第170回 LOVE ON MUSIC

2018-07-12 / Category:Entry

Love On Music、6月最終の放送は生放送でお送りしましたー♬

イェーイ!やっぱり生放送は楽しいー☺

そんな生放送のゲストは山岸竜之介さん。

_MG_6755

 

19歳なのにタイジさんが惚れるギターの腕。

本番前のリハから最高のバイブスを放つ2人。

_MG_6676

_MG_6775

 

そして本番・・・生演奏はタイジ&竜之介でジミヘン祭りでした♪

_MG_6929

_MG_6925

_MG_6913

_MG_6805

_MG_6998

 

 

TWITTERもスゲー盛り上がりましたねー。

やっぱりナマはええ~。

_MG_7028

 

トークも凄く楽しかったし!

_MG_7037

 

今年の中津川のLIFE IS GROOVEのステージは必見ですな!

_MG_7062

 

と、この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。

「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。

今回は「東京都HIV検査・相談月間」について。

ゲストに東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課エイズ相談事業担当    臼井 久美子さんをお迎えしてお話を伺いました。

_MG_6399

実は、昨年、都内では464人が新たにHIVに感染、又はエイズを発症しています。

エイズは、発症するまでに自覚症状がほとんどないことから感染に気付きにくい病気です。

気になることがあれば、ひとりで悩まず相談をうけること、早めに検査を受け、早期治療に繋がることが大変重要なのです。

そこで、 東京都では、HIV/エイズに対する理解と関心を深め、早期検査の重要性を認識していただくため、6月1日から6月30日までを「東京都HIV検査・相談月間」と定め、広く都民を対象としたエイズに関する啓発キャンペーンを実施。

東京都HIV検査・相談月間中は、都内の保健所等と連携し、他の性感染症検査を含め、通常行っている検査を拡大しました。

しかも、検査は都内の保健所又は検査室で、匿名・無料で受けることができるのです。

こうやって地道に検査を受けやすくするための努力がなされていることなどが臼井さんのお話を聴いて印象に残りました。

そして、臼井さんのお話はとてもわかり易くて、そして時々ユーモラスで、こういう方が頑張ってらっしゃるんだなぁと。

_MG_6430

 

こうした「官」でないと出来ない緻密なHIV/エイズに対する取り組みと、僕らのような民間の「自由な発想」がどんどんシンクロしていけばいいなぁと思ったのでした!

_MG_6433