The Real Music Station

JAZZ ain't Jazz

Wed. 22:00 - 23:00
DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Jul 20 2016

MusiacsearchReload
  • 22:03 "LOVE FROM THE SUN" THEO CROKER FEA.DEE DEE BRIDGEWATER
  • 22:07 "TURN YOU UP (KENNY DOPE RADIO EDIT)" KENNY DOPE FEA.LEE WILSON
  • 22:10 "FEELING (VOCAL MIX)" HALLEX M FEA.DARIEN
  • 22:15 "ALL THE THINGS YOU ARE (LOUIE VEGA REMIX)" TONY MOMRELLE
  • 22:24 "GHETTO WALKIN'" MILES DAVIS DAVIS & ROBERT GLASPER FEA.BILAL
  • 22:27 "VIOLETS" MILES DAVIS DAVIS & ROBERT GLASPER FEA.BILAL
  • 22:32 "I'M LEAVING YOU" MILES DAVIS DAVIS & ROBERT GLASPER FEA. LEDISI & JOHN SCOFIELD
  • 22:34 "STAR OF STORY (KON REMIX)" GEORGE BENSON
  • 22:40 "SAMBA PARA FLORENCE (HENRY WU REMIX)" SEAN KHAN
  • 22:46 "WHERE DO WE GO FROM HERE (LTJ XPERIENCE REMIX)" FAR OUT MONSTER DISCO ORCHESTRA
  • 22:52 "FOREGONE CONCLUSION" JOE HENDERSON

Program Blog

7月19日 (火)

男性ボーカル3連発!

 

基本

僕は女性ボーカル好きなんですが、

ここの所、

男性ボーカルのハウスを

よく番組でかけているような気がします。

 

遡ってふとプレイリストを確かめると、

今年に入って

Non Stop Mixのコーナーでは

ほぼ毎月一回、

男性ボーカル・ハウスを取り上げてますね。

 

この時間帯、

旧譜、

ビート・ダウン、

ブギー、

女性ハウス

と色々かけているんですが、

2016年は

男性ボーカルのハウスで

良質な作品が続々とリリースされているので

外す訳には行かないんですw。

 

今夜は

某大物プロデューサーが

Lee Wilson(写真)というボーカリストを

フィーチャーした楽曲で

No Stop Mixを始めてみたいと思います。

 

結構クラブではイケイケに聴こえる曲なんですが、

ラジオでかけると、

何気にメロディーが美しく、

エモーショナルな部分だけでなく

その繊細さが伝わるという意味で

“いい歌モノ”として鑑賞できるのではないかなと。

 

初期ハウスの雰囲気を継承しながら

現代的サウンドにヴァージョン・アップされたトラックは、

某大物にしては珍しくユーロ調。

 

福井県の敦賀では高校生達が

大盛り上りをし、

復活した

大阪のNoonでも

初めて聴くであろう聴衆を

大いに魅了し、

モンテネグロのフェスでは

この曲を伝授したRainer Truby

(大阪で一緒だったので)が

DJ終演間際にこの曲を投入し

フロアーを狂乱の渦に巻き込んだ

この夏のちょっとしたキラー・チューンでもあります。

 

その後、どんな曲が続くかは

聴いてのお楽しみw。

 

とにかく今夜は

男性ボーカルの魅力にフォーカスした

Non Stop Mixをお届けします。

 

という訳で

毎週水曜日22時からは

InterFM897、インターFMを宜しくお願いします。

 


Recent Entry


今夜続編!理想の?妄想の??夏フェス!!...

今年もやります理想の夏フェス!...

時代って何だろう?...

バランス感覚...

DJの先見性...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/クリエイティヴ・ディレクター/執筆家/世界唯一の選曲評論家Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来20年で70万人の動員を誇るThe Room(渋谷)のプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界35ヶ国130都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。ここ数年は、音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計を手掛けている。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年にフォレスト出版より3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』を発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、Amazonのビジネス書/仕事術のカテゴリーで1位を記録する。同年7月『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。現在、有線放送内D-47チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"SOUND SANCTUARY"のレジデントDJを務めている。
オフィシャルサイト: www.kyotojazzmassive.com
エクストラフリーダム: www.extra-freedom.co.jp/
ブログ: ameblo.jp/shuya-okino
Twitter: twitter.com/shuyakyotojazz
pagetop