4度目の開催!

2018年12月26日 / Category:Entry
 

今年もやります。

2015年から始まった

JaJ紅白歌合戦。

4度目の開催です。

 

沖野修也的2018年の

ヒット曲を

1時間に渡ってOn Airします。

 

夏は架空の ジャズ・フェス。

年末は妄想の歌合戦w。

 

毎年同じこと言ってますが、

 

男性ボーカルと

女性ボーカルを

五組づつ

白組と赤組に分け、

交互に紹介。

 

新人あり

コラボあり

リミックスあり

カバーあり

ジャズあり

ラップあり

日本人アーティストあり

そして

大御所ありの

豪華ライン・アップ。

 

ド派手な衣装のアーティストが続々と登場します

(男性陣は毎年若干地味だけど)!!!!

 

ラジオだから見えない!

ので、

リアル・タイムでTwitterに

画像アップしようかなと。

ハッシュタグ、#jaj897

あるいは

#JaJ紅白歌合戦

で・・・。

 

ちなみに、

毎年

何であの曲かからへんねん!

なんてお声も頂くんですが、

元旦に発表される

毎年恒例のJaJ Awardsのノミネート・リストに

ちゃんと入れてあって

新年2週目のON AIRの為に温存してたりもするんです。

 

そして、

これも毎年!言ってるんですが、

 

これTV放送、世界中継したら

絶対視聴率取れると思うけどなー。

誰か来年投資してくれないかなー。

 

ちなみに、

今年はちょっと前進しまして、

僕、N○KホールでDJをして来たんです。

ワールドカップのパブリック・ビューイグで!

 

夢に一歩近づきましたよ(笑)。

 

という訳で

毎週曜、夕方4時からは

InterFM897で、

今年最後のJAGUAR LAND ROVER presents JAZZ ain’t Jazzを

宜しくお願いします。

PS

5時からは松浦俊夫さんのTokyo Moonもね。

PPS

そして6時からは、東日本橋のCitanで僕と松浦君の共演です!

12/30 (SUN) YEAR END SPECIAL SET
年末のCITANはSpecialなDJ setをお届け致します。
DJ:沖野修也 / 松浦俊夫
DATE:12/30 (SUN) 18:00-
DOOR: MUSIC CHARGE ¥1,000
GENRE:ALL GOOD YEAR END MUSIC

沖野修也
DJ/作曲家/執筆家/選曲評論家/Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人/The Roomプロデューサー。
KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「Eclipse」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて射止めた。
これまでDJ/アーティストとして世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBillboard等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。
ここ数年は、音楽で空間の価値を変える”サウンド・ブランディング”の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛けている。著書に、『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』、自伝『職業、DJ、25年』等がある。
2011年7月、2枚目のソロ・アルバム『DESTINY』が、iTunesダンス・アルバム・チャート第1位、総合アルバム・チャートでも第3位を獲得。
2013年11月にはバーニーズ ニューヨーク新宿店で初のイラストレーション展を開催。
2015年4月、新たにプロデュースしたプロジェクト、Kyoto Jazz Sextetのデビューアルバム『Mission』をブルーノート・レーベルよりリリース。
現在、InterFM897『JAZZ ain’t Jazz』にて番組ナビゲーターを担当中(毎週日曜16時~)。
有線放送内I-12チャンネルにて”沖野修也 presents Music in The Room”を監修。
スウェーデンのレーベルLocal Talkより2018年10月に「RISING (RON TRENT Remix)/KYOTO JAZZ SEXTET」、11月に「MISSION (JAXX MADICINE REMIX)/KYOTO JAZZ SEXTET」をリリース。11月3日には、HMV recordより『You’ve Got To Have Freedom/Mission (Unreleased Version)/KYOTO JAZZ SEXTET』をリリース。

松浦俊夫
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。
2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。
またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note
Recordsからアルバム『HEX』をリリース。
2018年、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、
Toshio Matsuura Groupのアルバムをワールドワイド・リリースし話題を呼ぶ。
InterFM897 “TOKYO MOON”(毎週日曜17:00) Gilles Peterson’s Worldwide FM ”WW TOKYO” (第1&月曜20:00) 好評オンエア中。