Jazzy Disco(Boogie)特集

2018年9月2日 / Category:Entry

 

この番組ではDiscoやBoogieがよくかかりますよね?

Soulが進化したDisco。

ベースラインや歌のラインがメロディアス(歌がメロディアスってちょっと変な表現ですが、比較する為に敢えてそう書いています)、流麗な弦が入っていたりする。

Funkが進化したBoogie。

スラップ・ベースが特徴的で歌のラインはリズミック。シンセサイザーが導入されていたりする。

この分類大雑把ですけど、ざっくりこういった説明が適応できると思うんです。勿論その両者が交錯するような曲もありますし、厳密な境界線は存在しません。

で、70年代後半には、そうしたDiscoやBoogieとジャズが融合して行ったんです。

つまり、ジャズ・ミュージシャンがDiscoやBoogieのエッセンスを取り入れたんですね。

ある人はそれを、「売れなくなったジャズメンが金に目が眩んで魂を売った」と言いました。

またある人は、「その時代の変化を受け入れ、進化して行くのがジャズだ」と言いました。

ま、後者は僕ですけどねw

 

僕がこの番組でDiscoやBoogieをかけるのは、その音楽にJazzの影響を感じる曲だと思うからなんですが、今日は判り易く!ジャズ・ミュージシャンによるDiscoやBoogieを特集したいと思います。

 

たまに、「お前がジャズを騙るな!」とお怒りの貴兄もいらっしゃいますが、

今日はジャズですぜ、兄貴w

文句あるなら作った人にお願いしますよ。

 

という訳で毎週日曜日夕方5時からはInterFM897のJAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

PS

19:15分からは渋谷WWWXで行われるTOKYO JAZZ Xにて、

KYOTO JAZZ MASSIVEのライヴです!

オリジナル曲で演るのは13年振り、

しかも全曲新曲です!!

(勿論、JazzとDisco&Boogieを吸収した曲もあります)