月別アーカイブ: 2013年2月

シタール奏者サワン・ジョシの超絶技巧!?

2013/02/28 / Category:Info

明けて3月3日は桃の節句ですが

ここ六本木・北回帰線は、空気も変わるシタールの世界に!

ネパール出身のシタール奏者・サワン・ジョシさんが、愛器を持って

やって来ました。

DSC_0280

シタールを世界に広めたと言えば、昨年12月11日に92歳で亡くなり

今年の第55回グラミー賞でも特別表彰されたラヴィ・シャンカール

思い起こされますが、ホキ徳田はLAでヘンリー・ミラーと一緒にお茶をした事があったとか!

DSC_0285

サワン・ジョシ氏はネパール・カトマンドゥ生まれで、2000年に留学生として来日

14歳からシタール演奏を学び、この春からは母校の東京藝術大学で教鞭をとるそうです。

今回は、川幡浩の古くからの知り合いでもある音楽プロデューサー

工藤佑之氏が、そのサワン・ジョシ氏の古典をベースにして様々な楽器と

コラボ出来る魅力を引き出すべく、ライブを企画。来る3月8日金曜日18:00/19:30

原宿La Donna(ミュージック・レストラン・ラドンナ)です。

シタールLIVEimg010

常にインストゥルメンタルに新風を送り続けている工藤佑之さんも、このシタールの

魅力を熱く語ります…

2003年にインディーズで発表したサワン・ジョシ氏のCDアルバム「SWOTANTRA」から

その「スワタントラ」(サンスクリット語で“自由”)を紹介します。

ジャケットは、ホキ徳田が「あらジャニーズ系ね」と言った10年前のサワンさんが…

サワン・ジョシCD2003img010

さすがに、打合せ無し、リハーサルなしの当番組のスタイルでは、シタールとホキのコラボは

難しく・・・でも、ちょっとやってみますか!?(放送をお楽しみに!?)

ホキ徳田は、3月3日が電話の発明者グラハム・ベルの誕生日にあたるので…

歌詞に♪貴方からの電話を~という個所のある♪この恋に生きて IT MUST BE HIM を歌います。

即興で、携帯電話で「ベル音」をだす大津山雄二ディレクター。ん、イイネ!

DSC_0289写真⇒ホキ徳田+サワン・ジョシ+工藤佑之+川幡浩 

Sawan Joshi シタール LIVE~NEPAL BEAT~
日時:2013年3月8日(金)18:00/19:30
場所:原宿ラドンナ ●予約受付・03-5775-6775(15時~22時)
料金:前売り¥3,500 当日¥4,000

シタール・チラシimg011

渋い!?巧い!ジャズ・シンガー木津ジョージさん

2013/02/21 / Category:Info

「いやぁ、ここ来る前に日本酒をちょっとね…」と現れたのは

超ベテラン、ジャズ・シンガー木津ジョージさん!

「YUMMY MUSIC」となった昨秋、「綾子に逢いたい」と細川綾子さん来日時に

飛び入り出演、次は「ジョージに逢いたい」という水谷八重子さんの希望で

ゲスト登場した木津ジョージさん、今回は単独出演です。

DSC_0271

ホキ徳田とは、「新橋の石原慎太郎さん達がやっていたバーで、私がピアノを

弾いていた所に遊びに来たのよ、ジョージが」「いや、その前に会ってるんだよ…」

と記憶が定かでないようですが…古いお付き合いのようです。

DSC_0261 - コピー

生で、渋い歌声を披露して下さいますが、私(川幡浩)がここ数年探していた

木津ジョージさんが、アービング・バーリンの作品を歌ったCD(インディーズ)を

「これ1枚しか残ってねぇんだ」とプラケースの割れたアルバムを持参してくれましたぁ!!

さっそく、ジョージさんの1番好きだという♪WHEN I LOST YOU を聴きます!!

アービング・バーリンimg010
CD裏img011

この「アービング・バーリンに夢をのせて/木津ジョージ」は、残念ながら生産終了で入手困難です。

番組ではホキ徳田とも歌いますが、さらにお宝CD・2003年に制作された「グローバル・フォア」から

♪RED SAIL IN THE SUNSET を。この伝説のユニット「グローバル・フォア」は

木津ジョージ・高橋伸寿・由起真・井上良(故人・早見優の父)の男性ソロ・シンガーで結成。

img010

現在もジョージさんと由起真さんは、ジョイント・ライブを行っていますが

「グローバル・スリーはなぁ・・・」との事、楽曲のアレンジ直しなども大変なのでしょう…

さて、飯倉、麻布十番にあったお店「ジョージ」に来店した海外&日本の著名人の

「話しても、もういいだろう!?」爆弾話は、今回はどこまで出るのでしょうか?

「え?告知?スケジュール、家帰んないとわかんねぇから、いいや(笑)」

粋で元気でカッコイイ!?JAZZシンガー木津ジョージさんでした。

ホキ徳田が歌う「太陽SONG」

今週は、アービング・バーリンの作品から「ブルー・スカイBLUE SKIES」を

青空には太陽が出ているし、歌詞にもSUNが入っていますよね

DSC_0275

アーティストSHOKOさん登場!

2013/02/15 / Category:Info

ロンドンと東京を拠点に活動をされているアーティストのSHOKOさんが登場。

ホキ徳田曰く「お友達のお嬢さんで、可愛いGALよ!!」

ホキさんにかかると皆GAL扱いにされますが(苦笑)

SHOKOさんは、ファッション雑誌「FRaU」「so‐en」「ELLE」などでも

そのアートワークや活躍ぶりがうかがえるアーティストで素敵なレディです。

SHOKODSC_0179 - コピー

高校在学中に「mcシスター」の専属モデルとしてデビュー。文化服装学院卒業してモデルも引退、

イギリスへ渡り留学。大学~大学院でアートを学び、イラスト、ドローイング、写真、パフォーマンス

音楽、ファッションと幅広い分野で活躍しているアーティストSHOKOさんです。

昨年、こよなく愛するロンドンをSHOKO流に切り取ったアート・ブックとガイド・ブックを

ミックスしたような著書「女の子のためのロンドン・ガイドーTHE LONDON BOOK」

(文化出版局刊・1,575円税込)を発表。その裏話も番組で…

SHOKO本img010

そして、MUSIC

ここ六本木・北回帰線に妹さんと遊びに来て、ホキ徳田のピアノでデュエットで

歌った事があるとか…

アニエスベーのコンピ盤に収められたオリジナル曲「MIZUIRO」

アートワークもすべて自分で手掛けた初の音楽作品集「When the sun will rise」

img010

SHOKODSC_0201

さらに拘ってアナログ盤で制作したという「LONDON MY TOWN」~80年代の

イギリスPOPS界の歌姫Anthony Adverseのヒット曲をカヴァー。

アーティストSHOKOの音楽サイドを楽しみます。

SHOKODSC_0185

飲んだくれていられないのでおすましでポーズのホキと川幡!?

珍しくファッショナブルな雰囲気が漂う今週の「YUMMY MUSIC」です。

加藤登紀子×佐藤タイジ~ソーラーBUDOKAN・・・

2013/02/07 / Category:Info

加藤登紀子さん登場!

今回は、男性二人を従えて?北回帰線へやって来ました。

色々なフェスやLIVEで顔を合わせる事の多かったロック・バンドTHEATRE BROOK

リーダー、ギタリストの佐藤タイジさん。

そしてSAXを手に参加の、おトキさんの大学の後輩(つまり東大卒)郷原繁利さん。

DSC_0212< いきなり全員で、セッションをする事になり、それは大騒ぎ! 「この曲はやだな」と言っていたホキ徳田

「イントロ、なんかやってあげよう」…と弾き始めて

ぶっつけ本番の「MACK THE KNIFE」をお楽しみに!?

DSC_0221

昨年末(2012年12月20日)に、東京・日本武道館で

太陽光発電で生まれた電気でライブをやる!という佐藤タイジ氏の

熱い思いが実現した「ザ・ソーラーBUDOKAN」

奥田民夫・吉川晃司・藤井フミヤ・斉藤和義・怒髪天(増子直純)etc…

そして勿論、加藤登紀子さん・・・18組のアーティストが集い4時間に

渡るLIVEパフォーマンスを、(音響からステージ照明~LED使用、客席照明、リハーサルまで)

100%ソーラーで成功させました!

DSC_0231

熱く語ってくれた佐藤タイジ氏!

アーティストのサイトなどで「送電じゃなく蓄電池で直で音を出したら

ものすごくクリアだった」「太陽光のキレイな電気でギター弾いたら…」と言う

発言を読んでいた私(川幡浩)ですが

太陽光発電の蓄電気でプレイすると「ギターの音が良い!」という発見は驚き!

これから音にこだわるという事は、その電源から考えるべきですね!

さて、武道館でも佐藤タイジ氏が作った曲「愛と死のミュゼット」を歌った

加藤登紀子さんが、佐藤タイジ&THATRE BROOKとライブ・ハウスで競演します!

おなじみの曲も、新アレンジ、ライブ・バージョンが楽しめるそうです!?

題して「LIVE REVOLUTIONS!」

代官山UNITimg010

●日時:2013年2月15日金曜日 18:00/18:30
●場所:代官山UNIT 
●INFO:03-5459-8630 earth garden 03-5463-3282
●料金:ADV¥3500 DOOR¥4000

そして、加藤登紀子コンサート
お馴染みピアニスト島健さん(昔、LAのホキさんのお店で弾いていた事もあるそうです)と

納浩一さんのベースをバックに、おトキさんの「恋歌」ワールドが繰り広げられます。

おトキさん0301img011

●日時:2013年3月1日(金)17:30/19:00
●場所:六本木・STB139スイートベイジル 
●チャージ:¥8000(税込)
●予約コール:03-5474-0139