月別アーカイブ: 2014年7月

NO-FO-FON TIME  Playlist July.26 2014

2014/07/26 / Category:Entry

M① Get it up for love /Ned Doheny

夏になると聴きたくなる 夏の風物詩的ソング!

 

NO-FO-FON PICK UP

テーマは「ザ カリフォルニア ソング」

M② I Can’t Tell You Why / Eagles 

再結成ツアー見に行きました、、、声量もあったしコーラスもすばらしかった。

M③ Orange Crate Art / Braian Wilson &Van Dyke Parks 

今日はビーチボーイズはかけません! オレンジカウンティーなんかの景色を思い浮かべますね。

M④ Monday,Monday /The Mamas & The Papas  

 

NO-FO-FON TIME TREASURE

M⑥ HULA BLUES /SOL HOOPIE

1920年 30年代に活躍した人で、イエスのスティーヴ•ハウもリスペクト

この人の功績は、膝の上に載せて演奏するラップスティール・ギターを

広めた事だそです。

 

NO-FO-FON TIME UKLELIAN

レジェンド!BILL TAPIA特集

190811日、ハワイ・ホノルル生まれ。

7歳のときにウクレレ創始者の一人、マニュエル・ヌネスから

最初のウクレレを手に入れる。

10歳でプロ・ミュージシャンとして活動を開始し、

22歳でアメリカ本土に渡り、

ハリウッドのミュージックシーンでジャズ・ギタリストとして活躍。

ルイ・アームストロング、ビング・クロスビー、 ナット・キング・コール、

ソル・フーピーからエルビス・プレスリーまで、

音楽史に名を残すスター達との共演を重ねる。

また、2006年には、彼が94歳でもう一度ウクレレを持つようになった

経緯をつづった自身出演のドキュメンタリー映画『To You SweetheartAloha』   

がハワイ国際映画祭などで多くの賞を受賞

その後、残念ながら2011年122日、103歳で亡くなっています。

 

ビル・タピアの来日公演をレコーディングしたライヴ・アルバム

「ビル・タピア・ジャパン・ライブ」

51nRFx2muIL._SL500_AA300_

からお送りしました。

 

M⑦  MY LITTLE GRASS SHACK(LIVE) /BILL TAPIA

M⑧  TO YOU SWEET HEART ALOHA(LIVE) / BILL TAPIA

M⑨  CRAZY (LIVE)/ BILL TAPIA

M⑩  YOUNG AT HEART(LIVE) / BILL TAPIA

2014-07-16 12.49.01

 

NO-FO-FON TIME  Playlist July.19 2014

2014/07/19 / Category:Entry

M① Ukulele Lady  / Bette Midler

女優にしてグラミー賞シンガー、ハワイ出身というのも意外と知られてない?

しかも!まだ来日もしてないそうです。

 

【NO-FO-FON PICK UP】〜良く知ってるミュージシャン〜

M② Ka Wai Lehua `A`ala Ka Honua / Kunia Galdeira

ハワイ島のミュージシャンで、Ohta-sanのマネージャーの方が

彼らのアルバムをプロデュースした際に、スタジオに遊びにいったり、

イベントに参加してもらったり、、、、ハワイ島に行った時は必ず会ってます。

M③ Ela Ke Aloha   / Kainani Kahaunaele

こちらもハワイ島の女性シンガー。

ハワイで行われていた、東日本大震災のチャリティーイベントでの

ライブが出会い。歌、曲ともに洗礼さてて、イベントにも参加していただきました。

M④ Island style  / John Cruz

音楽一家で有名なCruzファミリー。

ジャックジョンソンのお兄さん的な存在かな。

もっと日本のサーファー達に人気が出てもいいのかなと

思います。

M⑤ Sayonara  / Ohta-san

関口さんとハワイはつなげてくれた存在。

この曲はゴンチチのチチ松村さんプロデュース。

 

関口流 OHANA(家族)の定義とは、、、、、BBQに呼ばれるかどうか?だそうです。

ちなみに、今日紹介したミュージシャンはその中間だそうです(笑)

 

NO-FO-FON TIME TREASURE

M⑥  I’ll remember You  / Alvin Okam

ウクレレのメーカー ”コアロハ”

家族で経営しているウクレレのブランド。

その”コアロハ” のパパ=Alvin Okam

若き時代の音源です。

 

NO-FO-FON TIME UKLELIAN

今週は先日まで、日本でライブツアーを行っていた、

KOHALAのチャールズ・マイケル・ブロットマンさんと

Raiatea Helmさんからのメッセージを紹介しました。

M⑦ Promise Of Dawn/KOHALA

M⑧ Lei Kukui / Raiatea Helm

 

そしてお二人から、ハワイのおすすめのレストランを紹介していただきました。

チャールズ・マイケル・ブロットマンさんハワイのおすすめの食べ物、、、、、

ここでのおすすめのレストランは2つあります。1つ目はマウラ二リゾート二ある「ナプア」というお店。この「ナプア」とはハワイの花という意味なんです。2つ目は、ハワイのローカルな朝食が食べたいと思ったら、私の住んでいるワイメアという町にあるハワイアン•スタイル•カフェの朝食がおすすめ、とにかく量も多くて、これぞハワイアンスタイル!といった感じです。是非、ここによってからサーフィンに行くなり、遊びに行くなりしてみてください。

Raiatea Helmさんのおすすめの食べ物、、、、、

私は今、オアフ島に住んでいて、オアフで特にお気に入りの食べ物が、ノースシュアーにあるカフクのガーリックシュリンプが食べられる「GIOVANNISジョバンニ)」というシュリンプトラックがおすすめです。それと、ワイキキにある「Side street inn」もおすすめ。どの料理も美味しいです。あと、私がコオリナでゴルフをするときは、「モンキーポッド・キッチン」に行きます。ここもいいお店ですよ。

夏休みにハワイへ行かれる方は是非行って見てはいかがでしょうか。

 

M⑨ Rhythm of the Ocean /Hawaiian Style Band

KOHALAのチャールズおすすめの曲。

これを聴くとサーフィンを思い出すからだそうです。

M⑩ OVER THE RAINBOW / Israel Kamakawiwoʻole

Raiatea Helmさんのおすすめの曲

いつでもハワイの心を思い出させてくれるとの事。

2014-07-09 12.18.18

番組の感想やリクエストなど、お待ちしてます。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp

ツイッターは#interfm #nofofon でつぶやいてください!

それまで のほほ〜ん とお過ごし下さい。

 

 

 

NO-FO-FON TIME  Playlist July.12 2014

2014/07/12 / Category:Entry

M① Language of the Heart /B.B.Shawn(Shawn Ishimoto)

音楽は心のランゲージ、、、、盲目の彼が歌うと、説得力があり大好きな曲です。

 

NO-FO-FON PICK UP

ゆったりできる音、ヒト、モノ、言葉、いろいろなテーマを設定して選曲やアーティスト特集するコーナー

 〜海•ビーチをテーマに選曲〜

M② North Shore Serenade  / Naleo Pilinehana

おすすめのビーチ North Shoreの事を歌った曲。3人組の女性グループで、

ハワイ音楽の入門にいいですよ。

M③White Sunday Beach of Hawaii / ISRAEL KAMAKAWIWOʻOLE

M④海へ行こう! /関口和之featuring Konishiki

IZ のアルバムジャケットに映ってる巨体の男性を小錦さんと勘違いした関口さん

そんな、のほほ〜んとしたエピソードから実現したコラボ曲。

M⑤Sea of Love / Liatea Helm

フィル・フィリップスの1959年のヒット曲。

1989年のアル・パチーノ主演の映画「シーオブラブ」の主題歌、

様々なアーティストがカバーしていますが、今日はLiatea Helmさんが歌う

ハワイ語バージョンをお送りしました。

来週Liatea Helmさんからのメッセージも紹介します。

 

ちなみに関口さん、海よりも、

海に至までの細い道が好き?

民家と民家の間の日陰になってる所を通って、明るいビーチへ出る、、、

あの道が好き!写真集があったら絶対に買うそうです。

 

NO-FO-FON TIME TREASURE

関口家にある、レアなアナログ盤の中からお気に入りの名盤を紹介。

ウクレレものの他に口笛ものも集めている関口さん。

今週は口笛+海ものでセレクトしていただきました。

M⑥ On the Beach at Waikiki  / Muzzy Margellino

M⑦ On the Beach of Waikiki  / Kalama’s Quartette

M⑧  I’ll See You in My Dream / Cliff Edwards

ハワイでレコードを探す際はこちらがオススメ。

ホノルルにある中古レコード店「ジェリーズ」

 

NO-FO-FON TIME UKLELIAN 】

世界中にいるウクレリアンやウクレレに関する情報などピックアップ

今週は世界中のウクレレ事情を特集しました。

 

M⑨ Tiny Tiny World /ユンソナ

韓国発→あの日本でもおなじみのユンソナさんが、なんと本国では、

ウクレレアルバムをリリースしてます!ハングルとウクレレの相性は抜群ですね。

M⑩ Ma Princesse des Mers du Sud / Ukulele club de Paris

パリでウクレレ、、、フランスのウクレレの父と言われている

シリル・ルフェーブルが在籍していたバンドです。

M⑪ Should I Stay or Should I go / Ukulele orchestra of Great Britain

イギリスからは、あのパンクバンド THE CLASHの名曲を、

ウクレレ+クラシックアレンジでカバー、この無意味な情熱が好きです(笑)

 

2014-07-02 12.58.58

番組の感想やリクエストなど、お待ちしてます。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp

ツイッターは#interfm #nofofon でつぶやいてください!

 

来週は、先日まで日本各地でツアーを行っていたRaiatea HelmとKOHALA

のメッセージが届きますのでお楽しみに。

それまで のほほ〜ん とお過ごし下さい。

 

NO-FO-FON TIME  Playlist July.5 2014

2014/07/05 / Category:Entry

 

M① Tropical Hawaiian Day / Ka`au Crater Boys

記念すべき1曲目は、関口さんが大好きなこのバンドの曲で

のほほ〜んとスタート

 

【NO-FO-FON PICK UP】

ゆったりできる音、ヒト、モノ、言葉、いろいろなテーマを設定して選曲やアーティスト特集するコーナー

〜今週はハワイのラジオステーションでよく聴いた曲をピックアップ〜

M② Island Love / PETER MOON BAND

M③ Blue Bayou / Robi Kahakalau

ハワイで一番愛されている女性シンガー この曲の原曲は、ロイ•オービソンで、

後に、リンダ•ロンシュタットがカバーしたバージョンがヒットしました。

M④ Molokai Slide / Ehukai

モロカイ島をテーマにした曲

M⑤ Love & Honesty / Hawaiian Style Band

女性シンガー、ロビーカハカラウが在籍していたバンド

関口さんオススメのハワイのラジオ局は、日本人・日系人向けに24時間放送している

”AM 1210 Kzoo Radio”

特に、朝の放送している番組で、リスナー同士が電話で悩みや相談をシェアしながら解決していく

名物コーナーがお気に入りだそうです。

 

【NO-FO-FON TIME TREASURE】

関口家にある、レアなアナログ盤の中からお気に入りの名盤を紹介。

M⑥ Ukulele Lady / ジョン・ルケラ

 

【NO-FO-FON TIME UKLELIAN 】

世界中にいるウクレリアンやウクレレに関する情報などピックアップ

今週は今年5月に開催した「UKULELE PICNIC 2014 in Hawaii」の参加アーティストのナンバーを紹介しました。

M⑦ Crazy-G / Sam Kapu jr.

ハワイの子供達はこんな曲で遊んでるんだよ!とOHTA-SANさんに教えてもらった曲

ジェイク•シマブクロをはじめ、いろんなアーティストがカバーしているので、

是非聴き比べてみてください。

M⑧ ウクレレキャラバンのうた / つじあやの&関口和之

M⑨ Kaleohano / HerbOhta jr.

〆はOHTA-SANさんの息子さんのナンバー

KIMG0003

みなさんから沢山の反響いただきました!ありがとうございます。

番組の感想やリクエストなどお待ちしてます。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp

ツイッターは#interfm #nofofon でつぶやいてください!

また来週 この時間に

それまで のほほ〜ん とお過ごし下さい。

土曜日の朝を彩るニュープログラム

2014/07/03 / Category:Entry

今年のGWにお届けした「NO-FO-FON TIME」のレギュラー化が決定!
2011関口(森)

7月より土曜日の朝を彩る新番組『NO-FO-FON TIME』がスタート!
DJは屈指のウクレレ愛好家でもある、サザンオールスターズのベーシスト 関口和之。
関口和之が、「おもてなし」を超えるインターナショナルな日本語にしたいと啓蒙している
「のほほん」をキーワードに、ウクレレ音楽はもちろんのこと、 歴史的な名盤から
注目のアーティストまで心地よく彩るサウンドを選曲。
さらに、自身が所蔵する1500枚のアナログレコードから、お気に入りのものや名盤を持ちこんで
紹介するなど、上質で、ゆるやかな、 エネルギーチャージの時間を演出いたします。

なお、こちらの番組は、大阪のFMラジオ局「FM COCOLO」でも毎週水曜日21時~22時(7/2水はスペシャルプログラムをオンエア)に放送されます。どうぞご期待ください!

4/29 GW SP 【NO-FO-FON TIME】  プレイリスト

2014/07/02 / Category:Entry

Kazuyuki Sekiguchi No Fo Fon Time Playlist Apr.29 2014

「のほほん」と言う言葉、大好きなんですけど、これは「おもてなし」を超えるイン
ターナショナルな日本語にしたいと企んでいます。僕は日々「のほほんとしてるね」
と人には言われるんですけど、意外に仕事を抱えていると心の中は焦っていることが
多いので、一番「のほほん」を求めているのは僕なんじゃないかということが多いで
すね。今日はかなりユルい曲をかけるので。

M1:Baby it’s You / The Beatles
バート・バカラックとビートルズのコラボと言ってもいいと思うんですけど、別にバ
カラックがビートルズのために作ったわけではなくて、シュレルズの1961年のヒット
曲をビートルズがカヴァーしたという形ですね。初期のビートルズのミディアムバ
ラード、大好きなんです。

M2:夕陽が泣いている / ザ・スパイダース
サザンオールスターズで36年、ウクレレに夢中になって26年くらい経ちますかね。い
ろいろな音楽に関わってきましたけど、僕の音楽のルーツと言いますと子供の頃に聴
いた音楽になると思うんですけど、3つ年上のタカちゃんという従兄の影響をモロに
受けまして、音楽に入ったのも従兄の影響かなあ、と。加山雄三さんとかレコードを
もらったりしていたんですけど、自分ではじめて買ったレコードがこれでした。その
時に買ったアナログレコードが、まだあったんですね、家に。そのアナログから。

M3:Another Day / Paul McCartney
M4:Junk / Paul McCartney
青山学院大学に入ってすぐに桑田佳祐と出逢いまして、音楽サークルで一緒にバンド
をやろうという話になって、じゃあビートルズのコピーをやろうと。そんな風にビー
トルズというのは僕にとって色々なところでポイントになってくれた音楽で、先日も
ポール・マッカートニーのライブに行きました。これでもうしばらく見られないんだ
ろうなと思ったら、またいらっしゃるということで(笑)。
ではポール・マッカートニーが先日のライブで演らなかった曲を2曲。最初のソロシ
ングル「アナザー・デイ」と、最初のソロアルバムに入っている僕の大好きな「ジャ
ンク」という曲を。

M5:Stardust / Herb “Ohta-San” Ohta & Christian Fabian
ウクレレという楽器と出逢ったのはウディ・アレンの「カイロの紫のバラ(1985年作
品)」という映画で、主人公のミア・ファローがウクレレを弾くシーンがありまし
て、なんかビビッと来まして、その足で渋谷の楽器屋さんに行ったというのが最初で
した。
コラムニストのえのきどいちろうさんが当時ラジオの番組をやっていて、その番組に
世界一のウクレレ奏者が出るって聴いて、それがハーブ・オオタさんでした。
ニューヨークのベーシスト:クリスチャン・ファビアンと一緒に演っています。
誰でも聴いたことのある曲だと思うんですけど、これをウクレレで演る、演れるとは
思っていなかったですね。

M6:A Little Kitten / Ukulele Picnic
最近はウクレレブームがアジアやヨーロッパに広がっておりまして、アジアはタイ、
韓国、台湾、シンガポールあたりに広がっていて、タイのショップではハワイからウ
クレレが入荷する日には行列が出来るという話も聴きました。また韓国では日本と
違って若い子たち中心のブームなんですね。ウクレレで韓国のポピュラーソングを歌
うみたいな。大学生中心の、それも60%くらいが女の子じゃないかな。その韓国のウ
クレレブームの火付け役ともなったのがUkulele Picnicというグループで、僕がずっ
とやっているイベントの名前が付いていまして、彼らに訊いたら偶然だと言っていま
した。なぜか韓国語とウクレレの音が、こんなにも合うとは思いませんでした。

M7:Song for Anna / 関口和之(生演奏)
僕もウクレレを持っている本数が増えてきちゃいまして、決してコレクターにはなる
まいと思っていたんですけど、200本くらいになってしまいました。アンティーク
ショップとかで古いウクレレが転がっているんですけど、古いカマカとかたまにあっ
たりするんですね。このボロボロのウクレレの価値をわかるのは世界で僕しかいない
んじゃないかと思うと、つい連れて帰っちゃうみたいな、猫拾うみたいな感じでウク
レレを連れて帰っているうちに200本・・・
フランスの作曲家アンドレ・ポップがハーブ・オオタさんの為に、ウクレレで演奏す
る用に書いた曲で、のちにポール・モーリアとかがカヴァーして「天使のセレナー
デ」というタイトルで日本の歌手も歌っていたりしたので、聴いたことあると思いま
す。ハワイで幼稚園のお昼寝のバックに使われていた曲なんですね。

M8:Moonlight Serenade / Modern Folk Qualtet
ウチにも沢山のアナログレコードがあって、この前数えてくれって言われたんで数え
てみたら1800枚くらいありましたね。モダーン・フォーク・クァルテットのアルバム
「Moonlight Serenade」もその中の1枚で、ウチに仲間が遊びに来た時などは、必ず
かける1枚なんですね。60年代に活躍したグループなんですけど、20年ぶりくらいに
レコーディングしたアルバムで、スタンダードナンバーばかりを集めたアルバムなん
ですけど、コーラスワークが素晴らしい。

M9:Close Your Eyes / Don Tiki
M10:Punahou / Raiatea Helm
毎年ハワイでウクレレのイベント「Ukulele Picnic in Hawaii」をプロデュースして
いまして、今年で第6回を迎えます。5月25日日曜日開催。カカアコ・ウォーターフロ
ントパークという公園で、小高い丘があって全部芝生になっているんですけど、そこ
にステージを立てて、お客さんからはステージの向こうにダイアモンドヘッドが見え
るという。海に沈む夕陽がとっても綺麗な公園なんですけど、そこで陽が落ちるま
で、フードブースでフードを食べながら、ウクレレの音色を聴きながら1日過ごすっ
ていう、実にハワイっぽいイベント。
いつも2月にやっていたんですけど、今年は5月25日。ナ・ホク・ハノハノというハワ
イのグラミー賞みたいな賞の授賞式が前日にあって、そのパーティーにも出席して、
次の日にウクレレピクニックを楽しもう、と言うことになっています。
ウクレレ・ピクニックの方は、若手バリバリのプレーヤーを沢山集めまして、タイマ
ネ・ガードナー、カレイ・ガミアオ、クリス・フチガミ、ハーブ・オオタJr、昨年
ナ・ホクを獲ったカマカ・フェルナンデスとか、素晴らしいミュージシャン、沢山出
ます。前日のナ・ホクを獲った受賞者を二組出てもらうことになっています。誰が獲
るかわかりませんけど、楽しみですね。
その頃にハワイにいらっしゃる予定のある方は是非、カカアコ公園の方へ。
詳しいことはUkulele Picnic in Hawaiiの公式ホームページで。
Ukulele Picnic in Hawaii関連のイベントに出演したバンド、マーティン・デニーが
考案したといわれるエキゾティカ・ミュージックを継承しているDon Tikiというバン
ド、そしてハワイの歌姫、ライアテア・ヘルムを2曲続けて。

 

※NO-FO-FON TIME レギュラー化決定!!
 いよいよ7/5(土)10:00-11:00(FM COCOLOは7/9(水)21:00-22:00)より
 スタートします。お楽しみに。