スキャットというかボイス?

2017年4月4日 / Category:Entry

 

JAZZ ain’t Jazz、

お陰様で

無事に改編を乗り切りました!

4月からも改めて宜しくお願いします。

 

取り立てて変更はないんですが、

今年はKyoto Jazz Sextetの新譜も出ますし、

他にも色々関連作品のリリースがあると思うので、

番組での先出し、

イベントとの連動等、更に楽しく聴いて頂けるように

仕掛けを

考えますね。

 

突然ですが、僕、

スキャットというかボイスの入ったジャズが好きなんです。

色んなジャズがありますが、僕のどストライクはそういうジャズ。

Kyoto Jazz Massiveの代表曲、Eclipseにもその影響が現れてます。

 

今週のNon Stop Mixは、

僕好みのスキャット・ジャズ?を続けて紹介したいなと。

 

でもね、ラウンジっぽい感じじゃないんです。

よく、レコ屋で「スキャット入りのジャズないですか?」と

お店の人に尋ねると、シャバダバ系のモンドなジャズを出されるんですが、

違うんです(笑)。

画像みたいなのではないんです!

 

僕が探してるのは女性ボーカルがテーマとユニゾンしていて、

ワードレスなスピリチュアルなヤツ・・・。

百読は一聴に如かず!!??

ま、聴いて頂ければ僕の好きなジャズが手に取るように判ると思います。

今回は旧譜を3曲紹介しますが、

実はKyoto Jazz Sextetでも1曲作ったんですよ。

アルバムが出る前に必ず紹介します!

 

という訳で新たなクールに突入したJAZZ ain’t Jazzは、

僕が最も好きなタイプのジャズを取り上げます。

2017年度も

毎週水曜22時からはJAZZ ain’t Jazzを聴いて下さいね。