月別アーカイブ: 2017年8月

8月27日(日)第121回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-08-27 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週に引き続き
株式会社FiNCの代表取締役社長CEOの
溝口勇児さんをスタジオにお迎えします。

 

■やっぱり健康が1番!と言いますが、
溝口さんが、考える“健康”って、どんなことだと思いますか?

健康は、それを手にしていれば幸せかといったらそうではない、
でもそれを失えば、全てを失うくらいのインパクトがあります。
つまり全てのことの土台だと考えています。

■溝口さんが注目している”健康寿命”について教えてください。

我々の定義では、人の支えがないと生きられなくなってしまう年齢を
“健康寿命”と呼んでいます。

■”健康寿命”はどうしたら伸ばせるのでしょうか?

まず”健康寿命”と本当の寿命の差は世界基準だと8年、
日本だと11年ある言われています。
健康寿命の終わりとは、寝たきりの状態などのことを指しますが、
そのうちの75%が脳卒中、認知症、関節疾患、骨折、衰弱です。
5つ全て予兆が現れてから起こることが多いです。
筋肉量の低下、骨粗しょう症、血糖値の上昇など
数多の要因が予兆として見えますが、
これもある日突然起こるのでは無く、原因を生み出す悪しき習慣の
延長で起こります。私はこの習慣を正しいものに変えていきたいのです。

■でも一人で習慣を変えるって大事ですよね?
そこでFiNCを利用してほしいということでしょうか?

そうですね。我々はなにも、明日から30分走りなさいと
言っているわけではなくて、選択を賢くすることをオススメしています。
例えば、自動販売機の前に立ってなにを買うのか。
コンビニではなにを買うのか、レストランでなにを食べるのか。
それは全て自分が決めているものですよね。
これを自分の体質に合わせて、目標に近づくものに
選択を変えていくサポートをAIを活用して、実現したいのです。

■今後はどのようにしてFiNCを発展させたいと考えていますか?

イメージはフェイスブックのヘルスケア版のような、
老若男女問わず、使っていただきたいですね。

■溝口さん自身の目標も教えてください

男性の寿命は平均80歳です。
これを日数に換算すると3万日です。
そして私が会社を設立したのは、私が生まれてから1万日目です。
次は2万日目、55歳くらいの時に訪れると思います。
そこまでに経営者として、絶大な力を持った人間になりたいと思います。
先週もお話しましたが、自分の家系や家庭にコンプレックスがありました。
でも世界ではもっと多くの人が食べ物やお金に困っています。
貧困や餓死など多くの問題があり、その問題を解決できるような
人間になりたいです。

今日の話を聞いて、FiNCのアプリが気になった方も多いと思います。
この、キレイにやせる AIトレーナーアプリ「FiNC」は、
アップルの「App Store」やGoogle Playから
無料で、ダウンロードできますので、ぜひ、チェックしてみてください。

【FiNC 公式ホームページ】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回は元女子サッカー・なでしこジャパンのメンバーでもありました
丸山桂里奈さんをスタジオにお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

8月20日(日)第120回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-08-20 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週までのゲスト、
司法書士の高橋朋宏さんからトーチを受け取ります、
株式会社FiNCの代表取締役社長CEOの
溝口勇児さんをスタジオにお迎えします。

 

■溝口さんですが、株式会社FiNCの社長さんでらっしゃいます。
このFiNCというと、最近では、スマホのアプリに
使用している人も多いと思うんですが、まずは、どんな会社なのか、
ご説明して頂けますか?

我々は予防ヘルスケア×AIテクノロジーに特化した会社です。
社内には200人くらいの人間がいます。
特徴的なことは、そのうちの三分の一がヘルスケアの専門家です。
そして三分の一がテクノロジーに精通したエンジニアです。

■会社設立の経緯はなんですか?
私は、比較的変わった家庭で育ちまして、
父は孤児院生まれで両親がいなくて、母には父がいなく、親戚も全くいません。
その両親は私が3歳の時に離婚しました。
それも理由で、現代には稀に見るような貧困の中で育ちました。
高校の学費は自分で全て払って行きました。
就職進路も、学校から提案されるものは、自分の希望のものでは無いものでした。
そんなときにトレーナーをやっている人に出会って、
そこからトレーナーの仕事に関わるようになりました。

■そこから就職に繋がったのですか?

そうですね。在学中にスキルを磨くことができたので、
卒業後はフィットネスクラブでバイトをしながら、
個人では選手は一般の方に指導させていただいて、収入を得ていました。

■どのようにして経営者になったのですか?

アルバイトをしていたフィットネスクラブから、
社員になってくれと猛烈に言われまして、社員トレーナーになりました。
23歳の時に、大きめのフィットネスクラブの支配人を任され、
紆余曲折ありましたが、徐々に認めてもらい、
24歳の時にその会社の全ての経営を任されるようになりました。
そこから3年くらい、実践的に経営の勉強をして、27歳の時に企業しました。

■さて、溝口さんが社長を務められます、FiNCですが、
冒頭でもお伝えしたように、最近では、スマホのアプリが有名ですが
“アプリ”でヘルスケアをするということに注目されたのは、なぜですか?

トレーナーと利用者が対面で提供できるサービスには限界があります。
そうなると、フィットネスクラブを増やさねばなりません。
しかし、10年、20年の間でフィットネスクラブの数が増えても、
通っているお客様の数があまり変わらなかったのです。
どうしようかと悩んでいる時に、スマートフォンが普及しました。
私はこれを見た時に、今まで対面だったものが、非対面でも同じサービスが
提供できると確信しました。

■健康アプリとAIを組み合わせた”FiNC”ですが、
AIの導入は具体的にどんな利点がありますか?

お客様が続けられる理由として大切なのは、
寄り添ってくれることだと思っています。
カルテの記入の書き忘れ、食事メニューの記入、
体重測定の記入など、つい忘れがちなことを
アプリが呼びかけてくれたり、お悩みや目標などを記入すると、
それに沿ったアドバイスをしてくれます。
一人では頑張れないこと、面倒になってしまうことに
トレーナーの代わりにAIがより添えればと思います。

今日の話を聞いて、FiNCのアプリが気になった方も多いと思います。
この、キレイにやせる AIトレーナーアプリ「FiNC」は、
アップルの「App Store」やGoogle Playから
無料で、ダウンロードできますので、ぜひ、チェックしてみてください。

【FiNC 公式ホームページ】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回も引き続き、
株式会社FiNCのの代表取締役 溝口勇児さんをご紹介します。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

8月13日(日)第119回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-08-13 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週に引き続き、司法書士で、
経堂司法書士事務所・代表の高橋朋宏さんをお迎えしました。

 

 

 

■先週は、高橋さんに、司法書士のお仕事内容や、世田谷・経堂ならではの、
土地や住宅などの問題についてお聞きしましたが、
今日は、経堂司法書士事務所さんでも、もちろん扱うケースも多いと思います、
“相続”について、色々とお話を伺っていこうと思います。
高橋さんは、この番組とも縁が深い
「えがお相続相談室」の世田谷相談室としてお仕事もされているんですよね?
最近はどんな質問が増えていますか?

入り口は相続税のことを心配されて、ご相談にいらっしゃる方が多いですね。

■高橋さんからリスナーに、アドバイスはありますか?
やはり相続税の部分につきましては、
将来的に困るケースが多いので、お元気なうちに
どれくらい税金がかかるのかなどを検討していただいて、
ご自分の相続について考えていただきたいですね。

 

■家族が集まるお盆などに話し合いたいものですが、
なかなか切り出すのは気まずいですよね?

それは永遠の課題でもあります….
特に自分が子供で親御さんに話を切り出すのは
ハードルが高い部分もありますよね。
ただ最近はいろんなメディアなどで、
相続について考えようと呼びかけていますし、
本屋さんなどに行くと、遺言書のカジュアルなバージョンの
エンディングノートみたいなものが置いてあると思います。
そういったものを活用して、話の糸口になればいいと思います。

 

■相続に関しまして、兄弟などでトラブルになるケースを
よく耳にしますが、どうすればトラブルを避けられるのでしょうか?

まず、遺産分割協議をしなければいけない状況になっている時点で
一歩手遅れな状態なんです。
遺産分割協議をしなくてもいいように、
相続される方は元気なうちに遺言書を書いておき、
自分がなくなった後に、遺産分割協議をしなくても済むように
してあげることが、一番の解決方法ですね。

 

■そこでサポートしてくださるのが、司法書士のお仕事ですよね?
具体的にどんなサポートをしてくれますか?

「えがお相続相談室」では遺言書を作成するために、
税理士さんに相続税のシミュレーションをしていただいたり、
司法書士の仕事としては、遺言書の作成のアドバイスなどです。
その他の専門家もチームとなって、案件ひとつひとつに
お手伝いすることができます。

 

■専門家に相談に行く時は、一人で行くのか、
ご家族と行った方が良いのか、ベストなものってありますか?

 

ケースバイケースですが、相続は非常に繊細なお話になります。
ご家族でのお話もとても大事ですが、
まとまった意見をご自身で相談するのがベストだと思います。

 

 

今日の話を聞いて、高橋さんに、
相談してみたいと思った方もいらっしゃると思いますが
そんな方は、高橋さんが代表を務める、
経堂司法書士事務所にお問い合わせください。

電話番号は・・・03-3420-1879

※受付時間 平日9:00~17:30

詳しくはこちら!!

http://www.kyodo-office.com/jimusho/profile/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回のゲストには、
株式会社FiNCのの代表取締役 溝口勇児さんをご紹介します。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

8月6日(日)第118回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-08-06 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

先週までのゲスト、現役のケアマネージャーで行政書士でもある
稲葉寛史さんからトーチを受け取ります、
司法書士で、経堂司法書士事務所
代表の高橋朋宏さんをスタジオにお迎えしました。

 

 

■先週の稲葉さんは、行政書士。そして高橋さんは、司法書士。
まずはこの2つの違いについて、教えてください。

どちらもお役所さんに対する書類の作成や申請代行が主な業務です。
簡単に言うと、法務局と裁判所に出す書類を作るのは
司法書士で、それ以外の書類が行政書士さん、ぐらいのイメージです。

■最近、テレビやラジオでよく「過払い金のご相談」という
ワードを耳にします。そのときに、司法書士の◯◯さん、
というお名前をよく耳にしますが、そういったお仕事もありますか?

あります。
法務局と裁判所に出す書類を作成していると言いましたが、
このお仕事は裁判所のほうに分類されます。

 

■高橋さんが、司法書士を目指したきっかけはなんですか?

実は割と消極的で、受験勉強始める前はフリーターみたいな
感じで過ごしていました。学歴があまり無かったので、
国家資格をとるしか無かったですね。かなり集中して頑張りました。

 

■最近はご依頼も多いのでは?

最近はとても多いです。
私は相続に関して力を入れていますが、
何年か前に、相続税の税法の改正がありまして、
その関係でご相談は増えましたね。

■高橋さんが代表を務められます、経堂司法書士事務所ですが、
どれくらいの歴史があるんでしょうか?
30年以上の歴史を持っています。

■世田谷区や経堂ならではの、問題というのは、
どんな問題がありますか?

世田谷区というのは、土地の価格が元々高い場所ではないです。
時間をかけて価格が高くなった土地が多いです。
ですので、昔から世田谷区に住んでいた方は、
相続を行うときに、相続税を払えない方もいます。

 

今日の話を聞いて、高橋さんに、
相談してみたいと思った方もいらっしゃると思いますが
そんな方は、高橋さんが代表を務める、
経堂司法書士事務所にお問い合わせください。

電話番号は・・・03-3420-1879

※受付時間 平日9:00~17:30

詳しくはこちら!!

http://www.kyodo-office.com/jimusho/profile/

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回のゲストには、
司法書士の高橋朋宏さんを、ご紹介したいと思います。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp