017年11月19日 / Category:Entry
日曜に番組が引っ越してから初めてのブログ更新です!
突然の曜日変更に僕のスケジュール調整が追い付かず、
記事を書く時間が捻出できなかったんですよね。
ようやく、今、松浦”ムーン”俊夫さんとのDJ明けの昼下がりに、
ラップトップと対峙しております。
さて、今日の放送なんですが、早速!Black Sait & Soul Noteの特集です!!
先週紹介したジャン・クロードのコンピレーションに刺激を受けまして、
レコ屋を掘って来ました(家の棚も)。
ある意味、DJのプライドを賭けた闘い?でもありますね(笑)。
ジャン・クロードが厳選したレーベルに、まだ紹介すべき音源が眠っているのか?
それを沖野修也が提案できるのか?
彼と被らずに聴くに値する楽曲をBlack Saintとその姉妹レーベルでもあるSoul Noteから発見するって正直ハードルめちゃめちゃ高いんですが・・・(汗)。
番組内では、この僕版のBlack Saint & Soul Noteの架空のコンピにタイトルも付けてみますんで、楽しみにしてて下さい!
それでは後程。
毎週日曜日夕方4時からはInterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
PS
画像はAmina Claudine Myers Trio。レコードを買い集めるようになって35年位経ちますが、
レコ屋で何度このジャケを見たことか!!
ずっとスルーして来たんです。まさかこのアルバムに僕好みの曲が入っていたとは・・・。

番組の最後にお知らせがあります

2017年10月25日 / Category:Entry

 

Kyoto Jazz Massiveの沖野修也です。

InterFM897、JAZZ ain’t Jazz、毎週ご愛聴ありがとうございます。

この番組では、ジャズに影響を受けた音楽、踊れるジャズ、新しいジャズ、世界のジャズ、日本ジャズ、そして、レジェンドの演奏を含めてクロスオーバーな音楽としてジャズを皆さんに紹介している訳ですが、毎週皆さんに良質な音楽を提案できるように日々、精進して来ました。

僕はクラブDJでもあるので、新譜も旧譜も未知なる音楽を常に探している訳です。でも、番組が始まってからというもの、それまで以上にアンテナを拡げ、レコード店、Web Site、ネット・ラジオ、同業者のプレイやプレイリスト、発売前のサンプル、そして時に、自分の家のレコード棚に中からリスナーの方に気に入ってもらえる(勿論、僕がまず気に入るってのが前提ですが)曲を見つけ出す貪欲さに、更に磨きがかかったと思います。故に、僕自身が出会える曲の数も劇的に!増えました。

思い返せば、クロスオーバー・イレブン、サウンド・ストリート、そして伝説のDJ番組Kiss Mint Kissを聴いて育ったラジオ大好き人間(受験生だった頃はオールナイト・ニッポンやヤング・タウンも聴いてました)が、こうやってラジオDJになって早27年。その間、神戸のKISS FMで選曲のキャリアをスタートさせ、TBSラジオでは月〜金からのデイリー・プログラムをプロデュース、J-Waveでも自分の番組を一つ、選曲を二番組担当し、Shibuya FMを経由し、今こうしてInterFM897さんでお世話になっている訳です。

先日、来日がキャンセルになったので、アルバム特集コーナーで残念ながら取り上げられなかったんですが、ドナルド・フェイゲンの『ナイト・フライ』を愛聴していましたから、自分がラジオDJになり、あのアルバムを紹介する日が来るとは!と興奮したものです。ラジオDJに扮したドナルド・フェイゲンのアルバムを、ドナルド・フェイゲンに憧れた少年がラジオDJになって番組でかけるって、夢のような話ですよね・・・。

僕は、本当に幸運です。そして、それは皆さんのご支持があってのことだと心から感謝してます。

 

ちなみに、

今夜の放送、番組の最後に大切なお知らせがあります。

お聴き逃しのないように。

今夜も、InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。

 

探す楽しみ、教わる楽しみ

2017年10月18日 / Category:Entry

 

中古盤屋でレコードを探すとき程楽しい時はないですね。

ジャケを眺め、

コメントがあればそれを読み、

参加ミュージシャンを、

レーベルを、

プロデューサーを、

リリース年をチェックする。

 

僕の場合は、

フェンダー・ローズとスキャット(シャバダバ系ではないです)が好きなので、

それが使われているか?

女性ボーカルがクレジットされているか(VocalあるいはVoiceとして)?

にも注意を払います。

 

とは言え、

僕には時間がない。

 

ラジオや有線の選曲、

イベントの企画に告知、

建築と音楽を組み合わせたプロジェクトも画策しているし、

家具や靴のコラボも進行中。

勿論、

曲を作らなくてはいけない!

更には、

作詞家宣言したので詞も書かなくてはいけない!

 

だから、

時間のない自分にとって

店主や同業者のオススメはとても有り難い。

 

既に目利き(耳利き)のフィルターを通過していますからね。

 

時間が節約出来る上に、

自分では見つけられなかったもの

(時に素通りしていたものw)に出会える。

 

教わる楽しみとでも言えばいいのでしょうか?

 

今週のOn Airは、

フランスのレコ屋の店主、

先輩DJ、そして知り合いのレーベル・オーナーのオススメを

僕が探し出した音源(かけるの2度目の曲も含め)と織り交ぜ、ご紹介したいと思います。

 

毎週水曜22時からの

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzをどうぞ宜しくお願いします。

 

存命中のレジェンドを特集

2017年10月10日 / Category:Entry

 

スポーツの秋!

ですね。

昨日はあまりに天気がいいので

琵琶湖に海水浴、じゃなくて湖水浴に行って来ました。

そう言えば、昨日”パンパン”と物騒な音が朝早くから近くの小学校で鳴り響いてたんですが、

ひょっとして、運動会・・・?

え、

体育の日??

いつから10/9が体育の日になったんですか?

 

さて、

今月のアーティスト・オブ・ザ・マンスは

Steely Dan!と宣言しておきながら、

2週目にして早速お休みです(謝)。

 

何故なら

緊急企画で、

存命中のレジェンドを特集するからです。

Walter Beckerさんの多大なる功績には3週目、4週目にまたスポットを当てます。

 

JAZZ ain’t Jazzは、訃報がある度に番組ブチ抜きで特集組むじゃないですか?

勿論、その人を忘れない為にもこれからもそういう企画をやるとは思うんです。

また、毎週最後の曲はレジェンドの楽曲を取り上げているので、常に、彼等が残してくれた財産に敬意を払ってもいるんです。

ただ、生きておられる内からもっと評価したい、

そして、来日されたら是非リスナーの皆さんにも足を運んで頂きたいとも思っているんです。

そこで、

今週のOn AIrは、先月僕がプロデュースする渋谷のThe Roomに遊びに来て頂いた

リビング・レジェンド、Harvey Masonさんを特集してみることにしました。

 

Harvey Masonはレジェンドというよりもゴッド!

僕にとって、そして、The Roomにとっては”生き神”なんですよね。

参加作品586枚(Discogs調べ)!

楽曲提供やカバーを含めた記名作品なんと895枚(Discogs調べ)!!

 

この番組で取り上げたことのある名盤

Gears/Johnny Hammondも

Blacks & Blues/Bobbi Humphrey(共にMisell BrothersのSky High  Production作品)も、

あの

Chameleon/Herbie Hancookも

Harvey Masonさんが叩いてますからね。

 

1947年生まれの彼は今年70歳(丁度僕より20年先輩)。

バリバリの現役です。

 

僕、20年後もDJしてるかな・・・(汗)。

 

彼がThe Roomに来た時にちっとミラクルが起こりまして

(生き神の来店が既にミラクルなんですが)、

個人ブログに綴りました。

https://ameblo.jp/shuya-okino/entry-12317266073.html

え、

なんでそこで区切るのか?

 

後半は10/11、On Air終了後にアップします(笑)。

 

放送と連動した番組ブログの中に

個人ブログのリンク貼り、

しかもその続きは放送が終わった後に公開するとか

手の込んだことしてますが、

Harvey Masonさん、その価値は十分にあると思います。

 

しかも!

個人ブログの後半の中に更に別のリンクが・・・。

 

この超立体的メディア・ミックス、

僕しか出来ないと思うので

必見(必聴かw)です。

 

という訳で

今週水曜22時からのInterFM897、 JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

番組ブログ

個人ブログ(前半)

本放送

個人ブログ(後半)

更に別のリンク

 

ですからね。

 

ついて来て下さいね。

 

ここまで巧妙に仕掛けるの

完全合法DJのUST中継以来のことかも。

あれ、叩かれたなぁ。

炎上したなぁ。

 

あ、USTってもうないんでしたっけ・・・。

 

PS

スポーツ・ジャケットと言えば、

これも有名ですね。

 

 

ルーツを掘る、ということ

2017年10月2日 / Category:Entry

 

僕、

11歳の時にYMOで音楽に目覚めた訳なんですが、

それこそN●KのFMでお三方の過去の作品を振り返る特集があり、

はっぴいえんども

ティンパンアレイも

泰案洋行も

千のナイフも

格闘技セッションも

サディスティック・ミカ・バンドも

音楽殺人も

後から知った訳です。

 

よくDJが”掘る”っていいますよね?

埋もれたレコードを掘り出す。

って意味で使われ出したと思うんですが、

参加ミュージシャンやプロデューサー、

そして、

影響を受けたアーティスト等

そのルーツ(根っ子)を”掘る”ってニュアンスも含まれていると思うんです。

 

YMOの後にDonald Faganを知った僕は、

当然、Steely Danも掘ることになりました。

 

今月のアーティスト・オブ・ザ・マンスは、

Walter Beckerさんに追悼の意を表す為に

Steely Danの音源を毎週ピック・アップしてますが、

今週は、Non Stop Mix枠で

僕のファイバリットをまとめて3曲お聴き頂きたいと思います。

 

ジャズ・ミュージシャンが数多く参加し、

HIP HOPのネタにもなったSteely Danは

まさにJAZZ ain’t Jazzなグループ。

 

その功績を讃えると共に

一日も早いDonald Faganの復活を祈って。

 

 

DISCO HOUSE・・・なのかな?

2017年9月27日 / Category:Entry

 

InterFM897、JAZZ ain’t Jazz。

先週はヨーロッパのダンス・ジャズ、

先々週はHIP HOPとその元ネタとその元ネタを使ったデトロイト・テクノ、

その前の週はSpeak No Evilの3連発と

毎回異なるスタイルのDJ MIXを披露しているNon Stopコーナーですが、

今回は、

DISCO HOUSEで3曲。

 

うーん、この名前でいいのかな?

 

サウンド的にはフィルター・ハウスの進化系なんですよね。

当然のことながら、ブギーやディスコの影響が強く反映され、より生っぽくなった感じ。

レーベルでいうならGlitterbox、

アーティストならDr.Packer、

に代表されるアップリフティングでソウルフルなハウス。

 

BOOGIE HOUSE?

LOOP DISCO?

 

ま、呼び名は何だっていいんですが、暫定的にDISCO HOUSEと呼んでおきます。

 

実は、

密かに、

EDMの対抗馬になり得るんじゃないかなと思っているんですよ。

ならないか・・・(苦笑)。

 

何気にジャジーだったりするので、

きっとリスナーの皆さんに気に入って頂けるかと。

 

毎週水曜22時からは

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

垂直型の全業

2017年9月20日 / Category:Entry

 

常々僕は

音楽家が生き残って行く為に

“全業”というものを勧めています。

 

スターは歌ったり、演奏するだけでも食べて行けるけど、

スターじゃない人が音楽で食って行くには

色んなことをやって、

あるいは色んなことを自分でやって

収入をかき集めて成立させるのがいいのではないかなと。

 

副業でも

兼業でもなく

全業。

 

僕なんかは

DJ

作曲

楽曲制作

Remix

バンド活動

ラジオ番組

店鋪経営

選曲

執筆

プロデュース

イベント企画・制作

移動式書店

音楽に”関係する”様々なビジネスに手を出しw

自分の生活を成り立たせている訳です。

 

これは

水平型の全業。

 

一方、

垂直型の全業は

音楽を作る所から売るところまで

全てを自分でやる作業。

例えば、

作曲

楽曲制作

レコーディング

トラックダウン

マスタリング

レーベル運営

アーティスト発掘

宣伝

販売

までを全て自分でやれば、

今まで人に支払っていた(或は搾取されていた)

お金が全部自分に入って来る訳です。

 

勿論、垂直か水平を選ばなくても

その両方を組み合わせることも可能だと思います。

 

「アーティストはいい曲作って、演奏に専念しろ!」

という考え方もありますし、

できればそれが理想ですよね。

 

でも、僕なんかは好きで色々やってるし、

(自分の中では好きな音楽を紹介するという意味で一貫してるんですが)

この厳しい状況の中で

サバイブして行く為の苦肉の策でもあるんです。

この全業という考え方は。

 

何もかも自分でやれる訳がない!

 

そうかもね。

だったら、他のやり方考えましょうね。

 

今月のJAZZ ain’t Jazz、

アーティスト・オブ・ザ・マンスは

Floating Pointsこと

Sam Shepherdなんですが、

彼、

スターでありながら垂直型の全業をしているアクティヴ・マン!

作曲、

楽曲制作、

DJ、

Remix、

バンド活動、

レーベル運営、

エンジニアリング

八面六臂の大活躍。

 

こういうのマルチって言いたくないんです。

“マルチ商法”とかあったから、何か言葉の印象悪いでしょ。

 

だから、全業。

 

一冊、本かけるな(笑)。

 

という訳で

毎週水曜日の22時からは

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。

 

今夜はFloating Pointsのどの顔を取り上げようかな・・・。

ネタ繋がりで3曲

2017年9月13日 / Category:Entry
今夜のJAZZ ain’t Jazz、
Non Stop Mixはネタ繋がりで3曲続けます。
感覚で3曲ってのも好きなんですが、理由を明確に解き明かすのも、
ラジオならではって感じがしていいかなと。
ま、その両方を無意識的、或いは即興的にやるのがプロなんですけどね。
 
アルバム紹介コーナー、Massive Eyeは
来日間近のあの人!
僕も久々の再会を楽しみにしています。
覚えてくれてるかなぁ?
アメリカじゃ、大物と仕事してるのにとても気さくなんですよね。
そんな”あの人”が、リリースした新作を取り上げます。
果たしてこれは、ジャズなんでしょうか?それとも・・・。
 
という訳で毎週水曜日22時からは #interfm897 で、
JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。
PS
写真でバレバレかなw

コンピから3曲って

2017年9月6日 / Category:Entry

 

今夜のInterFM897、JAZZ ain’t Jazz、

アルバム紹介コーナーMassive Eyeでは黒田大介さんのコンピレーション

『Kickin’ Presents De-Lite 45s:DJ’s Choice』を取り上げます。

 

5月にリリースされましたが、

諸事情ありまして(汗)、今頃取り上げてお叱り受けそうですが、

いいものは時間が経ってもいい!

 

素晴らしいコンピレーションです。

 

それにしても、コンピから3曲って結構難しいんですよ。

だって色んなアーティストの色んなアルバムから厳選された楽曲の盛り合わせな訳ですよね?

そこから3曲、更に絞り込む・・・。ムムム。

 

以前も黒田さんのコンピを取り上げた時に

ご本人に「何がピック・アップされるか楽しみにしてますよ」と言われた気が・・・。

 

逆に言うと、黒田さんワールドから何を抽出して、自分の色を出すかってのはある意味DJの腕の見せ所ですから自ずと気合いも入ります。

 

今夜はNon Stop Mixも禁断シリーズですからね。

是非、聴いて下さいね。

 

毎週水曜日、22時からはInterFM、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

 

pagetop