アーカイブ

2月27日LAZY SUNDAY

2011/02/27 / Category:Info

おはようございます!
今日は楽しみにしていた方も、そうでもない方も
東京マラソンですね!東京が一つになる日、、、とか。
僕はマラソンちょっと苦手なので完全に応援する
ほうに回ります!みんな頑張って!
さて、そんな日曜日、Lazyに!もしくはマラソンで
楽しく過ごしましょう!
P1010586
George Cockleのブログはこちら

今日のメッセージテーマは 「あなたはマゾ型?サド型?」

* 私は寒い冬に冷え切った便座に座るのが好きなマゾ型
* 私は友人の失恋話が大好物なサド型
* わざと少し遅刻してバイトの店長に怒られるのが好きなマゾ型

メッセージの宛先はlazy@interfm.jpまで。

そして、Twitterのアカウント名はInterFM_LazySunです!
フォローよろしく!

GOLD REQUEST 12:15~
今日のゴールドリクエストのテーマはフリーです!
「フリー、なんでもありです!」

*東京マラソンのお昼はこんな曲が聴きたい!
*ランチを食べる時は、こんな曲がぴったり!

などなど、 たくさんのリクエストお待ちしています!
リクエストの宛先はgold@interfm.jp

9:30~ Uncle George Talk Story

ジョージおじさんが人生経験や教訓?思った事などを語る。
変わったサンフランシスコのマラソン大会のホームページは
こちら!東京マラソンに参加している方は是非こちらも
どうぞ!

10:30~Rock’n Roll English

ある1曲をピックアップして、その曲の意味や バックグラウンド、そして使える英語を紹介!
今日は Toots & Maytalsの「54-46(That’s My Number)」
ピックアップ。

11:05~Kaido presents OCEAN CHILDREN

海にまつわるお客様をお迎えして、色々トークするコーナー。
今日は、オーストラリア、クロヌラ出身の
レジェンド・グーフィーフッター
ジム・バンクスさん登場です。

ÉCÉìÉ^Å[ÉXÉ^ÉCÉãÉWÉáÅ[ÉWÅEÉWÉÄÅEãçâzïÙìùÅEíríJ
左からジョージ、Mr.Jim Banks、Mr.Ushikoshi、Mr.Ikeya

Jim Banks
 10代だった70年代後期、ブロンズド・オージーズの一員として
コンペティション・シーンに彗星の如く登場。
1978年のCoke (コーク)Contestにおいては、自らシェイプしたボードで、パーフェクトなチューブライドをメイクし、当時世界チャンプだった
マーク・リチャーズを下すなど、黎明期だったプロ・サーフィン界を
席巻するティーンネージャーとして注目された。

 1981年にバリ島のウルワツで開催されたOM(オム)Contestに優勝。
それを機にコンペ・シーンからはリタイアした。
 その後は、パーフェクトなバレルを求め、バリ、インドネシアをはじめ
世界中の秘境をサーフするソウル・サーファーとして、サーフボード・シェイパーとして、そして現在は、ミュージシャンとしても活躍するなど、自らのサーフィン・ライフを満喫している。

Jim Banksが経営している船のサイトはこちら

11:30~Stringing Them Along
ある曲を元にあれこれとつながりを探って行くコーナー。
今日は、過去にリリースした曲をもう一度リリースしたミュージシャンとその楽曲についてピックアップします!

12:00~Old Man BBQ  
今日は「にしんのマリネ」

料理のレシピを紹介してくれるのは、
千葉県、木更津市在住、職業、自由人の高野靖英さん。
もともと飲食店のオーナーだった高野さん。
現在は、日本各地の美味しい料理を食べ歩き、
自宅で、野菜を育て、自給自足の生活を送りながら、
自宅でカレーの研究やパンなどを焼きながら
自由気ままな生活を送っていられるという方!

用意するもの

①にしん 1匹
②トマト 1/2個
③にんじん 1/2本
④にんにく 1片
⑤たまねぎ 1/2個
⑥ファンネル 5〜6本
⑦ベイリーフ 1枚
⑧ブラックペッパー 10〜15粒
⑨クローブ 7〜8粒
⑩レモンスライス 1/2個
⑪オリーブオイル 100ml
⑫酢orワインビネガー 150cc
⑬塩 適量
⑭ピチットシート 1〜2枚
以上
IMG_8299

(作り方)
1、にしんは、ウロコ取り除いてから3枚におろし、
IMG_8309

2、両面に十分塩をまぶして、ざるに乗せ、冷蔵庫の中で
IMG_8312
  この時期なら長めに60分。
  この間、にしんの身から余分な水分が出てきますので、
  ざるの下に新聞紙などを敷いておくと良いでしょう。
  この工程で、にしんの身に塩味がしみ込むとともに
  魚特有の生臭さも抜けます。

3、冷蔵庫から取り出したにしんは、流水で表面の塩を洗い
  流してキッチンペーパーで余分な水分を拭き取り、ぴちっと
  シートにくるんで、再度、冷蔵庫で2時間。
  余分な水分が抜け、にしん本来のうまみが凝縮します。
IMG_8325

4、この間、用意したトマトはみじん切り、にんじんは
  すりおろし、タマネギは2、3ミリの厚さにスライス、
  にんにくとブラックペッパーは軽くつぶしておきます。
IMG_8324

5、にしんを冷蔵庫の中で寝かせている間に、マリネ液の準備に
  かかります。つぶしたニンニクはオリーブオイルと共に鍋に
  入れ、弱火で加熱。ニンニクの香りが立ったら、すりおろし
  た人参、みじん切りのトマトを加え、蓋をして弱火で
  加熱します。
IMG_8330

6、鍋の中のトマト、人参に火が通ったところで、ベイリーフ、
  つぶしたブラックペッパーを加えて、弱火で5分加熱。
IMG_8332

7、鍋の火をとめ、塩を加えて味を整えます。塩分の量はニシンの
  身にも塩味がついていますので、ドレッシング感覚で調味します。
  少し冷めて来たところで、酢を加え、スライスしたタマネギ、
  フェンネルクローブを加えればマリネ液の出来上がり。
  容器に入れ冷蔵庫で冷まします。
IMG_8334

8、冷蔵庫から取り出したニシンは、小骨を抜いて食べやすい大きさに
  切り、
IMG_8336

9、冷めたマリネ液に漬け(30分)、スライスしたレモンをあしらえば
IMG_8343

(完成)
今が旬の「ニシンのマリネ」の完成!
この時期、マリネにしておけば4〜5日は美味しいニシンが楽しめます!
IMG_8353

Diggin’ and Let’s Eat!!!