CLEAN BANDITのインタビューをお届け!

2018-01-29 / Category:Entry

今週も、Shaulaが張り切ってお届け、SONIC RADIO!

今回は、先日来日公演を行った「CLEAN BANDIT」のインタビューをお届けしました!

イギリス出身の3人組、「CLEAN BANDIT」。

クラッシックをベースにしたエレクトロ・ユニット。

メンバーは、ベース、サックス、キーボードの「ジャック・パターソン」。

ドラムの「ルーク・パターソン」。この2人は兄弟です。

そして、今回インタビューに答えてくれたのはチェロの「グレース・チャトー」。

 

まず初めに、メンバーはケンブリッジ大学で出会ったということなので、

大学でのことから、音楽を始めたキッカケなどを伺っていきました。

グレースがチェロを始めたのは7歳のとき、お父さんがチェロやヴァイオリンやっていたそうなので、家には楽器であふれていました。グレース自身もそれが普通のことだと思っていんだとか。

なのでグレース自身が影響を受けたアーティストを尋ねるとモーツァルトなどクラシックから

受けた影響が大きいそうです。

あとはとにかく「Radiohead」。とても大きな影響を受け、とても魅力的に感じていたとか。

 

「CLEAN BANDIT」を一躍有名にした楽曲といえばやはり「Rather Be」。

この「Rather Be」のおかけで世界中をツアーで周るなど、自分たちがやりたいことが出来た。

日本を舞台にしたMVだったので、こうしてまた日本に戻って、撮影当時に出演してもらった方たちをライブに招待するなど、すごい特別な時間を過ごすことができたと答えてくれました。

 

そんな「Rather Be」のMVの舞台になった日本の印象を詳しく聞いてみました。

もうすでに日本に来るのは6回目。

メンバー全員日本のことが気に入っていて、1年ぐらい日本で過ごそうかという

話までもでてるそうです!!嬉しい!

 

さらに気になるニューアルバムのことを伺うと、

今は、作った曲がたくさんあって、どれをアルバムに入れるか、誰に歌ってもらうかを考えてる状態みたいです。

今年の前半にはリリースされると言っていたので今からもうめちゃくちゃ楽しみ!

グレースさん、たっぷりの貴重なお話ありがとうございました!!最高なアルバムの到着を待ってます!

 

次回のSONIC RADIOは、この春開催される日本最大級のポップ・ミュージック・フェス、

「POPSPRING2018」を大特集します!ぜひお聴き逃しなく〜♪