NO-FO-FON TIME Playlist Jun.17 2017

2017/06/17 / Category:Entry

今週のInterFM897は「フェス!フェス!フェス!」ということで、
各番組で様々なLIVE音源をお届けしています。
番組では、関口和之プレゼンツ 妄想フェスをお届け!
「もしフェスを開催するなら」をテーマに選曲してみました。

M: Have You Seen The Saucers/Jefferson Airplane
華々しく始めていきます! 一応前座扱いなんですけど…(笑)
このバンド1組でも十分にフェスの雰囲気を作り上げれると思います!

M: Woodstock/Crosby, Stills, Nash & Young
最初は、Neil Youngのソロでもいいかなと思ったんですが、
やっぱり4人のステージが見たいなということでこの曲を選んでみました。
この曲が出てくることでこのフェスの趣旨がわかると思います。

M: In Memory of Elizabeth Reed/The Allman Brothers Band
そして、ここで大好きなAllman Brothers Bandが出てきます!
とても長い曲ですが、これは是非LIVEで聴きたいです。

M: She Came In Through The Bathroom Window/Joe Cocker
夕方、日も暮れてきて照明も入った頃…  続いてもWoodstockの登場です!
もちろん、バンマスはLeon Russell、コーラスはRita Coolidge

M: One of These Days/Pink Floyd
しっかり会場も盛り上がったところでいよいよ大トリに入ります
大トリはこの人でいきます!この曲だったら会場から「ウォ〜!」という声が聴こえそうです。

因にこの妄想フェスのタイトルは「不死身(フジミ)ロックフェス」で決まりです。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、先日の第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワードにて、
「ベスト・インターナショナル・アルバム賞」を受賞されました、
Ukulele Swing Trioのスインギー坂野さんをお迎えして、
授賞式のお話や影響を受けたウクレレアーティストの話、生演奏など盛り沢山でお届けしました!

【Ukulele Swing Trio プロフィール】
2012年に結成。ウクレレ担当のスインギー坂野さんと
ウッドベースの高畠博文さん、パーカッションの西浦慎吾さんからなる
アコースティックJazzトリオ。
2014年に1stアルバム”COMIN’ HOME”、
2016年に2ndアルバム”My Favorite Things”をリリース
そして、3rdアルバム”Sunset Breeze”が今年の4月19日にリリースされました。

M:I Will Wait For You (LIVE@InterFM897 STUDIO)/スインギー坂野(Ukulele Swing Trio)
M:Mysterious Night/Ukulele Swing Trio

Ukulele Swing Trio Official Website:http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing
Ukulele Swing Trio Live Schedule:http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing/liveschedule

【スインギー坂野 ソロコンサート】
日時:6月17日(土) 18:00〜20:00
会場:東新宿 ル トリアングル
料金:2500円(ワンドリンク付)
詳細URL:https://ameblo.jp/jbsbjbsb/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.10 2017

2017/06/10 / Category:Entry

前半は「のんびり」をテーマに選曲してみました!
6月に入りしばらくたちましたが、6月2日は「ぐうたら感謝の日」だったそうです 。
なんでもこの記念日の元は、ドラえもんのひみつ道具「日本標準カレンダー」で
のび太が勝手に6月2日を「ぐうたら感謝の日」にしてしまったのが始まりだそうです。

そんな「ぐうたら感謝の日」に肖って、本日はのほほーん選曲でお楽しみいただきました。

M: Take It Easy/Heart & Soul
2010年にリリース。まずはハワイからのんびりした雰囲気を〜

M: Relax, Take It Easy/Mika

M: Hang Loose/Alabama Shakes
2012年リリース。いい感じの骨太バンドです!(笑)
「Hang Loose」には「ゆっくり行こうよ!/気楽に行こうよ!」という意味があります。

M: Take It Easy/Hopeton Lewis
1966年リリース。元祖ロックステディ・アルバムと言われる彼らの名盤から!

M: Take It Easy/The Eagles
1972年リリース。僕らの世代でTake It Easyと言えばやはりこの曲ではないでしょうか!

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、ウクレレ奏者 高橋重人さんをお迎えしました!
ウクレレの演奏技術の高さから世界各国からも評価され、日本にとどまらず海外でもご活躍されてます!

【プロフィール】
岡山県出身。
中学時代にTVでみた高木ブーのコント「雷様」 その美しい音色の雷に打たれウクレレを開始。
高校〜大学時代はヘビーメタルにのめり込むが卒業と同時にウクレレを再開。
大手製造企業で仕事をする傍ら、 森拓治にウクレレと音楽を
学び灰田晴彦から続くハワイ伝統のピッキングソロを継承。
アメリカ、カナダ、スウェーデン、韓国、タイ、オーストラリアといった
東西のウクレレフェスティバルに出演し、同時にワークショップを行う。
またジェームスヒルのウクレレ先生向けワークショップにも参加し、
各国の先生達と交流を深めるとともに西洋のレッスン、教授法についても研究されています。

M:Stars And Stripes Forever/高橋重人
M:Hilo March (LIVE@InterFM STUDIO)/高橋重人
M:Clair de Lune/高橋重人

高橋重人 Official Site:http://www.takahashishigeto.com
高橋重人 ウクレレ教室:http://ukuleleschool.net/ukulelelesson/

【小さいけれど偉大なウクレレ  ―レクチャーコンサート】
日時:7月14日(金) 19:00〜20:30
会場:自由学園明日館
詳細URL:http://www.second-academy.com/lecture/JIY10885.html

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.3 2017

2017/06/03 / Category:Entry

前半は、、、
先日発表された、
【第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード2017】を振り返っていきました!
この番組にもゲストでいらっしゃった 山口岩男さん Kyasさんも
ベスト・インターナショナル・アルバム部門にノミネート!ファイナリストとして出席。
式典では、Jake Shimabukuroの以前組んでいた伝説のバンド「Pure heart」が再結成、
John Cruzが妹と出演するなど、普段は見られないコラボが盛り沢山のステージでした!

M: Hanohano Ha`iku/Keauhou
Album of the Year、Song of the Yearなど、なんと9部門の賞を独占しました!

M: Pua Kiele/Josh Tatofi
最優秀男性ボーカリストを受賞!
2011年にソロデビュー、今回初受賞となりました!

M: The Good Old Ho`omalimali E/Raiatea Helm
最優秀女性ボーカリストを受賞!可愛い歌声が特徴です!

M: Honeysuckle Rose/Ledward Kaapana
16年リリースのアルバム<jus press volume 2>が、ウクレレアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞!

M: The Days of Wine and Roses/Ukulele Swing Trio
16年リリースのアルバム<My Favorite Things>が、ベスト・インターナショナル・アルバム賞!

詳しくはこちらで!

第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード2017:http://na-hoku.jp

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は73年リリース、The Three Degreesの「The Three Degrees(邦題:天使のささやき)」をOA!
ヒット曲をたくさん出している彼女たちですが、メンバーは入れ替わりが激しく、
述べ15人ほど入れ替わっているそうです。中心メンバーは<Fayette Pinkney>でした。

M:When I will see you again/The Three Degrees

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ヴォードビリアンでシンガーソングライターの<BARONさん>をお迎えして、
6月4日に発売、バロンと世界一周楽団の3rd アルバム「sauce & shoyu」についてのお話、
影響を受けたアーティストの話、そして生演奏とたっぷりとお届けしました!

【プロフィール】
ウクレレにダービーハット、タップシューズに湯たんぽドラム、
東京を中心に全国各地ときには海外でも活動中。
ヴォードヴィル(演芸)の本来の意味はフランス語でvoix de ville/町の声。
1900年代初頭から欧米で始まり日本でも大流行した風刺歌付き演芸ショー芸人たちの魂を受け継ぎ、
ルーツミュージックの調べにのせて現在(いま)を唄い弾き踊る。
2014年夏カナダ・モントリオール「Voix de Ville」(優勝)
2015年6月カナダ・モントリール フリンジフェスティバル 最優秀振り付け賞ノミネート。
世界一周楽団、Baron&Jordon、Casino Folliesでも活動中。
ボーイズバラエティー協会にも所属をしている。

M:Juban (LIVE@InterFM STUDIO)/BARON
M:sauce & shoyu/バロンと世界一周楽団

<世界一周楽団3rdアルバム「Sauce&Shoyu」リリース記念ライブ>
日時:6月4日(日) 昼公演 開場13:30/14:30 夜公演 開場18:30/19:30
会場:吉祥寺 MANDA-LA2
URL:http://www.aroundtheworldorchestra.com/schedule.html

BARON Official Site:http://www.baronbaronbaron.com/blog/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.27 2017

2017/05/27 / Category:Entry

前半は、「Slow」をテーマに選曲!
関口さんは、子どもの頃に母親から「スローモーね〜」と言われたことがあるそう、、、笑
今日ものほほ〜んと極上の選曲をお楽しみください!

M: Slow motion/Blondie
79年リリースの楽曲。ちなみに「スローモー」は英語ではなく、日本で生まれた造語だそうです。

M: Walking Slow/Jackson Browne
74年リリースの楽曲。「Late for the Sky」というアルバムに収録されています。

M: Slow Hand/The Pointer Sisters
Pointer SistersのSlow Handはセクシャルな歌詞でとても刺激的です。

M: Slow Dancer/Boz Scaggs
74年リリースの楽曲。「Slow Dancer」というアルバムに収録されています。

M: Slow/Rumer
10年リリースの楽曲。「Seasons Of My Soul」というアルバムに収録されています。

落語家、立川談志さんの言葉「上品とは欲望に対する動作のスローモーなやつのことを言う」
なんだか含蓄の深い言葉だな〜と。色々と考えさせられます。by関口和之

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は88年リリース、Traveling Wilburysの「Volume One」の中からOA!
先週は「The Cuff Links」というアルバムを紹介しましたが、今回は覆面バンドです。
正体は明かさないというのが覆面バンドですが、バレバレという、、、笑
しかもそのメンバーが豪華なんです。
George Harrison(元Beatles)、Jeff Lynne’s(ELO)、
Bob Dylan、Tom Petty、Roy Orbisonという豪華メンバー。
所属事務所も違うことから、設定はWilburyという姓の兄弟設定で活動していたそうです。

M:Handle With Care/Traveling Wilburys
M:Congratulations/Traveling Wilburys

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
高知在住のウクレレ&ギタープレイヤー、Kyasさんをお迎えしました!
Kyasといえば、第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワードに
アルバム「夕暮れカーニバル」がノミネートされましたが、今回は残念ながら、、、、
素晴らしい生演奏も届けていただきました。

【プロフィール】
2003年 YAMAHA PMSギター講師のライセンスを取得し、楽器堂OPUSにて音楽教室の講師を始める。
2007年 KIWAYA主催の「第4回ジ・ウクレレコンテスト」の全国大会に出場し、テクニック賞を受賞。
2010年7月 UKULELE FESTIVAL HAWAIIに日本人代表として出演。
ジェームスヒル・ブライアントレンティーノ・ハーブオータらと共演。
2010年9月 ジェイクシマブクロ「I ♡UKULELE 2010」ツアーにてサポートアクトに選ばれ共演。
2011年3月 ウクレレブームが巻き起こっているタイで催されたThailand Ukulele Festival に出演。
2012年2月に同イベントに連続出演を果たします。

2017-05-19 10.56.53

M:Kailua Sunset(LIVE@InterFM STUDIO)/Kyas
M:Over the rainbow/Kyas

Kyas facebook:https://www.facebook.com/KYAS.Ryo/
第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード:http://www.nahokuhanohano.org

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.20 2017

2017/05/20 / Category:Entry

前半は、「遠距離恋愛」をテーマに選曲してみました!
この春、遠距離恋愛になってしまったカップルもいるのでは?
そんなカップルに捧げます。末永くお幸せに☆

M: Distance And Time/Alicia Keys
2009年リリース。すべての遠距離恋愛の恋人たちに捧げます、、、

M: Long Distance/Brandy
2008年リリース。アルバム「Human」に収録

M: Long Distance Love/Little Feat
1975年リリース。大好きなLittle Feat「The Last Record Album」から

M: Miles Away/Madonna
2008年リリース。会えない時間が愛を育てるのか? 遠距離恋愛の永遠のテーマです

M: Hey There Delilah/Plain White T’s
2007年リリース。全米シングルチャート1位を取った代表曲です

遠距離恋愛、、、メールやSNS、FACETIMEなどのツールも増えてきて、
昔ほど距離を感じなくなってきているかもしれませんね、、、

 

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は1969年リリース、The Cuff Linksの「Tracy」の中からOA!
ジャケットはアイドル?と思うぐらいの可愛い女の子が印象的です。
なぜそのようなジャケットかというとバンドの正体が覆面バンドだったからだそうです。

M:Tracy/The Cuff Links
作詞作曲はアメリカンポップスのソングライティングチーム、
Paul Vance、Lee Pockriss

M:Early In The Morning/The Cuff Links
ヴォーカルはアメリカを代表するセッションヴォーカリスト、Ron Dante
わずか数日のヴォーカル録りで完成されたアルバムだそうです

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストに元ROCKING TIMEのヴォーカル、現在はソロ活動をされている、
今野英明さんをお迎えし、ウクレレを始めらたきっかけ、
今野さんが考えるウクレレの魅力などたっぷりと伺いました!

【プロフィール】
2002年、ROCKING TIMEのヴォーカルとしてライブ活動を行い、 数枚のシングル、アルバム等を発表。
2005年、ウクレレアルバム「UKE!TIME」、初のソロアルバム「息を吸いこんで」を発表。
HOME GROWN、ハナレグミなどの多くの作品に参加。
最近では、ハナレグミ『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』で
ROCKING TIMEの「ありふれた言葉」がカバーされ、本人もゲスト参加している。
2006年、バンド「今野英明と東京ランデブー」を結成。

2017-05-12 00.10.59

M:ありふれた言葉 (LIVE@InterFM STUDIO)/今野英明
今野さんのオリジナル曲、ROCKING TIME時代の曲

M:やさしさに包まれたなら/今野英明
2009年リリース、「GOLDEN MELODY」に収録

今野英明 & Walking Rhythm:http://essence-inc.jp/RtKongchang/index.html
今野英明 Twitter:https://twitter.com/rtkongchang

【ラストナンバー】

M:フニクリ フニクラ(May.)/関口和之 Feat. ウクレレカフェカルテット

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.13 2017

2017/05/13 / Category:Entry

今週の前半は、「春は曙」枕草子 第一段 清少納言、、、
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、
山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」

春の夜明けは良い、、、そんな「春は曙」枕草子に肖って、
今週は「Dawn(夜明け)」をテーマに選曲しました!

M: Dawn (Go Away)/Four Seasons
まさに夜明けに聞きたい1曲、、、

M: Early in the morning/Cliff Richard
元々はイギリスのグループ Vanity Fareの大ヒット曲、
それをCliff Richardがカヴァー。来日記念盤シングルとして日本でリリースしています。

M: The Morning Fog/Kate Bush
35年ぶりに行ったライブの音源を収めた、
ライブアルバム『Before The Dawn』を去年リリース! 話題となりました!

M: Wednesday Morning 3 A.M./Simon & Garfunkel
朝と夜の境目ってなかなか分かりづらいけど、この曲では午前3時は朝?

M: I Love You Dawn/Crowded House
オーストラリア出身のバンドで、
86年にリリースした「Don’t Dream It’s Over」が大ヒット!
この曲をきっかけに世界中に知られました。

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は77年リリース、Bruce Johnstonの「Going Public」の中からOA!
以前に、Beach Boysの「Surf’s Up」、カヴァーしたArt Garfunkelのヴァージョンもかけましたが、
オリジナルのBruce Johnstonも聞きたい!ということで見つけてきました!

M:Disney Girls/Bruce Johnston

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストにギタリスト、ウクレレ奏者でもある、山口岩男さんをお迎えしました!

昨年3月には、初のハワイアンスラックキー・ギターアルバム「Slow Music」をリリース、
そして、そのアルバムが今年のナ・ホク・ハノハノ・アワード、
インターナショナルアルバム部門にノミネート!
アルバム制作のお話、ノミネートの際に起こったハプニング談など、
たっぷりと伺いました。

2017-05-12 00.10.53

M:Ku’u Lei Awapuhi (LIVE@InterFM STUDIO)/ IWAO yamaguchi

M:赤いスイートピー(Red Sweet Pea) / IWAO yamaguchi

山口岩男/IWAO Yamaguchi OFFICIAL WEB:http://iwao-breeze.com

ナホクハノハノアワード 2017は、
5月20日、ハワイ・コンベンション・センターで開催されます!
OFFICIAL WEB:http://www.nahokuhanohano.org

 

 

【ラストナンバー】
M:カーマは気まぐれ / 関口和之 Feat. 分山貴美子
M:ほのか /関口和之 & 田村玄一

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.6 2017

2017/05/06 / Category:Entry

ゴールデンウィークも終盤ですが、
皆さん5月4日の「みどりの日」って何の祝日だかわかりますか?
子どもだったら、「何の祝日なんだろう〜」と疑問に持つかもしれません。

今週の前半は、そんな「緑」の日に因んで、「緑(グリーン)」をテーマに選曲してみました!
ちなみに5月4日の緑の日は、、、
「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としているそうです

M: Green Tambourine/Lemon Pipers
68年リリース「Green Tambourine」に収録。Popな曲で大ヒットしました、、、

M: Leaves That Are Green/Simon & Garfunkel
66年リリース「Sounds of Silence」に収録。

M: Little Green/Joni Mitchell
71年リリース「Blue」に収録。曲に登場する少女の名前が「Green」ちゃん、、、

M: Green Earrings/Steely Dan
76年リリース「The Royal Scam(幻想の摩天楼)」に収録。

M: Green Aphrodisiac/Corinne Bailey Rae
16年リリース「The Heart Speaks in Whispers」に収録。「緑色の媚薬」という意味だそうです、、、

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は80年リリース、Utopiaの「Deface The Music」から2曲OA!
ジャケット見ると、Beatlesの「With the Beatles」にどことなく似ている、、、
そして曲からもBeatles 愛が伝わってきます、、、

M:I Just Want To Touch You/Utopia

M:All Smiles/Utopia

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストにシンガーでウニキ・クム・フラでもある、Sandii(サンディー)さんをお迎えして、
関口さんとの出会いのお話、スタジオ生演奏、
Sandiiさんの提案するハワイ化計画のお話などたっぷりと伺いました。

【Sandii プロフィール】
1976年 世界歌謡祭で最優秀歌唱賞を受賞し、シンガーとしてのキャリアをスタート。
1980年 YMOの細野晴臣プロデュースのアルバムを日英でリリース。
1990年 シンガポールのディック・リーのプロデュース・アルバム『マーシー』をリリース。
戦前の歌謡曲からハワイアン、アジアやブラジルの音楽を前向きに吸収し解釈した独自のスタイルは、当時、日本で巻き起こったワールドミュージック・ブームの先駆者となります。
1996年からは、自らのバックグランドであるハワイ音楽のアルバム制作も続け、
自身のフラスタジオを設立し、現在800名の門下生を育成。
2005年には数々の修行が認められ、フラ・カルチャーを伝導する最高位である
「ウニキ・クム・フラ」の称号をハワイの先人達から授かります。

2017-04-28 22.12.08

M:Akaka Falls (LIVE@InterFM STUDIO)/関口和之&Sandii

関口さんが大好きなハワイアンソング「Akaka Falls」を関口さんとセッション、、、

M:Waikiki/Sandii
4月26日にリリース「ISLAND CAFE meets Sandii The Hula」の6曲目に収録、、、

SANDII Official Website:http://sandii.info

4月26日にリリース「ISLAND CAFE meets Sandii The Hula」

http://sandii.info/discography/islandcafe/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Apr.29 2017

2017/04/29 / Category:Entry

前半は先週に引き続き、世界音旅 part2! ということで
関口和之がハワイアンの名曲・名演を島別にセレクトしてみました!
音楽で巡るハワイの島々をお楽しみください!

M: Waikiki/George Helm (fromオアフ島)
まずはホノルル空港に降り立ちます!、、、

M: Lahaina Luna/Connie Francis (fromマウイ島)
かつて、ハナ・マウイにはGeorge Harrisonの別荘がありました、、、

M: Poli’ahu/Teresa Bright (fromビッグ・アイランド(ハワイ島))

M: Nani Hanalei/Raiatea Helm (fromカウアイ島)
昔のハワイの風景が残る素朴な島、カウアイ島、、、

M: Wahine ‘Ilikea/Sons of Hawaii  (fromモロカイ島)
ハワイ諸島の穴場! 自然豊かなモロカイ島、、、

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー! 今週は拡大版!
実は関口さんと先輩後輩関係?! プロレス実況でおなじみのアナウンサーの清野茂樹さんをお迎えしました!

清野茂樹さんはプロレス世界3大メジャー団体を実況する、唯一のアナウンサー。
2015年にはプロレス、WWE,UFCという世界3大メジャー団体の実況を史上初めて達成。
プロレス以外にも何でも実況してしまう「特殊実況」を得意とします。
今回はレコード業界でも稀な、プロレスレコードコレクターとしてお越しいただきました!

M:Sky High/Jigsaw
1977年、ミル・マスカラスという覆面レスラーの入場テーマ曲として使用されました。
これをきっかけに一気に入場テーマ曲のブームが広がります。

M:ギャラクシー・エキスプレス/国吉 良一
NWA (National Wrestling Alliance) 世界ヘビー級チャンピオンの入場テーマ。

M:Champion/J.J.Stanley & his Band
入場曲として使われなかった曲もセレクト!笑
ジャイアント馬場の入場テーマとして発売されたものの、馬場さんのイメージと合わず使われませんでした。

M:旅姿六人衆/サザンオールスターズ
最後に、テレビ中継で使われた曲をセレクト。
1988年8月8日 横浜文化体育館で行われた、アントニオ猪木VS藤波辰爾 の試合。
その時のエンディングテーマで使用されたのが、サザンの「旅姿六人衆」でした。
長いプロレス中継の中でたった1度だけ使われたという、プロレスファンの中では伝説的な曲になっています。

2017-04-28 16.52.55

清野茂樹 オフィシャルウェブサイト:http://kiyonoshigeki.com

3月24日発売 著書 [1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館]
http://rittorsha.jp/items/16317410.html

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Apr.22 2017

2017/04/22 / Category:Entry

今週のInterFM897 では「世界音旅」ということで各番組 音楽で旅をしています!
NO FO FON TIMEでは、番組でおなじみのアーティストからハワイでの印象深い旅の
エピソードや旅先に出会った曲のエピソードなど伺っています!

名渡山遼

雨期の時期にハワイに訪れた時に、雨がパラパラ降って来たにもかかわらず、

誰も傘さす人がいませんでした、、、なんでだろう?と思っているうちに

あっというまに、雨がやんで、空には大きな虹がかかっていて、、、、

そんなハワイの気候に心を奪われたのを覚えてます。

そんなエピソードをもとに、曲も作りました。

M: Rainbow Colored Raindrops On A Leaf/名渡山遼

ハワイで両親が車の中で聴いていたHAPAのLei Pikakeが旅先で出会った印象的な曲
 次回のアルバムは「ハワイ」をテーマに制作します。
楽しみにしててください!

M: Lei Pikake/Hapa

Def Tech
M: Journey/Def Tech

ハワイで出会った印象深い曲は
 ShenHAPAのレイピカケが鳥肌もの、、、、、
Microは ハワイのラジオで凄くかかっていて出会ったIration 
マウイ出身のバンドのReelin という曲

M: Reelin/Iration

Shen のハワイのベストロケーションはカイルアのピルボックストレイル!
Microは タンタラスの丘のサンセットタイム の夜景、、、
ただここで女性を口説けた事はないそうです(笑)

キヨサク(MONGOL800)
M: 弥勒世果報 (みるくゆがふ)/うないぐみ+坂本龍一

とにかくハワイはでかい!そして、自分もドンドンハワイ化していって、
現地の人からも日本人と思われなくなっています。そのせいか、居心地はいいです!
ハワイで出会った曲ですが、前回ハワイに行っ時に偶然であってしまった沖縄のアーティストが、古謝美佐子率いる、「うないぐみ」たまたまハワイでライブがあって、ハワイで聴けた古謝さんの歌、それを聴いてる日系のおじいちゃん、おばあちゃんや小さい子供達が沢山集まっていました、、、、その光景にすごく感動して、1曲目から古謝さん泣いてました、、、、お客さんも泣いてるし、、、、素晴らしいものを見せてもらいました。

M: Brand new morning/MONGOL800

ハワイでのベストロケーションは、本当は教えたくないのですが帽子屋さんです。
ロイヤル・ハワイアン・ホテル中庭に面した一画にある、パナマ帽専門店の『ニュート』
ハワイにいった際はここで必ずパナマハットをひとつ買います。かなり高価ですが。
これが僕のハワイでの唯一の贅沢です。

関口和之
M: Nightbird/Kalapana

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
4月26日に「ネブラスカレコード~It’s a beautiful day~」をリリースした、
斎藤誠さんをゲストにお迎えしました!

2017-04-12 12.17.04

M:初恋天国/斎藤誠
M:夕陽の交差点/斎藤誠

斎藤誠ホームページ:http://www1.odn.ne.jp/cah32600/

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Apr.15 2017

2017/04/15 / Category:Entry

前半は<Shoes>をテーマにお届けしました。
新生活、靴を買い換えた方もいるのでは…?

M: Old Brown Shoes/The Beatles
M: Sand In My Shoes/The Drifters
M: Diamonds On The Soles Of Her Shoes/Paul Simon
M: Shoes without heels/Elvis Costello
M: Blue Suede Shoes (Live Peace In Toronto 1969)/The Plastic Ono Band

 

【NO-FO-FON TIME TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
本日は89年にリリース、XTC<Oranges & Lemons>の中からOA!

2017-04-12 10.48.23

M:The Mayor of Simpleton/XTC

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
3月3日にこの世を去った、ウクレレのレジェンド Lyle Ritz の特集を
2010年の2月に開催されたUkulele Legend in ConcertのLIVE音源も交えながらお届けしました!

M:Don’t Get Around Much Anymore (LIVE@Ukulele Legend in Concert)/Lyle Ritz
M:Leis of Jazz/Lyle Ritz
M:Lulu’s Back In Town/Ohta-San (Herb Ohta) & Lyle Ritz
M:Bb Blues in G (LIVE@Ukulele Legend in Concert)/Lyle Ritz
M:Little Girl Blue/Lyle Ritz

 

【ラストナンバー】
M:TAHITI/関口和之 Feat. キヨサク

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

pagetop