番組の最後にお知らせがあります

2017年10月25日 / Category:Entry

 

Kyoto Jazz Massiveの沖野修也です。

InterFM897、JAZZ ain’t Jazz、毎週ご愛聴ありがとうございます。

この番組では、ジャズに影響を受けた音楽、踊れるジャズ、新しいジャズ、世界のジャズ、日本ジャズ、そして、レジェンドの演奏を含めてクロスオーバーな音楽としてジャズを皆さんに紹介している訳ですが、毎週皆さんに良質な音楽を提案できるように日々、精進して来ました。

僕はクラブDJでもあるので、新譜も旧譜も未知なる音楽を常に探している訳です。でも、番組が始まってからというもの、それまで以上にアンテナを拡げ、レコード店、Web Site、ネット・ラジオ、同業者のプレイやプレイリスト、発売前のサンプル、そして時に、自分の家のレコード棚に中からリスナーの方に気に入ってもらえる(勿論、僕がまず気に入るってのが前提ですが)曲を見つけ出す貪欲さに、更に磨きがかかったと思います。故に、僕自身が出会える曲の数も劇的に!増えました。

思い返せば、クロスオーバー・イレブン、サウンド・ストリート、そして伝説のDJ番組Kiss Mint Kissを聴いて育ったラジオ大好き人間(受験生だった頃はオールナイト・ニッポンやヤング・タウンも聴いてました)が、こうやってラジオDJになって早27年。その間、神戸のKISS FMで選曲のキャリアをスタートさせ、TBSラジオでは月〜金からのデイリー・プログラムをプロデュース、J-Waveでも自分の番組を一つ、選曲を二番組担当し、Shibuya FMを経由し、今こうしてInterFM897さんでお世話になっている訳です。

先日、来日がキャンセルになったので、アルバム特集コーナーで残念ながら取り上げられなかったんですが、ドナルド・フェイゲンの『ナイト・フライ』を愛聴していましたから、自分がラジオDJになり、あのアルバムを紹介する日が来るとは!と興奮したものです。ラジオDJに扮したドナルド・フェイゲンのアルバムを、ドナルド・フェイゲンに憧れた少年がラジオDJになって番組でかけるって、夢のような話ですよね・・・。

僕は、本当に幸運です。そして、それは皆さんのご支持があってのことだと心から感謝してます。

 

ちなみに、

今夜の放送、番組の最後に大切なお知らせがあります。

お聴き逃しのないように。

今夜も、InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願い致します。