今月のアーティスト・オブ・ザ・マンスは

2018年9月9日 / Category:Entry

 

InterFM897、JAZZ ain’t Jazz。

毎月、アーティスト・オブ・ザ・マンスという枠で

1組のアーティーストを週を跨いで紹介させて頂いてますが、

今月は、先週のJazzy Discoの流れから、ソウル/ファンク/ディスコ・バンド、

Pleasureを取り上げたいと思います。

 

実は先週候補に挙げてたんですが、色々訳あって惜しくも漏れたんです。

いいJazzy Discoが沢山あったし、Pleasureもホント名曲多いので絞り切れなかった!

なので、逆に今月、1ヶ月取り上げてみようかなと。

この番組でもKonのremixをかけた事がありますし、その昔、Kyoto Jazz MassiveでPleasureのオフィシャル・リミックス作ったこともあるんですよ。

え、PleasureがJazzy Disco?と思われる方もいるかもしれませんが、

初期プロデュースはクルセイダースのWayne HendersonのAt Home Production。

クルセイダーズがジャズかどうか意見の別れるところですが、ま、この番組はジャズに影響を受けたダンス・ミュージックを取り上げてますんで、僕的には全然ありです。

で、Pleasureは大物が手掛けた若手バンドということで、Donald Byrdが育てたThe Blackbyrdsと比較されることもあります。Donald Byrdと言えば、ミゼル・ブラザーズのSky High Productionが有名ですよね?

知識が足りない頃は、At Home ProductionやSky High Productionのクレジットを見てプロデューサー買いしたものです。Roy AyersのYellow Gorilla Productionなんかも。

The Blackbyrdsは、今も現役で活動してるらしいですよ。Pleasureはどうなんでしょうか?

この二組の対バン観てみたいなぁ。

Leroy Hutsonみたいに来日しないですかね?

 

という訳で毎週日曜4時からはInterFM897のJAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

今日も色々かかります。