The Real Music Station

JAZZ ain't Jazz

Wed. 22:00 - 23:00
DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Sep 21 2016

MusiacsearchReload
  • 22:03 "DANG!" MAC MILLER FEA. ANDERSON .PAAK
  • 22:08 "SUNSHINE (DEEP DISCO REWORK)" LOS CHARLY'S ORCHESTRA
  • 22:11 "VALENTINE'S GROOVE" KINK
  • 22:16 "ELIXIR (OPOLOPO REMIX)" SUSANNE ALT
  • 22:23 "UNO ESTA" BOBBI HUMPHREY
  • 22:28 "THE TRIP" BOBBI HUMPHREY
  • 22:33 "YOU MAKE ME FEEL SO GOOD" BOBBI HUMPHREY
  • 22:39 "MEMORY OF…" DE LA SOUL FEA. ESTELLE & PETE ROCK
  • 22:44 "GET DOWN" EZEL FEA.TUMELO
  • 22:50 "COULD HEAVEN EVER BE LIKE THIS" IDRIS MUHAMMAD

Program Blog

9月20日 (火)

今週は新旧のフュージョンを

 

菊地成孔さんは言った。

「今ジャズって要するにフュージョンなんですよ」

 

今ジャズこそ

ジャズの最新型だと盛り上げる人がいれば、

菊地さんのように断定する人もいる。

 

僕はと言いますと・・・。

 

ジャズの最新型でもあるし、

フュージョンでもあるし・・・。

 

えっ優柔不断?

 

っていうか今ジャズって何?

 

僕は、

踊れるジャズ、

ジャズに影響を受けたダンス・ミュージック、

DJが選ぶボーダレスでタイムレスなジャズ

ならなんだってかけているので、

自分に響くものは

世の中で騒がれようが

騒がれてなかろうが

どっちでもいいんです。

 

新しいジャズの中に刺さるものもあれば

刺さらないものもある。

 

アシッド・ジャズも

今ジャズも

スピリチュアル・ジャズも

ジャジーなハウスやジャジーなブギーも

僕にとっては全てがクラブ・ジャズだし、

広義のジャズなんだと思う。

 

で、

今夜のON AIRですが、

ヒップ・ホップ、

モダン・ブギー、

テクノ、

ハウスの中でも

70年代フュージョンに

共通する感覚を持つ楽曲を取り上げ、

そのルーツと対比させるような内容になる予定。

 

Massive Eyeとレジェンド枠が旧譜なので。

 

ジャズ・ファンクやディスコとしても

評価の高い70年代のフュージョンをかけますよ。

 

ちなみに

僕の好きな

フュージョンは、

テクニック至上で軽薄なのじゃなくて、

異種配合音楽で電気楽器を導入してるヤツですからね。

しかも

クロくて

ダンサブルな。

 

ま、

聴いて頂ければ、僕が指すフュージョンが何か

判って頂けると思います。

 

という訳で

毎週水曜22時からは

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

PS

 

菊地さんは

フュージョンの肯定派なんだろうか?

それとも、

否定派なんだろうか?


Recent Entry


DJといけばな...

スピリチャルよりもディープな...

夏の終わりに...

痺れる季節に初来日!...

モントルー・ジャズ・フェスティバル50周年記念特別企画...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/クリエイティヴ・ディレクター/執筆家/世界唯一の選曲評論家Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来20年で70万人の動員を誇るThe Room(渋谷)のプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界35ヶ国130都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。ここ数年は、音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計を手掛けている。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年にフォレスト出版より3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』を発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、Amazonのビジネス書/仕事術のカテゴリーで1位を記録する。同年7月『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。現在、有線放送内D-47チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"SOUND SANCTUARY"のレジデントDJを務めている。
オフィシャルサイト: www.kyotojazzmassive.com
エクストラフリーダム: www.extra-freedom.co.jp/
ブログ: ameblo.jp/shuya-okino
Twitter: twitter.com/shuyakyotojazz
pagetop