The Real Music Station

JAGUAR LAND ROVER presents JAZZ ain't Jazz

DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Oct 14 2018

MusiacsearchReload
  • 16:04 "DO IT THE HARD WAY" JAZZ RENEGADES & SARAH JANE MORRIS
  • 16:08 "NOCTURNAL" MR FRIES
  • 16:13 "DISTORTING SPACE TIME (FOUK REMIX)" JOEY NEGRO
  • 16:18 "NIGHT FRAMES" N.O.T.E.
  • 16:27 "CHICAGO" ROY AYERS
  • 16:35 "REMEMBER TO REMEMBER" RICK HOLMES
  • 16:42 "NG THEME" NU GUINEA FEA.TONY ALLEN
  • 16:45 "WHERE THE ONE IS (ORIGINAL MIX)" ART OF TONES
  • 16:50 "NAUTILUS" BOB JAMES

Program Blog

10月14日 (日)

先週から番組にスポンサーが付きまして(祝)。
サポート頂いている間は突然の打ち切り!とかないのでご安心下さい。
皆さんご存知だと思いますが、
僕は
古い音楽も新しい音楽も好きだし、
古い映画も新しい映画も好きなんです。
古い建築も好きだし、新しい建築も好き。
古い洋服も好きだし、新しい洋服も好き。
当然
古い車も好きだし、新しい車も好き・・・。
今年はランドローバーのローンチから70周年ということで、
オリジナル・モデルのレストアを行うなんてニュースが話題ににもなりましたよね。
ジャガー・ランド・ローバーさんのお話しを頂く直前には
EタイプのEV車が発売!なんてニュースもあって、
僕はこの新旧のハイブリッドに色めきたったんですが、
真面目に購入を考えたんですよ!
エンドースできないかな(笑)。
いずれにせよ、同社の旧車をリスペクトする姿勢に大いに共感します。
そして、僭越ながら番組にコンセプトにもマッチするのではないかなと。
ちなみに今月からドライブの際のオススメを「JAGUAR LAND ROVER PREMIUM DRIVE JAZZ」と題して毎回1曲づつエピソードを交えながら紹介して行きます。
車をお持ちの方もお持ちでない方も
乗っておられるご自分の姿を想像してお楽しみ下さい。
という訳で、
今週も新旧織り交ぜ、JAZZ & JAZZYなプログラムを1時間お届けします。
毎週日曜夕方4時からです。
5時からは松浦俊夫さんのTokyo Moonも!

Recent Entry


10月に突入!...

アレサ・フランクリン追悼企画...

久々のインタビュー!...

ミラクル発生...

今月のアーティスト・オブ・ザ・マンスは...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家。開店以来24年で80万人の動員を誇るThe Roomのプロデューサーでもある。

KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」が英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1を獲得。

これまで世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。

近年は音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛ける。

著書に『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』等。現在、ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。

www.kyotojazzmassive.com
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/
pagetop