The Real Music Station

TALKIN’ ON SUNDAY

Sun. 07:00 - 08:00
DJ: 古家正亨
Mail
古家正亨がお届けする日曜日のモーニングショー。世界に散らばるニュースやトピックスを、各地で愛される音楽とともにご紹介。さらに、「みなとアセットpresents SUCCESSION 〜Handing Over The Torch〜」のコーナーでは、毎回、多彩なゲストをお迎えし、相続や土地、不動産、経済など様々な分野におけるワンポイント講座やQ&Aをお送りします。

Playlist

Aug 28 2016

MusiacsearchReload
  • 07:05 "SUNSHINE DAY" MATT BIANCO
  • 07:12 "COMPLICATED" AVRIL LAVIGNE
  • 07:19 "CALIFORNIA KING BED" RIHANNA
  • 07:26 "A THOUSAND MILES FEAT. ALEX GOOT" BOYCE AVENUE
  • 07:39 "ENGLISHMAN IN NEW YORK" STING
  • 07:51 "LONG HOT SUMMER" THE STYLE COUNCIL

Program Blog

8月28日 (日)

8月28日(日)第69回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日もお聴きいただけましたでしょうか。

今週も先週に引き続き、
株式会社せたが屋の代表取締役 前島司さんをスタジオにお迎えしました。

 

 

IMG_6996

 

 

今週は”ラーメン”をキーワードにお伺いしますが、
現在は直営に15店舗、海外に5店舗、フランチャイズ店が2店舗、
計22店舗ということですけれども、やはりどうしても
本店との味の差が出てくると思うのですが、どう対処されていますか?

 

現時点で味の違いはあります。
しかし、私はそれを「店の個性」として活かしていきたいです。
美味しければ、全く同じ味にする必要はありません。

 

そうすると前島さんは、お店側にはどういった要求をされるのですか?

 

とにかく気持ちを込めて作ることですね。
あとは、同じお店でも作る人が違えば味も違ってきます。
その差を最小限に抑えることにもかなり苦労しています。

“せたが屋”のブラントを守っていくために
一番こだわっている部分はなんですか?

 

“せたが屋”といったら魚ダシなんです。
魚の効かせ方が大切です。
これをせたが屋らしく、強烈に出すことは徹底して言っています。

 

“せたが屋”さんが社員さんに一番求めていることってなんですか?

 

自分自身がラーメンを好きになることです。
味に対する追求がなければ、成長はできません。

 

先ほどの22店舗という数字はどうとらえていますか?

 

少ないと思いますね。もっと増やしたいと思いますが、
いろんなラーメンが作りたいので、いろんな挑戦を続けていたら
この数字になっていました。

 

世界的なラーメンブームですが、現地化というのは意識されていますか?

 

そうですね、メニューもガラっと変えていますし、
国民性の味の違いや材料の違いからみても、現地化というのは大切になってきます。

 

前島さんの最終的な目標はなんですか?

 

私の夢は小さなラーメン屋をつくって、私自身がお客様と向き合って
私のこだわったラーメンを提供することです。
私しか作れないラーメンを提供したいですね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
次回のゲストには、
画廊『青龍堂』4代目 代表取締役 小山健二 さん

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。
tos@interfm.jp

ツイッターでは  #トーク日曜  を付けてつぶやいてくださいね♪

 


Recent Entry


8月21日(日)第68回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

8月14日(日)第67回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

8月7日(日)第66回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

7月31日(日)第65回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

7月24日(日)第64回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

DJ Biography

古家正亨
ラジオDJ/テレビVJ/韓国大衆文化ジャーナリスト
帝塚山学院大学リベラルアーツ学部客員教授
北海道科学大学未来デザイン学部客員准教授
上智大学大学院文学研究科新聞学専攻博士前期課程修了。
韓国および東アジアの文化を中心に、幅広いジャンルでの比較対象を研究。
韓国観光名誉広報大使、韓国政府文化体育観光部長官褒章受章。
pagetop