第131回LOVE ON MUSIC

2017-10-03 / Category:Entry

大成功に終わった中津川THE SOLAR BUDOKAN2017明け一発目のゲストはGRAPEVINE・田中和将!
_MG_7941

GRAPEVINEは中津川THE SOLAR BUDOKAN2017、初日のRedemptionステージのトリを務めてくれました。
僕もこのステージ観たのですが、デビュー20周年のGRAPEVINEならではの〝歳月の収穫 ″を感じる素晴らしいステージでした。
そして、このステージでも披露してくれた通称・21世紀の金字塔!「Chain」を番組でもOA。
OA前のトークコーナーで歌詞の世界も田中さんが解説してくれました。(「Chain」は傑作ニューアルバム『ROADSIDE PROPHET』)に収録されているので、アルバムごとチェックすべし!)
_MG_8023
_MG_8055

で、セッション。
今回はタイジさんのリクエストでジミヘンVerの「ALL ALONG THE WATCHTOWER」。
本番前のリハから良い感じ。
_MG_7942

そして本番!!
アコギ2本でしたが、熱いセッションになりましたね!!!
_MG_7968
_MG_7972
_MG_8006

GARAPEVINEはニューアルバム『ROADSIDE PROPHET』を引っさげて全国ツアーを行います。
初日は10/5(木)恵比寿リキッドルーム。
そしてツアーファイナルは12/1(金)東京国際フォーラムホールA。
http://www.grapevineonline.jp/
是非!

で、最後に3人でパチリ。
_MG_8067

と、この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。
「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。
今回はHIV/エイズで亡くなったアーティストに触れました。
QUEENのフレディもそうだけど、人前に出るのが生業のアーティストですらその闘病の様子は当時、秘密でした。それだけタブーに近いものだったということです。
でも、時は流れ、HIV/エイズという病気自体への治療が進み、致死の病ではなくなりました。ただ、残念なことにその偏見を以前残っています。
そこを、音楽の力も借りて私達は打破して行きたいと思っています。
_MG_8071

そうそう、番組冒頭にタイジさんと中津川THE SOLAR BUDOKAN2017を振り返りました。
タイジさんも言っていましたが、このフェスが成長しているその様を傍らで観てきてとても嬉しいです。
でも、ここで言う〝成長″は単純に入場者数が増えたということだけではありません。(勿論、入場者数も確実に伸びていて、それはそれでスゴイことなんですけどね!)
今年はタイジさん率いるシアターブルックがステージのトリではありませんでした。それがなんだかフェスの〝成長″に感じたんです。
どういうことか?
今まではタイジさんが声高にコンセプト言い、シアターブルックがメッセージソングを歌うステージがトリじゃないと成立しないフェスでした。
でも、今年、シアターの演奏がトリじゃなくても、このフェスの主旨はきちんと来場者に伝わったと思います。それは、どのステージの出演者もスタッフもこのフェスの意味を理解し、それを伝えるために演奏したり、動いてくれているからです。
〝タイジさんの中津川THE SOLAR BUDOKAN” から〝みんなの中津川THE SOLAR BUDOKAN″へ。
そんなことを感じられたのが嬉しかったです。
そして、〝世界の中津川THE SOLAR BUDOKAN″になるその日も決して遠くない気がします。
みんなでこのフェスをもっともっと成長させて行きましょう!
お力添えください!!!
_MG_7992