月別アーカイブ: 2017年5月

NO-FO-FON TIME Playlist May.27 2017

2017/05/27 / Category:Entry

前半は、「Slow」をテーマに選曲!
関口さんは、子どもの頃に母親から「スローモーね〜」と言われたことがあるそう、、、笑
今日ものほほ〜んと極上の選曲をお楽しみください!

M: Slow motion/Blondie
79年リリースの楽曲。ちなみに「スローモー」は英語ではなく、日本で生まれた造語だそうです。

M: Walking Slow/Jackson Browne
74年リリースの楽曲。「Late for the Sky」というアルバムに収録されています。

M: Slow Hand/The Pointer Sisters
Pointer SistersのSlow Handはセクシャルな歌詞でとても刺激的です。

M: Slow Dancer/Boz Scaggs
74年リリースの楽曲。「Slow Dancer」というアルバムに収録されています。

M: Slow/Rumer
10年リリースの楽曲。「Seasons Of My Soul」というアルバムに収録されています。

落語家、立川談志さんの言葉「上品とは欲望に対する動作のスローモーなやつのことを言う」
なんだか含蓄の深い言葉だな〜と。色々と考えさせられます。by関口和之

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は88年リリース、Traveling Wilburysの「Volume One」の中からOA!
先週は「The Cuff Links」というアルバムを紹介しましたが、今回は覆面バンドです。
正体は明かさないというのが覆面バンドですが、バレバレという、、、笑
しかもそのメンバーが豪華なんです。
George Harrison(元Beatles)、Jeff Lynne’s(ELO)、
Bob Dylan、Tom Petty、Roy Orbisonという豪華メンバー。
所属事務所も違うことから、設定はWilburyという姓の兄弟設定で活動していたそうです。

M:Handle With Care/Traveling Wilburys
M:Congratulations/Traveling Wilburys

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
高知在住のウクレレ&ギタープレイヤー、Kyasさんをお迎えしました!
Kyasといえば、第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワードに
アルバム「夕暮れカーニバル」がノミネートされましたが、今回は残念ながら、、、、
素晴らしい生演奏も届けていただきました。

【プロフィール】
2003年 YAMAHA PMSギター講師のライセンスを取得し、楽器堂OPUSにて音楽教室の講師を始める。
2007年 KIWAYA主催の「第4回ジ・ウクレレコンテスト」の全国大会に出場し、テクニック賞を受賞。
2010年7月 UKULELE FESTIVAL HAWAIIに日本人代表として出演。
ジェームスヒル・ブライアントレンティーノ・ハーブオータらと共演。
2010年9月 ジェイクシマブクロ「I ♡UKULELE 2010」ツアーにてサポートアクトに選ばれ共演。
2011年3月 ウクレレブームが巻き起こっているタイで催されたThailand Ukulele Festival に出演。
2012年2月に同イベントに連続出演を果たします。

2017-05-19 10.56.53

M:Kailua Sunset(LIVE@InterFM STUDIO)/Kyas
M:Over the rainbow/Kyas

Kyas facebook:https://www.facebook.com/KYAS.Ryo/
第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード:http://www.nahokuhanohano.org

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。

メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.20 2017

2017/05/20 / Category:Entry

前半は、「遠距離恋愛」をテーマに選曲してみました!
この春、遠距離恋愛になってしまったカップルもいるのでは?
そんなカップルに捧げます。末永くお幸せに☆

M: Distance And Time/Alicia Keys
2009年リリース。すべての遠距離恋愛の恋人たちに捧げます、、、

M: Long Distance/Brandy
2008年リリース。アルバム「Human」に収録

M: Long Distance Love/Little Feat
1975年リリース。大好きなLittle Feat「The Last Record Album」から

M: Miles Away/Madonna
2008年リリース。会えない時間が愛を育てるのか? 遠距離恋愛の永遠のテーマです

M: Hey There Delilah/Plain White T’s
2007年リリース。全米シングルチャート1位を取った代表曲です

遠距離恋愛、、、メールやSNS、FACETIMEなどのツールも増えてきて、
昔ほど距離を感じなくなってきているかもしれませんね、、、

 

 

【NO FO FON TRESURE】
レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は1969年リリース、The Cuff Linksの「Tracy」の中からOA!
ジャケットはアイドル?と思うぐらいの可愛い女の子が印象的です。
なぜそのようなジャケットかというとバンドの正体が覆面バンドだったからだそうです。

M:Tracy/The Cuff Links
作詞作曲はアメリカンポップスのソングライティングチーム、
Paul Vance、Lee Pockriss

M:Early In The Morning/The Cuff Links
ヴォーカルはアメリカを代表するセッションヴォーカリスト、Ron Dante
わずか数日のヴォーカル録りで完成されたアルバムだそうです

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストに元ROCKING TIMEのヴォーカル、現在はソロ活動をされている、
今野英明さんをお迎えし、ウクレレを始めらたきっかけ、
今野さんが考えるウクレレの魅力などたっぷりと伺いました!

【プロフィール】
2002年、ROCKING TIMEのヴォーカルとしてライブ活動を行い、 数枚のシングル、アルバム等を発表。
2005年、ウクレレアルバム「UKE!TIME」、初のソロアルバム「息を吸いこんで」を発表。
HOME GROWN、ハナレグミなどの多くの作品に参加。
最近では、ハナレグミ『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』で
ROCKING TIMEの「ありふれた言葉」がカバーされ、本人もゲスト参加している。
2006年、バンド「今野英明と東京ランデブー」を結成。

2017-05-12 00.10.59

M:ありふれた言葉 (LIVE@InterFM STUDIO)/今野英明
今野さんのオリジナル曲、ROCKING TIME時代の曲

M:やさしさに包まれたなら/今野英明
2009年リリース、「GOLDEN MELODY」に収録

今野英明 & Walking Rhythm:http://essence-inc.jp/RtKongchang/index.html
今野英明 Twitter:https://twitter.com/rtkongchang

【ラストナンバー】

M:フニクリ フニクラ(May.)/関口和之 Feat. ウクレレカフェカルテット

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.13 2017

2017/05/13 / Category:Entry

今週の前半は、「春は曙」枕草子 第一段 清少納言、、、
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、
山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」

春の夜明けは良い、、、そんな「春は曙」枕草子に肖って、
今週は「Dawn(夜明け)」をテーマに選曲しました!

M: Dawn (Go Away)/Four Seasons
まさに夜明けに聞きたい1曲、、、

M: Early in the morning/Cliff Richard
元々はイギリスのグループ Vanity Fareの大ヒット曲、
それをCliff Richardがカヴァー。来日記念盤シングルとして日本でリリースしています。

M: The Morning Fog/Kate Bush
35年ぶりに行ったライブの音源を収めた、
ライブアルバム『Before The Dawn』を去年リリース! 話題となりました!

M: Wednesday Morning 3 A.M./Simon & Garfunkel
朝と夜の境目ってなかなか分かりづらいけど、この曲では午前3時は朝?

M: I Love You Dawn/Crowded House
オーストラリア出身のバンドで、
86年にリリースした「Don’t Dream It’s Over」が大ヒット!
この曲をきっかけに世界中に知られました。

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は77年リリース、Bruce Johnstonの「Going Public」の中からOA!
以前に、Beach Boysの「Surf’s Up」、カヴァーしたArt Garfunkelのヴァージョンもかけましたが、
オリジナルのBruce Johnstonも聞きたい!ということで見つけてきました!

M:Disney Girls/Bruce Johnston

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストにギタリスト、ウクレレ奏者でもある、山口岩男さんをお迎えしました!

昨年3月には、初のハワイアンスラックキー・ギターアルバム「Slow Music」をリリース、
そして、そのアルバムが今年のナ・ホク・ハノハノ・アワード、
インターナショナルアルバム部門にノミネート!
アルバム制作のお話、ノミネートの際に起こったハプニング談など、
たっぷりと伺いました。

2017-05-12 00.10.53

M:Ku’u Lei Awapuhi (LIVE@InterFM STUDIO)/ IWAO yamaguchi

M:赤いスイートピー(Red Sweet Pea) / IWAO yamaguchi

山口岩男/IWAO Yamaguchi OFFICIAL WEB:http://iwao-breeze.com

ナホクハノハノアワード 2017は、
5月20日、ハワイ・コンベンション・センターで開催されます!
OFFICIAL WEB:http://www.nahokuhanohano.org

 

 

【ラストナンバー】
M:カーマは気まぐれ / 関口和之 Feat. 分山貴美子
M:ほのか /関口和之 & 田村玄一

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!

NO-FO-FON TIME Playlist May.6 2017

2017/05/06 / Category:Entry

ゴールデンウィークも終盤ですが、
皆さん5月4日の「みどりの日」って何の祝日だかわかりますか?
子どもだったら、「何の祝日なんだろう〜」と疑問に持つかもしれません。

今週の前半は、そんな「緑」の日に因んで、「緑(グリーン)」をテーマに選曲してみました!
ちなみに5月4日の緑の日は、、、
「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としているそうです

M: Green Tambourine/Lemon Pipers
68年リリース「Green Tambourine」に収録。Popな曲で大ヒットしました、、、

M: Leaves That Are Green/Simon & Garfunkel
66年リリース「Sounds of Silence」に収録。

M: Little Green/Joni Mitchell
71年リリース「Blue」に収録。曲に登場する少女の名前が「Green」ちゃん、、、

M: Green Earrings/Steely Dan
76年リリース「The Royal Scam(幻想の摩天楼)」に収録。

M: Green Aphrodisiac/Corinne Bailey Rae
16年リリース「The Heart Speaks in Whispers」に収録。「緑色の媚薬」という意味だそうです、、、

【NO FO FON TRESURE】

レアなアナログ盤の中から、お気に入りの名盤を紹介する「TREASURE」のコーナー!
今週は80年リリース、Utopiaの「Deface The Music」から2曲OA!
ジャケット見ると、Beatlesの「With the Beatles」にどことなく似ている、、、
そして曲からもBeatles 愛が伝わってきます、、、

M:I Just Want To Touch You/Utopia

M:All Smiles/Utopia

【NO FO FON CIRCLE】

今週の「NO FO FON CIRCLE」は、
ゲストにシンガーでウニキ・クム・フラでもある、Sandii(サンディー)さんをお迎えして、
関口さんとの出会いのお話、スタジオ生演奏、
Sandiiさんの提案するハワイ化計画のお話などたっぷりと伺いました。

【Sandii プロフィール】
1976年 世界歌謡祭で最優秀歌唱賞を受賞し、シンガーとしてのキャリアをスタート。
1980年 YMOの細野晴臣プロデュースのアルバムを日英でリリース。
1990年 シンガポールのディック・リーのプロデュース・アルバム『マーシー』をリリース。
戦前の歌謡曲からハワイアン、アジアやブラジルの音楽を前向きに吸収し解釈した独自のスタイルは、当時、日本で巻き起こったワールドミュージック・ブームの先駆者となります。
1996年からは、自らのバックグランドであるハワイ音楽のアルバム制作も続け、
自身のフラスタジオを設立し、現在800名の門下生を育成。
2005年には数々の修行が認められ、フラ・カルチャーを伝導する最高位である
「ウニキ・クム・フラ」の称号をハワイの先人達から授かります。

2017-04-28 22.12.08

M:Akaka Falls (LIVE@InterFM STUDIO)/関口和之&Sandii

関口さんが大好きなハワイアンソング「Akaka Falls」を関口さんとセッション、、、

M:Waikiki/Sandii
4月26日にリリース「ISLAND CAFE meets Sandii The Hula」の6曲目に収録、、、

SANDII Official Website:http://sandii.info

4月26日にリリース「ISLAND CAFE meets Sandii The Hula」

http://sandii.info/discography/islandcafe/

 

みなさんからのメッセージ、リクエスト アナログショップ情報もお待ちしております。
メールアドレスは、ukulele@interfm.jp まで! 来週もお楽しみに!