NO-FO-FON TIME Playlist Sep.16 2017

2017/09/16 / Category:Entry

今週の前半は、
9月19日が「苗字の日」ということで、
ラストネームが入っている曲を集めてみました。

M: Mrs. Robinson/Simon & Garfunkel
67年に公開された「The Graduate(卒業) 」という映画のサウンドトラックに収録。

M: Mrs. Brown You’ve Got A Lovely Daughter/Herman’s Hermits
65年リリース。邦題はミセス・ブラウンのお嬢さん。
「Herman’s Hermits」というアルバムに収録。

M: Me And Mrs Jones/Billy Paul
72年リリース。「360 Degrees of Billy Paul」というアルバムに収録。

M: John Wesley Harding/Bob Dylan
67年リリース。「John Wesley Harding」というアルバムに収録。

M: Rocky Raccoon/The Beatles
68年リリース。「The Beatles (White Album)」というアルバムに収録。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
本日は、山下達郎の<Groovin’>をOA! この曲は、The Rascalsのカヴァーで、
79年公開「限りなく透明に近いブルー」のサウンドトラックに収録されています。

M:Groovin’/山下達郎

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、先月8月26日に
ソロ8枚目となるアルバム「Do You?」をリリースされた 勝誠二さんをゲストのお迎え!
アルバム制作にまつわるお話や、生演奏などたっぷりとお届けしました。

M:どんぐりころころ/勝誠二
M:うみ (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/勝誠二
M:おもちゃのマーチ/勝誠二

勝誠二オフィシャルウェブサイト:http://katz-seiji.com
NEWアルバム「Do You?」:http://katz-seiji.com/discography

〜勝誠二 スケジュール〜
elli+katz+nory14周年記念コンサート
elli+katz+noryのウクレレ<10>オクトーバー
会場:大阪 南堀江 ライカ・ホール(5th Street 3F)
日時:2017年10月9日(月・祝)
時間:13:00 OPEN / 14:00 START
料金:前売り 4000円+1drink〜 / 当日 4500円+1drink〜

 

【ラストナンバー】
M:若い広場/桑田佳祐
絶賛発売中! NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Sep.9 2017

2017/09/09 / Category:Entry

今週のNO FO FON TIMEはSpecial Version!
ウクレレ界のレジェンドOhta sanをゲストにお迎え!
レアな音源をかけながらじっくりと貴重なお話を伺っていき、
後半では生演奏もお届けしました!

<Ohta-san プロフィール>
独自の奏法で“ソロ楽器としてのウクレレ”を確立した世界一のウクレレ・プレイヤー。
1934年10月21日ホノルル生まれの日系二世。
世界中のファンから“Ohta-san”の愛称で親しまれている。
小さい頃からウクレレ奏法に興味を持ち、ペリー・バトキンSrやEddie Kamae等、
たくさんの先人の演奏を取り入れた上で、オータサン・スタイルと呼ばれる独自のスタイルを構築。
特にエディ・カマエには直接師事していろいろなテクニックを学んだが、
あまりにも理解が早くすぐに「免許皆伝」になったエピソードは有名です。
朝鮮戦争の終結も近づいた1953年に米海兵隊に徴兵、志願して士官付きの通訳となり、
戦争終結後の63年まで日本と韓国の基地で勤務を続けた。
この時期にエディ・カマエの紹介で灰田有紀彦(晴彦)と知り合い、
その縁で日本ビクターからデビュー・アルバムを発売、プロとしての活動をスタートした。
帰国後、ハワイ大学のBarbara Smith教授に音楽理論を師事。
1964年にレコーディングした灰田勝彦のカヴァー「SUSHI(鈴懸の径)」がヒットし、
本格的なプロ・デビューを飾る。 1974年、Andre Poppから
贈られた名曲「SONG FOR ANNA」がインターナショナル・ヒットとなり、
600万枚を突破。以後、日本にも度々来日し活躍を続けています。

 

M: Ebb Tide/Ohta San (Herb Ohta)
67年リリース。「Ukulele Isle」というアルバムに収録。

M: E Ku’u Morning Dew/Ohta San (Herb Ohta)
77年リリース。「Hawaiian Mood」というアルバムに収録。

M: Malaguena/Ohta San (Herb Ohta)
76年リリース。「The Many Moods of Ohta-San」というアルバムに収録。

M: Sushi/Ohta San (Herb Ohta)
65年リリース。「The Cool Touch Of Ohta San」というアルバムに収録。Ohta Sanの代表曲です。

M: Song For Anna/Ohta San (Herb Ohta)
73リリース。「Song For Anna」というアルバムに収録。こちらもOhta Sanの代表曲です。

M: Body Surfin/Ohta San (Herb Ohta)
86年リリース。「Body Surfing」というアルバムに収録。

M: Hawaii (InterFM897 STUDIO)/Ohta San (Herb Ohta)
M: Waiting For You (InterFM897 STUDIO)/Ohta San (Herb Ohta)
貴重な生演奏を2曲もして頂きました!

M: Where is My love Tonight/Ohta San (Herb Ohta)
93年リリース。「Where Is My Love Tonight」というアルバムに収録。

〜Ohta San Information〜
Ohta-san Victor Entertainment Site
URL:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A011170.html

Ohta-san (Herbert Ichiro Ohta) Facebook
URL:https://ja-jp.facebook.com/Herbert-Ichiro-Ohta-161291667315432/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで!

NO-FO-FON TIME Playlist Sep.2 2017

2017/09/02 / Category:Entry

今週の前半は、「夏のおわりに聴く Burt Bacharach」をテーマに選曲しました。

M:I say a little prayer/Dionne warwick
67年リリース。Bacharachファミリーの中でも
Bacharachの曲を多く出したアーティスト1人かもしれません。

M:The Look of Love/Dusty Springfield
邦題は「恋の面影」。
1967年リリース。アルバム「The Look Of Love」に収録。

M:This Guy’s In Love With You/Herb Alpert
1968年リリース。この年の大ヒット曲となりました。
アルバム「This Guy’s In Love With You」に収録。

M:What The World Needs Now Is Love/Rumer
2016年リリース。アルバム「This Girl’s In Love (A Bacharach & David Songbook)」に収録。

M:I Still Have That Other Girl/Elvis Costello & Burt Bacharach
1998年リリース。「Painted from Memory」に収録。
Costello とBacharachの共作アルバムです。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、名曲「バラが咲いた」でも知られる、
歌手、俳優のマイク眞木さんをゲストにお迎えしました。
「バラが咲いた」ハワイ語版のレコーディング秘話や
8月11日にリリースされた約2年ぶりのアルバム
「Hi-Res Hawaiian ~I’ll Remember You~」についてのお話、
そして生演奏もして頂きました!

M:Bara Ga Saita -Pua Lokelani E- ~バラが咲いた~/マイク眞木
M:私はHULA GIRL/マイク眞木
M:I’ll See You In My Dreams (InterFM897 STUDIO)/マイク眞木

【Newアルバム「Hi-Res Hawaiian~ I’ll Remember You~」】
URL:http://mikemaki.net/topics/?p=384

【マイク眞木 「バラが咲いた」ハワイ語版】
Bara Ga Saita -Pua Lokelani E- ~バラが咲いた~
お問い合わせ先:http://mikemaki.net/topics/?p=293

マイク眞木 HP:http://mikemaki.net
マイク眞木 facebook:https://www.facebook.com/mikemakiofficial

【ラストナンバー】

M:オアシスと果樹園/桑田佳祐
桑田佳祐 NEWアルバム「がらくた」絶賛発売中!

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで!

NO-FO-FON TIME Playlist Aug.26 2017

2017/08/26 / Category:Entry

今週の前半は、「自由」をテーマに選曲しました。
自由な夏休みももう終わり…

M: Me & Bobby McGee/Janis Joplin
71年リリースの「パール」というアルバムに収録。Janisの遺作となりました。

M: Free Man In Paris/Joni Mitchell
74年リリースの「Court and Spark」というアルバムに収録。

M: Set Me Free/The Kinks
65年リリース。Kinks 初期のヒット曲です。「Kinks Kinkdom」というアルバムに収録。

M: If You Love Somebody Set Them Free/Sting
85年リリース。「ブルー・タートルの夢(The Dream of the Blue Turtles)」に収録。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は65年リリース、Gary Lewis & the Playboysの「This Diamond Ring」
オリジナルは「This Diamond Ring」のみで、その他は64年のヒット曲をカヴァーしています。
アレンジはLeon Russell。今回はKinksのカヴァーをOA!

M:All Day And All Of The Night/Gary Lewis & the Playboys

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、ゲストにギタリストで
音楽プロデューサーの野村義男さんをお迎え!
ギターマニアとしても有名な野村さん、自宅にあるギターコレクションのお話や
ご自身が製作したウスレレのお話、スタジオ生演奏などもして頂きました!

M:雨に濡れても (LIVE@InterFM897 STUDIO)/野村義男
M:ハワイが来るよ/三野姫

野村義男オフィシャルHP:http://www.pegmania.com

ON&OFF LIVE TOUR 2017 アコギでぶらり二人旅〜いくぜ全国!其の弐!!〜
出演:ON&OFF(曾我泰久 野村義男)
-日程-
■2017年10月6日(金)大阪 梅田バナナホール 開場18:30 開演19:00
■2017年10月7日(土)名古屋 ボトムライン 開場17:00 開演17:30
■2017年10月9日(月・祝) Heaven’s Rock宇都宮 VJ-2 開場16:30 開演17:00
■2017年10月15日(日)岐阜club-G 開場16:30 開演17:00
■2017年10月17日(火)東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 開場18:30 開演19:00
■2017年10月20日(金)横浜 O-SITE 開場18:30 開演19:00
■2017年10月22日(日)札幌BFHホール 開場16:30 開演17:00
■2017年10月28日(土)新潟Gioia Mia 開場17:00 開演17:30

 

【ラストナンバー】
M:オアシスと果樹園/桑田佳祐
絶賛発売中! 桑田佳祐 NEWアルバム「がらくた」からの1曲。

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで!

NO-FO-FON TIME Playlist Aug.19 2017

2017/08/19 / Category:Entry

今週の前半は、「Home」をテーマに選曲しました。
お盆休みの時期、帰省した方も多いのでは?

M: Homeward Bound/Simon & Garfunkel
66年リリース。Paul Simonが当時ロンドンに住んでいた恋人に向けて書いた楽曲。

M: My Home Town/Paul Anka
60年リリース。「My Home Town」に収録。

M: My Hometown/Bruce Springsteen
84年リリース。「Born in the U.S.A.」というアルバムに収録。

M: That’s My Home/Levon Helm & The RCO All-Stars
77年リリース。歌うドラマー<Levon Helm>が中心となって結成されたバンド。
人を泣かせる唯一のドラマーとも言われています。

M: Home Again/Carole King
71年リリース。「Tapestry」というアルバムに収録。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は71年リリース、Serge Gainsbourgの
「メロディ・ネルソンの物語(Histoire De Melody Nelson)」中から2曲OA!
このアルバムは、コンセプトアルバムとなっています。
歌詞の内容は、中年男性とメロディ・ネルソンという少女が
愛し合うが、最後にはメロディが乗った飛行機が墜落してしまい、
男はメロディに思いを馳せるというストーリー。

M: Melody/Serge Gainsbourg
M: Ballade De Melody Nelson/Serge Gainsbourg

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、テレビ番組「テラスハウス」でもおなじみ。
ギタリスト&ウクレレ演奏、シンガーソングライター、俳優のEden Kaiさんをゲストにお迎え!
ウクレレを始めたきっかけのお話や「テラスハウス」の裏話、
そして生演奏などたっぷりとお届けしました!

〜Eden Kai プロフィール〜
2015年4月ハワイの各高校の代表が出場するタレント・ショー
「ブラウン・バックス・スターダム2015」大会で優勝した後、
ギター・ソロ・デビュー・アルバム“Touch the Sky”をリリースされ、
このアルバムが 39th Na Hoku Hanohano Awards 2016 の
「 Instrumental Album of the Year」の最終選考の作品となる。

M:モノガタリ (Monogatari)/Eden Kai
「テラスハウス」出演中に作られた楽曲。

M:Late Night Shanty (LIVE@InterFM897 STUDIO)/Eden Kai

Eden Kai HP:https://edenkai.com

〜6月21日発売 日本デビューアルバム「Music For You」〜
URL:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A025719/VICP-65449.html

 

【ラストナンバー】
M:オアシスと果樹園/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで!

来週のゲストは、よっちゃんこと、野村義男さんがゲストに登場!
貴重なウクレレ生演奏も披露して頂きます。 お楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Aug.12 2017

2017/08/12 / Category:Entry

今週の前半は、「Dance」をテーマに選曲しました。

M: Do You Want To Dance/Bette Midler
72年リリース。邦題は「踊ろよベイビー」
オリジナルはBobby Freemanが58年に発表した楽曲。

M: Will You Dance?/Janis Ian
77年リリース。ドラマ『岸辺のアルバム』の主題歌にもなりました。

M: Dance With Me/Orleans
75年リリース。アルバム「Let There Be Music」に収録。

M: Don’t Stop The Dance/Bryan Ferry
85年リリース。アルバム「Boys and Girls」に収録。

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は85年リリース、荒井由実の「Yuming Summer Song Book」の中から2曲OA!

M: 何もきかないで/荒井由実

M: 晩夏(ひとりの季節)/荒井由実
昨年共演した、野外イベントでもこの曲を歌って頂きました。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、ハワイ島ヒロ出身の
新進ウクレレ・プレイヤーのKris Fuchigamiさんをゲストにお迎え。
ウクレレを始めたきっかけのお話やNewアルバム「More Than This」のお話、
そして生演奏などたっぷりとお届けしました!

〜Kris Fuchigami〜
1990年6月5日生まれ、ハワイ島在住。
13歳からウクレレを始める。
15歳の時にハマクア・ミュージックフェスティバルの
音楽奨学金コンペティションにて最優秀賞を
ウクレレを始めてから僅か2年足らずで受賞。
これまでにJake Shimabukuro、Mark Yamanaka、Daniel Ho、
Brittni Paiva、Yozaその他多くのアーティストと演奏経験あり。
今後が大変期待されるウクレレアーティストの一人。

M:Can’t Take My Eyes Off You (LIVE@InterFM897 STUDIO)/Kris Fuchigami
M:More Than This/Kris Fuchigami

Kris Fuchigami オフィシャルサイト

 

【ラストナンバー】
M:オアシスと果樹園/桑田佳祐
8月23日発売、NEW ALBUM「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist Aug.5 2017

2017/08/05 / Category:Entry

今週の前半は、
夏は冷たい「果物」が美味しい!ということで、果物をテーマに選曲。

M: Strawberry Fields Forever/Tomorrow
67年にリリースの楽曲。オリジナルはThe Beatles
初期のXTCやPink Floyd好きの人なら気にいるかも?!

M: Watermelon Man/Mongo Santamaria
オリジナルはHerbie Hancock。
数々のアーティストによってカヴァーされている曲です。

M: Pineapple Special/Herb Ohta
OHTA-SANのレアなアナログ盤からのOA!

M: Grapefruit-Juicy Fruit/Jimmy Buffett
73年にリリース。「A White Sport Coat and a Pink Crustacean」というアルバムに収録されています。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」のゲストはイラストレーターのHilo Kumeさん
関口さんとの出会いのエピソードや、Hilo Kumeさんのイラスト、写真に纏わるお話、
さらにはHilo Kumeさん ご自身が制作された楽曲のOAもありました!

〜Hilo Kume プロフィール〜
80年代よりハワイの写真を撮り続け、
1991年マウイ島ラハイナで見た
幻想的で美しいフルムーンに魅せられたのをきっかけに絵画、
イラストの道へ古き良き楽園の香り’をテーマに、
ハワイを始め、タヒチ、沖縄、京都等、
自身の感じる“楽園”を絵画や写真で
表現し続けているイラストレーターです。

M:Bara Ga Saita Pua Lokelani E/マイク眞木
名曲「バラが咲いた」のハワイ語ヴァージョンです。

M:ロングアフタヌーン/Hilo Kume
アルバム「南十字星〜HILO KUME ISLAND」の中からの1曲。

M:Ku’u Hoaloha/Peter Moon Band
かつて日本でも発売されたというアルバム「Chinatown」の中からの1曲。

M:Hilo Rain/Keola Beamer
昔はPopsを歌っていたというKeola Beamer
「Sweet Maui Moon」というアルバムに収録されています。

M:Waimanalo Blues/Country Comfort
Hilo Kumeさんが、かっこいいと惚れ込むCountry Comfort。76リリースの楽曲。

<ヒロクメトーク&ミニライブinマウナケア>
日時:8月25日(金)18:50受付 19:30開演
会場:品川プリンスホテル メインタワー2F
料金:3,500(税込)
Hilo Kumeさん監修カクテル1杯&ワンプレート付き
ご予約・お問合せ レストラン総合予約
TEL:03-5421-1114 (9:30A.M.~8:00P.M.)

HILO KUMEオフィシャル・ウェブサイト
URL:http://www.hilokume.jp

 

【ラストナンバー】
M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist July.29 2017

2017/07/29 / Category:Entry

今週の前半、
Carole Kingの音楽ヒストリーには欠かせないアーティストたちを特集。
Gerry Goffinとのコンビで多くのアーティストに楽曲を提供、数々のヒット曲を生み出しましてます。

M: Will You Still Love Me Tomorrow/The Shirelles
61年リリース。「Tonight’s the Night」というアルバムに収録。
Carole Kingは16歳の時からアーティストへ楽曲提供を行なっていました。

M: Up On the Roof/The Drifters
95年リリース。「The Promised Land」というアルバムに収録。
Ben E. Kingの在籍していたDriftersにも楽曲提供を行なっています。

M: Take Good Care Of My Baby/Bobby Vee
62年リリース。「Golden Greats」というアルバムに収録。
60年〜63年の3年間で、述べ20曲あまりの曲を「American Top 40」に送り込んだそうです。

M: Loco-motion/Little Eva
62年リリース。もともとLittle Eva はCarole KingとGerry Goffin夫婦のベビーシッターしていました。子守のするLittle Evaの歌声を2人は気に入り、
試しにデモテープを収録、そのままデビューに至りました。

M: (You Make Me Feel Like) A Natural Woman/Aretha Franklin
68年リリース。「Lady Soul」というアルバムに収録されています。
Pop中にもSoulテイストを感じられるのが、Carole Kingの特徴かもしれません。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今年の5月27日 69歳でこの世を去った、Gregg Allmanを偲びまして、
今週は、彼の73年リリース「Laid Back」の中からOAです。

M:Queen Of Hearts/Gregg Allman
実は、お兄さんであるDuane Allmanよりも先にギターを始めていたそう。
Duaneのギターを教えていたのは、Greggだった!? なんていう伝説もあります。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、ハワイからKalani Pe’aさんをゲストにお迎えしました。
Kalani Pe’aさんは、今年の第59回グラミー賞
最優秀リージョナル・ルーツミュージュック・アルバム賞受賞、
そして、第40回 ナ・ホク・ハノハノ・アワード
最優秀コンテンポラリー・アルバム賞受賞されました。

M:E Na Kini/Kalani Pe’a
M:Noho Pai Pai (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/関口和之 & Kalani Pe’a
M:Ku’u Poli’ahu/Kalani Pe’a

<Kalani Pe’a JAPAN TOUR 2017〜>
〜渋谷 J-POP CAFE 〜
日時:7月29日(土)
1回目 開場13時 開演13時30分
2回目 開場18時 開演18時30分

〜新潟ジョイア・ミーア〜
日時:7月30日(日)
開場19時 開演20時00分

詳しくはKalani Pe’aのHPをご確認ください。

Kalani Pe’a ウェブサイト:http://www.kalanipeamusic.com

 

【ラストナンバー】
M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist July.22 2017

2017/07/22 / Category:Entry

今週の後半はゲストに「the BeatUS」が来られたということで、
Beatles周辺にいる仲間たちを特集してみました。

M:Everybody’s Talkin’ (うわさの男)/Harry Nilsson
68年リリース。映画「真夜中のカーボーイ」のテーマ曲でもあります。
一時はPaul McCartneyの代わりにBeatlesに加入? などの噂がありました。

M:Nothing From Nothing/Billy Preston
Beatles のアルバム「Get Back Session」に参加。
アルバム「Let It Be」と「Abbey Road」にはレコーディングにゲスト参加しています。

M:Eye in the Sky/The Alan Parsons Project
Beatles のエンジニアをやっていたAlan Parson
ROCK史に中でも有名なエンジニアの1人です。

M:Step Inside Love/Cilla Black
リバプールのライヴハウス「キャヴァーン・クラブ」でクローク係をしていたところ、
Beatles のマネージャーBrian Epsteinに見出され、デヴューを果たしました。

M:Carry On Till Tomorrow (明日の風)/Badfinger
The Iveysで活動中、Beatlesのロードマネージャーであった
Mal Evansに認められ、1968年にアップル・レコードからデビュー果たします。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今週はThe Shadows のギタリスト、Hank Marvinのソロアルバム「Without A Word」の中からOA

M:Don’t Get Around Much Anymore/Hank Marvin
Neil YoungやRitchie BlackmoreなどもHank Marvinのファンだったそうです。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、U900の成相 博之さんと勝誠二さんからなるユニット
the BeatUSをお迎えして、リバプール キャヴァーン・クラブでのライヴのお話や
先週14日に発売した待望のアルバム『MEET THE BEATUS』についてのお話、
そして生演奏とたっぷりとお届けしました。

M:Penny Lane (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/the BeatUS
M:HELP! (Live Version)/the BeatUS

勝誠二オフィシャルウェブサイト:http://katz-seiji.com
U900 facebook:https://www.facebook.com/U900UkuleleDuo

 

【ラストナンバー】
M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist July.15 2017

2017/07/15 / Category:Entry

今週の前半は、「Perfect」をテーマにお届けしました。

M: Perfect/Ed Sheeran
今年もPerfectな活躍をみせています。

M: Perfect Day/Hoku
01年にリリース。ハワイ州ホノルル生まれの女性シンガー。
ハワイのプレスリーと言われたDon Hoさんの7番目の娘さん。

M: Perfect Imperfection/Little Feat
79年リリース。8枚目のアルバム「Down on the Farm」に収録。

M: Perfect/Fairground Attraction
88年リリース。「First of a Million Kisses」というアルバムに収録。
「Perfect」と言えばこの曲を浮かべる方も多いのでは?

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今週は、France Gall 75年リリースの「Les Grands Succès De France Gall」の中から2曲OA

M:Poupée de cire, poupée de son (夢見るシャンソン人形)/France Gall
この曲は日本でも数々のアーティストによってカヴァーされています。
最初にカヴァーしたの65年、「ポップスの女王」と言われた弘田三枝子さん。
その後、中尾ミエさん、伊東ゆかりさん、中山千夏さんなどにカヴァーされています。

M:Baby Pop/France Gall

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、JazzoomCafeさんをお迎えしました。
JazzoomCafe さんは、格闘技とウクレレ活動を並行しているという異色の経歴、
最近では、IT企業の代表も勤めていらっしゃいます。
もちろん、生演奏やウクレレ談などもたっぷりと伺いました。

M:I’ll Close My Eyes (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/JazzoomCaf
M:あの夏のワルツ/Van Seilen

〜8月発売の新刊〜
『世界チャンピオンがおしえるウクレレ入門BOOK –はじめよう!Happyなこどもウクレレ』
全国の楽器店さんやAmazonでも購入できます。

JazzoomCafe HP:http://jazzoomcafe.com

【ラストナンバー】

M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

pagetop