NO-FO-FON TIME Playlist July.22 2017

2017/07/22 / Category:Entry

今週の後半はゲストに「the BeatUS」が来られたということで、
Beatles周辺にいる仲間たちを特集してみました。

M:Everybody’s Talkin’ (うわさの男)/Harry Nilsson
68年リリース。映画「真夜中のカーボーイ」のテーマ曲でもあります。
一時はPaul McCartneyの代わりにBeatlesに加入? などの噂がありました。

M:Nothing From Nothing/Billy Preston
Beatles のアルバム「Get Back Session」に参加。
アルバム「Let It Be」と「Abbey Road」にはレコーディングにゲスト参加しています。

M:Eye in the Sky/The Alan Parsons Project
Beatles のエンジニアをやっていたAlan Parson
ROCK史に中でも有名なエンジニアの1人です。

M:Step Inside Love/Cilla Black
リバプールのライヴハウス「キャヴァーン・クラブ」でクローク係をしていたところ、
Beatles のマネージャーBrian Epsteinに見出され、デヴューを果たしました。

M:Carry On Till Tomorrow (明日の風)/Badfinger
The Iveysで活動中、Beatlesのロードマネージャーであった
Mal Evansに認められ、1968年にアップル・レコードからデビュー果たします。

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今週はThe Shadows のギタリスト、Hank Marvinのソロアルバム「Without A Word」の中からOA

M:Don’t Get Around Much Anymore/Hank Marvin
Neil YoungやRitchie BlackmoreなどもHank Marvinのファンだったそうです。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、U900の成相 博之さんと勝誠二さんからなるユニット
the BeatUSをお迎えして、リバプール キャヴァーン・クラブでのライヴのお話や
先週14日に発売した待望のアルバム『MEET THE BEATUS』についてのお話、
そして生演奏とたっぷりとお届けしました。

M:Penny Lane (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/the BeatUS
M:HELP! (Live Version)/the BeatUS

勝誠二オフィシャルウェブサイト:http://katz-seiji.com
U900 facebook:https://www.facebook.com/U900UkuleleDuo

 

【ラストナンバー】
M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist July.15 2017

2017/07/15 / Category:Entry

今週の前半は、「Perfect」をテーマにお届けしました。

M: Perfect/Ed Sheeran
今年もPerfectな活躍をみせています。

M: Perfect Day/Hoku
01年にリリース。ハワイ州ホノルル生まれの女性シンガー。
ハワイのプレスリーと言われたDon Hoさんの7番目の娘さん。

M: Perfect Imperfection/Little Feat
79年リリース。8枚目のアルバム「Down on the Farm」に収録。

M: Perfect/Fairground Attraction
88年リリース。「First of a Million Kisses」というアルバムに収録。
「Perfect」と言えばこの曲を浮かべる方も多いのでは?

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今週は、France Gall 75年リリースの「Les Grands Succès De France Gall」の中から2曲OA

M:Poupée de cire, poupée de son (夢見るシャンソン人形)/France Gall
この曲は日本でも数々のアーティストによってカヴァーされています。
最初にカヴァーしたの65年、「ポップスの女王」と言われた弘田三枝子さん。
その後、中尾ミエさん、伊東ゆかりさん、中山千夏さんなどにカヴァーされています。

M:Baby Pop/France Gall

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、JazzoomCafeさんをお迎えしました。
JazzoomCafe さんは、格闘技とウクレレ活動を並行しているという異色の経歴、
最近では、IT企業の代表も勤めていらっしゃいます。
もちろん、生演奏やウクレレ談などもたっぷりと伺いました。

M:I’ll Close My Eyes (LIVE@InterFM 897 STUDIO)/JazzoomCaf
M:あの夏のワルツ/Van Seilen

〜8月発売の新刊〜
『世界チャンピオンがおしえるウクレレ入門BOOK –はじめよう!Happyなこどもウクレレ』
全国の楽器店さんやAmazonでも購入できます。

JazzoomCafe HP:http://jazzoomcafe.com

【ラストナンバー】

M:若い広場/桑田佳祐
8月23日発売、NEWアルバム「がらくた」からの1曲

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist July.8 2017

2017/07/08 / Category:Entry

関口さんの今年の夏の相棒はアルマーニのビーチサンダルということで、           前半のテーマは、私の夏の「相棒」

M: My Life/Billy Joel & Phil Ramone
Phil Ramoneはエンジニア出身でしたけど、親しみやすい人柄だったようです。
Billy Joelの共作、名盤「ニューヨーク52番街」に収録。

M: Time After Time/Tuck & Patti
2人組のアーティストはたくさんいますけど、Tuck & Pattiが元祖的な存在なのでは?

M: Rhapsody in Blue/OHTA-SAN & Martin3M 
相棒は「楽器だ!」という場合もあるかもしれません。ウクレレ界ではこのコンビが最強

M: Your Song/Elton John & Bernard Taupin
ソングライティングチームの相棒といえばこの2人。

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー
今週はスペシャル版! HMV record shop 竹野智博店長をお迎えして、
不定期に開催しているアナログレコード祭りをお届けしました。

M:Ulysses/Glenn Cardier  (竹野セレクト)
オーストラリアのシンガーソングライター、今後注目のアーティストです。

M:I Wasn’t Gonna Fall In Love/Carole King  (関口セレクト)
01年リリース。アナログで聞くと迫力ある低音が楽しめます。

M:恋は桃色/細野晴臣  (竹野セレクト)
ベルウッド 7インチシリーズも再発されます。

M:インドの街を象にのって/六文銭  (関口セレクト)
ベルウッドの中で関口さんのお気に入りは六文銭。

M:Love You Eternally/Chris Rainbow  (竹野セレクト)
7月29日(土)に新宿アルタ店で、AORのレコード特集します。その中からセレクトしました。

M:Fineline/Ned Doheny  (関口セレクト)
73年リリース。AORの王道です。

M:自転車にのって/never young beach (竹野セレクト)
まだ20代の若いバンドで、7月19日にアルバムを出します。
はっぴぃえんど とか日本語ROCKに通じるサウンド。今季注目アーティストです。

HMVレコードショップ:http://recordshop.hmv.co.jp

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist July.1 2017

2017/07/01 / Category:Entry

2017年 7月 5日に始まったこの番組も4年目に突入しました!
これからも「のほほん」と皆さんと楽しめていけたらなと思います!

今週の前半は、、、
もうすぐ七夕ということで「Star」をテーマにお届けしました!
梅雨の時期、なかなか星空を見れないかもしれませんが、皆さんは天の川見たことありますか?

M: Stars/Simply Red
91年にリリース! 梅雨明けした沖縄などでは、ほとんどの確率で毎年見られるそうです。

M: So Many Stars/Sergio Mendes & Brasil ’66
07年にリリース! 邦題は「星屑のボサノヴァ」、、、人によっては「星屑のサンバ」と言う人もいるそうです。Sergio Mendesさん、以前にスタジオ来ていただきました。

M: Stardust/Bob Dylan
17年リリース! 数々のアーティストからカヴァーされている名曲
今回は、Bob Dylanの新しいアルバムから。

M: A Sky Full Of Stars/Coldplay
14年リリース
この年のグラミー賞 最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞にノミネートされた1曲

M: Stella By Starlight/Modern Folk Quartet
85年リリース 僕の大好きなModern Folk Quartet、、、Moonlight Serenadeという名盤からです

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は89年にリリース、Tears For Fearsの「The Seeds of Love」からOAです!
89年ですので、CD時代に突入してからリリースされたレコードです。
再発盤もすぐに廃盤になってしまうので、見つけた時にすぐに買っておくことがオススメです。

M:Sowing The Seeds Of Love/Tears For Fears

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、沖縄県石垣島出身、
シンガーソングライターの宮良牧子さんを迎えて
7月5日リリース、アルバム「シチヌウムイデ」についてのお話、
音楽を始められたきっかけのお話、そしてスタジオ生演奏など盛りだくさんでお届けしました。

【宮良牧子プロフィール】
6歳でピアノを習い始め、9歳の時に地元合唱団に入団。
05年『心の星』でCDデビュー。
06年には、フラ&ボーカリストの上原まきと、ハワイ&沖縄のスピリットを伝える新ユニット
「チュラマナ」を結成。「沖縄フェスティバル」や 「まつり in ハワイ」等、海外からも招聘される。
ソロとしてはNHK連 続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックに参加。
12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では 主題歌を担当。 ​
ソロとして3枚、チュラマナとして5枚のアルバムをリリースし活動中。

M:あがろーざ(LIVE@InterFM STUDIO)/宮良牧子
M:MOTHER/宮良牧子

7月5日(水)リリース!《3rd Full Album 「シチヌウムイデ」》
映画「ペンギン夫婦の作りかた」主題歌“ヌチグスイ”、
与論島で開催の野外イベント「月酔祭」オリジナル・ソング“月酔唄”、
Sound & Recordings特別企画音源“花筏~Shetland Air~”など
多彩なラインナップを収録した珠玉の1枚が完成!

宮良牧子 「シチヌウムイデ」:http://www.miyaramakico.jp/blank
宮良牧子 Official Site :http://www.miyaramakico.jp

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.24 2017

2017/06/24 / Category:Entry

今週の前半は、、、
梅雨のシーズンということで「Rain」をテーマにお届けしました。
みなさんの梅雨の楽しみに方は?

M: Save It For A Rainy Day/Stephen Bishop
76年リリース。まずはこの曲から

M: Rainy Day Women #12 & 35/Bob Dylan
66年リリース。全てのBob Dylanファンの皆さんに捧げます

M: Rainy Night in Tokyo/Michael Franks
83年リリース。雨が少ないと言われているハワイでも最近は、
気候の変化で雨が降る日が増えているそうです…

M: Morning has Broken/Cat Stevens
71年リリース。この曲は民謡をベースにした賛美歌だそうです。
邦題は「雨にぬれた朝」。綺麗なメロディーを楽しんでください。

M: Laughter In The Rain/Neil Sedaka
74年リリース。雨の唄といえばこの曲! 雨の日でなくても聞きたい曲です!

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は69年にリリース、George Formbyの「World of George Formby」からOAです!
なんでも関口さんの奥さんがハワイで見つけてきたそうです。しかも1ドル!
George Formby はUKのウクレレ奏者で生涯200曲をヒット、22本の映画にも出演されたという
UKでは知らない人はいない伝説のコメディアンです!

M:When i’m cleaning windows/George Formby

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、バンバンバザールのVo,Guitar 福島康之さんを
お迎えして、福岡に活動拠点を移されたきっかけのお話や、影響を受けたアーティストのお話、
生演奏など盛りだくさんでお届けしました!

M:恋はねずみ色(LIVE@InterFM STUDIO)/福島康之(バンバンバザール)
M:君微笑めば(when you’re smiling)/バンバンバザール

《勝手にウッドストック – バンバンバザール》
日時:2017年9月16日(土)~9月18日(月・祝)
会場:みの石滝 キャンプ場(神奈川県 相模原市)
料金:Sコース 22,800円 9/15~9/18 3泊4日
Aコース 19,800円 9/16~9/18 2泊3日
Bコース 13,800円 9/16~9/17 1泊2日
Cコース 13,800円 9/17~9/18 1泊2日
1dayチケット 5,800円 9/16、9/17 0泊1日、各日

バンバンバザール Official Site:http://www.ban-ban-bazar.com
勝手にウッドストック:http://www.ban-ban-bazar.com/woodstock/

 

【ラストナンバー】
M:悲しき雨音(Rhythm Of The Rain)/関口和之 featuring ペティ・ブーカ&高木ブー

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.17 2017

2017/06/17 / Category:Entry

今週のInterFM897は「フェス!フェス!フェス!」ということで、
各番組で様々なLIVE音源をお届けしています。
番組では、関口和之プレゼンツ 妄想フェスをお届け!
「もしフェスを開催するなら」をテーマに選曲してみました。

M: Have You Seen The Saucers/Jefferson Airplane
華々しく始めていきます! 一応前座扱いなんですけど…(笑)
このバンド1組でも十分にフェスの雰囲気を作り上げれると思います!

M: Woodstock/Crosby, Stills, Nash & Young
最初は、Neil Youngのソロでもいいかなと思ったんですが、
やっぱり4人のステージが見たいなということでこの曲を選んでみました。
この曲が出てくることでこのフェスの趣旨がわかると思います。

M: In Memory of Elizabeth Reed/The Allman Brothers Band
そして、ここで大好きなAllman Brothers Bandが出てきます!
とても長い曲ですが、これは是非LIVEで聴きたいです。

M: She Came In Through The Bathroom Window/Joe Cocker
夕方、日も暮れてきて照明も入った頃…  続いてもWoodstockの登場です!
もちろん、バンマスはLeon Russell、コーラスはRita Coolidge

M: One of These Days/Pink Floyd
しっかり会場も盛り上がったところでいよいよ大トリに入ります
大トリはこの人でいきます!この曲だったら会場から「ウォ〜!」という声が聴こえそうです。

因にこの妄想フェスのタイトルは「不死身(フジミ)ロックフェス」で決まりです。

 

【NO FO FON CIRCLE】
今週の「NO FO FON CIRCLE」は、先日の第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワードにて、
「ベスト・インターナショナル・アルバム賞」を受賞されました、
Ukulele Swing Trioのスインギー坂野さんをお迎えして、
授賞式のお話や影響を受けたウクレレアーティストの話、生演奏など盛り沢山でお届けしました!

【Ukulele Swing Trio プロフィール】
2012年に結成。ウクレレ担当のスインギー坂野さんと
ウッドベースの高畠博文さん、パーカッションの西浦慎吾さんからなる
アコースティックJazzトリオ。
2014年に1stアルバム”COMIN’ HOME”、
2016年に2ndアルバム”My Favorite Things”をリリース
そして、3rdアルバム”Sunset Breeze”が今年の4月19日にリリースされました。

M:I Will Wait For You (LIVE@InterFM897 STUDIO)/スインギー坂野(Ukulele Swing Trio)
M:Mysterious Night/Ukulele Swing Trio

Ukulele Swing Trio Official Website:http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing
Ukulele Swing Trio Live Schedule:http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing/liveschedule

【スインギー坂野 ソロコンサート】
日時:6月17日(土) 18:00〜20:00
会場:東新宿 ル トリアングル
料金:2500円(ワンドリンク付)
詳細URL:https://ameblo.jp/jbsbjbsb/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.10 2017

2017/06/10 / Category:Entry

前半は「のんびり」をテーマに選曲してみました!
6月に入りしばらくたちましたが、6月2日は「ぐうたら感謝の日」だったそうです 。
なんでもこの記念日の元は、ドラえもんのひみつ道具「日本標準カレンダー」で
のび太が勝手に6月2日を「ぐうたら感謝の日」にしてしまったのが始まりだそうです。

そんな「ぐうたら感謝の日」に肖って、本日はのほほーん選曲でお楽しみいただきました。

M: Take It Easy/Heart & Soul
2010年にリリース。まずはハワイからのんびりした雰囲気を〜

M: Relax, Take It Easy/Mika

M: Hang Loose/Alabama Shakes
2012年リリース。いい感じの骨太バンドです!(笑)
「Hang Loose」には「ゆっくり行こうよ!/気楽に行こうよ!」という意味があります。

M: Take It Easy/Hopeton Lewis
1966年リリース。元祖ロックステディ・アルバムと言われる彼らの名盤から!

M: Take It Easy/The Eagles
1972年リリース。僕らの世代でTake It Easyと言えばやはりこの曲ではないでしょうか!

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、ウクレレ奏者 高橋重人さんをお迎えしました!
ウクレレの演奏技術の高さから世界各国からも評価され、日本にとどまらず海外でもご活躍されてます!

【プロフィール】
岡山県出身。
中学時代にTVでみた高木ブーのコント「雷様」 その美しい音色の雷に打たれウクレレを開始。
高校〜大学時代はヘビーメタルにのめり込むが卒業と同時にウクレレを再開。
大手製造企業で仕事をする傍ら、 森拓治にウクレレと音楽を
学び灰田晴彦から続くハワイ伝統のピッキングソロを継承。
アメリカ、カナダ、スウェーデン、韓国、タイ、オーストラリアといった
東西のウクレレフェスティバルに出演し、同時にワークショップを行う。
またジェームスヒルのウクレレ先生向けワークショップにも参加し、
各国の先生達と交流を深めるとともに西洋のレッスン、教授法についても研究されています。

M:Stars And Stripes Forever/高橋重人
M:Hilo March (LIVE@InterFM STUDIO)/高橋重人
M:Clair de Lune/高橋重人

高橋重人 Official Site:http://www.takahashishigeto.com
高橋重人 ウクレレ教室:http://ukuleleschool.net/ukulelelesson/

【小さいけれど偉大なウクレレ  ―レクチャーコンサート】
日時:7月14日(金) 19:00〜20:30
会場:自由学園明日館
詳細URL:http://www.second-academy.com/lecture/JIY10885.html

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

 

NO-FO-FON TIME Playlist Jun.3 2017

2017/06/03 / Category:Entry

前半は、、、
先日発表された、
【第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード2017】を振り返っていきました!
この番組にもゲストでいらっしゃった 山口岩男さん Kyasさんも
ベスト・インターナショナル・アルバム部門にノミネート!ファイナリストとして出席。
式典では、Jake Shimabukuroの以前組んでいた伝説のバンド「Pure heart」が再結成、
John Cruzが妹と出演するなど、普段は見られないコラボが盛り沢山のステージでした!

M: Hanohano Ha`iku/Keauhou
Album of the Year、Song of the Yearなど、なんと9部門の賞を独占しました!

M: Pua Kiele/Josh Tatofi
最優秀男性ボーカリストを受賞!
2011年にソロデビュー、今回初受賞となりました!

M: The Good Old Ho`omalimali E/Raiatea Helm
最優秀女性ボーカリストを受賞!可愛い歌声が特徴です!

M: Honeysuckle Rose/Ledward Kaapana
16年リリースのアルバム<jus press volume 2>が、ウクレレアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞!

M: The Days of Wine and Roses/Ukulele Swing Trio
16年リリースのアルバム<My Favorite Things>が、ベスト・インターナショナル・アルバム賞!

詳しくはこちらで!

第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード2017:http://na-hoku.jp

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は73年リリース、The Three Degreesの「The Three Degrees(邦題:天使のささやき)」をOA!
ヒット曲をたくさん出している彼女たちですが、メンバーは入れ替わりが激しく、
述べ15人ほど入れ替わっているそうです。中心メンバーは<Fayette Pinkney>でした。

M:When I will see you again/The Three Degrees

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ヴォードビリアンでシンガーソングライターの<BARONさん>をお迎えして、
6月4日に発売、バロンと世界一周楽団の3rd アルバム「sauce & shoyu」についてのお話、
影響を受けたアーティストの話、そして生演奏とたっぷりとお届けしました!

【プロフィール】
ウクレレにダービーハット、タップシューズに湯たんぽドラム、
東京を中心に全国各地ときには海外でも活動中。
ヴォードヴィル(演芸)の本来の意味はフランス語でvoix de ville/町の声。
1900年代初頭から欧米で始まり日本でも大流行した風刺歌付き演芸ショー芸人たちの魂を受け継ぎ、
ルーツミュージックの調べにのせて現在(いま)を唄い弾き踊る。
2014年夏カナダ・モントリオール「Voix de Ville」(優勝)
2015年6月カナダ・モントリール フリンジフェスティバル 最優秀振り付け賞ノミネート。
世界一周楽団、Baron&Jordon、Casino Folliesでも活動中。
ボーイズバラエティー協会にも所属をしている。

M:Juban (LIVE@InterFM STUDIO)/BARON
M:sauce & shoyu/バロンと世界一周楽団

<世界一周楽団3rdアルバム「Sauce&Shoyu」リリース記念ライブ>
日時:6月4日(日) 昼公演 開場13:30/14:30 夜公演 開場18:30/19:30
会場:吉祥寺 MANDA-LA2
URL:http://www.aroundtheworldorchestra.com/schedule.html

BARON Official Site:http://www.baronbaronbaron.com/blog/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.27 2017

2017/05/27 / Category:Entry

前半は、「Slow」をテーマに選曲!
関口さんは、子どもの頃に母親から「スローモーね〜」と言われたことがあるそう、、、笑
今日ものほほ〜んと極上の選曲をお楽しみください!

M: Slow motion/Blondie
79年リリースの楽曲。ちなみに「スローモー」は英語ではなく、日本で生まれた造語だそうです。

M: Walking Slow/Jackson Browne
74年リリースの楽曲。「Late for the Sky」というアルバムに収録されています。

M: Slow Hand/The Pointer Sisters
Pointer SistersのSlow Handはセクシャルな歌詞でとても刺激的です。

M: Slow Dancer/Boz Scaggs
74年リリースの楽曲。「Slow Dancer」というアルバムに収録されています。

M: Slow/Rumer
10年リリースの楽曲。「Seasons Of My Soul」というアルバムに収録されています。

落語家、立川談志さんの言葉「上品とは欲望に対する動作のスローモーなやつのことを言う」
なんだか含蓄の深い言葉だな〜と。色々と考えさせられます。by関口和之

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は88年リリース、Traveling Wilburysの「Volume One」の中からOA!
先週は「The Cuff Links」というアルバムを紹介しましたが、今回は覆面バンドです。
正体は明かさないというのが覆面バンドですが、バレバレという、、、笑
しかもそのメンバーが豪華なんです。
George Harrison(元Beatles)、Jeff Lynne’s(ELO)、
Bob Dylan、Tom Petty、Roy Orbisonという豪華メンバー。
所属事務所も違うことから、設定はWilburyという姓の兄弟設定で活動していたそうです。

M:Handle With Care/Traveling Wilburys
M:Congratulations/Traveling Wilburys

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
高知在住のウクレレ&ギタープレイヤー、Kyasさんをお迎えしました!
Kyasといえば、第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワードに
アルバム「夕暮れカーニバル」がノミネートされましたが、今回は残念ながら、、、、
素晴らしい生演奏も届けていただきました。

【プロフィール】
2003年 YAMAHA PMSギター講師のライセンスを取得し、楽器堂OPUSにて音楽教室の講師を始める。
2007年 KIWAYA主催の「第4回ジ・ウクレレコンテスト」の全国大会に出場し、テクニック賞を受賞。
2010年7月 UKULELE FESTIVAL HAWAIIに日本人代表として出演。
ジェームスヒル・ブライアントレンティーノ・ハーブオータらと共演。
2010年9月 ジェイクシマブクロ「I ♡UKULELE 2010」ツアーにてサポートアクトに選ばれ共演。
2011年3月 ウクレレブームが巻き起こっているタイで催されたThailand Ukulele Festival に出演。
2012年2月に同イベントに連続出演を果たします。

2017-05-19 10.56.53

M:Kailua Sunset(LIVE@InterFM STUDIO)/Kyas
M:Over the rainbow/Kyas

Kyas facebook:https://www.facebook.com/KYAS.Ryo/
第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード:http://www.nahokuhanohano.org

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.20 2017

2017/05/20 / Category:Entry

前半は、「遠距離恋愛」をテーマに選曲してみました!
この春、遠距離恋愛になってしまったカップルもいるのでは?
そんなカップルに捧げます。末永くお幸せに☆

M: Distance And Time/Alicia Keys
2009年リリース。すべての遠距離恋愛の恋人たちに捧げます、、、

M: Long Distance/Brandy
2008年リリース。アルバム「Human」に収録

M: Long Distance Love/Little Feat
1975年リリース。大好きなLittle Feat「The Last Record Album」から

M: Miles Away/Madonna
2008年リリース。会えない時間が愛を育てるのか? 遠距離恋愛の永遠のテーマです

M: Hey There Delilah/Plain White T’s
2007年リリース。全米シングルチャート1位を取った代表曲です

遠距離恋愛、、、メールやSNS、FACETIMEなどのツールも増えてきて、
昔ほど距離を感じなくなってきているかもしれませんね、、、

 

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は1969年リリース、The Cuff Linksの「Tracy」の中からOA!
ジャケットはアイドル?と思うぐらいの可愛い女の子が印象的です。
なぜそのようなジャケットかというとバンドの正体が覆面バンドだったからだそうです。

M:Tracy/The Cuff Links
作詞作曲はアメリカンポップスのソングライティングチーム、
Paul Vance、Lee Pockriss

M:Early In The Morning/The Cuff Links
ヴォーカルはアメリカを代表するセッションヴォーカリスト、Ron Dante
わずか数日のヴォーカル録りで完成されたアルバムだそうです

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストに元ROCKING TIMEのヴォーカル、現在はソロ活動をされている、
今野英明さんをお迎えし、ウクレレを始めらたきっかけ、
今野さんが考えるウクレレの魅力などたっぷりと伺いました!

【プロフィール】
2002年、ROCKING TIMEのヴォーカルとしてライブ活動を行い、 数枚のシングル、アルバム等を発表。
2005年、ウクレレアルバム「UKE!TIME」、初のソロアルバム「息を吸いこんで」を発表。
HOME GROWN、ハナレグミなどの多くの作品に参加。
最近では、ハナレグミ『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』で
ROCKING TIMEの「ありふれた言葉」がカバーされ、本人もゲスト参加している。
2006年、バンド「今野英明と東京ランデブー」を結成。

2017-05-12 00.10.59

M:ありふれた言葉 (LIVE@InterFM STUDIO)/今野英明
今野さんのオリジナル曲、ROCKING TIME時代の曲

M:やさしさに包まれたなら/今野英明
2009年リリース、「GOLDEN MELODY」に収録

今野英明 & Walking Rhythm:http://essence-inc.jp/RtKongchang/index.html
今野英明 Twitter:https://twitter.com/rtkongchang

【ラストナンバー】

M:フニクリ フニクラ(May.)/関口和之 Feat. ウクレレカフェカルテット

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

pagetop