The Real Music Station

Kenrocks Nite - Ver. 2

DJ: 大貫憲章, Katchin'
Mail
大貫憲章 (KENSHO ONUKI)、Katchin' (カッチン)のコンビネーションから生まれる会話(アーティスト秘話、音楽に対する思いや叫び、音楽との出会いと、そのルーツ、主催イベント“ロンドンナイト”の歴史、さらには音楽業界全体に対する苦言などなど)、選曲、そして、サウンドアプローチは他の誰にも真似できないOne & Onlyな世界を紹介します。さらに、この番組ならではのゲストもお迎えします。強力なVibrationでリスナーをHappyでSpiritualなZONEへと誘う番組。音楽で日本に元気を!まさに、JOHN LENNONが叫んだPower To The Peopleをラジオから発信します!

Playlist

Aug 12 2018

MusiacsearchReload
  • 02:04 "BLUES WITH A FEELING" NATSUKO
  • 02:20 "星屑" NATSUKO
  • 02:31 "ROCKET 88" THE JAMES COTTON BAND
  • 02:34 "SWEET MEMORIES" NATSUKO
  • 02:37 "WE WANT THE AIRWAVES" RAMONES
  • 02:43 "DON'T GO" RAMONES
  • 02:46 "7-11" RAMONES
  • 02:53 "SHE'S A SENSATION" RAMONES

Program Blog

8月17日 (金)

8/18 O.A.

『Hits Of August 1968』
1968年の8月のヒットを聴いてみようかと・・・何故68年か?大した意味はないですが、今から50年前の68年8月、アメリカでちょいとした事件が・・・イリノイ州シカゴでの民主党大会でデモ騒ぎとか反戦活動家とかで警察機動隊が出て騒乱状態に。怪我人も多数。7人の白人男性が逮捕され裁判沙汰。「シカゴ7」とか言われて興味を引きました。

<The Rumble>
ちと事情があって・・・急遽“Ramones”「Pleasant Dreams」を特集!


Recent Entry


8/11 O.A....

8/4 O.A....

7/28 O.A....

7/21 O.A....

DJ Biography

大貫憲章, Katchin'
大貫憲章
ロック評論家として40年、クラブDJとして30年、ラジオのDJとしても35年のキャリア。主に60年代イギリスものからガレージ、ロカビリー、パンク、伝統的British Rock、さらにはこの間の国内アーティスト多数とも親交を持ち、DJにもクリス・ペプラー、ジョージ・ウィリアムス、ブライアン・バートンルイス、伊藤政則、渋谷陽一ら旧知の関係。彼が主宰するロックDJイベント「LONDON NITE」同様、時代やジャンル、洋楽邦楽などの枠を超えたワープな世界観で、多数のファン、フォロワーを今なお獲得している。

Katchin'
Katchinこと片桐克巳。LONDON NITEのDJ出身で、かつてはミュージシャンとしてTOKYO SEX PISTOLSのギタリストでもあり、ブライアン・バートンルイスらとTV番組に出演した経験もある。彼もまた幅広い人的交流があり、とりわけ日本の若いミュージシャン、バンドらとコラボレーションしたり、音楽制作もこの10年継続しており、AVEX, SONYなどから作品もリリースしている。
pagetop