月別アーカイブ: 2017年10月

10月29日(日)第130回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-29 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週までのゲスト、ジャズ・シンガーの
八代亜紀さんからトーチを受け取ります、
映画監督の伊藤秀裕さんをお迎えしました。

 

本日のゲスト、伊藤秀裕監督ですが、1948年生まれ。
現在69歳の大ベテラン監督であり映画プロデューサーですが….

 

■映画監督になろうと思ったきっかけはなんですか?

僕は広告代理店に一年勤めたことがありまして、
毎日スーツをきて、満員電車に乗る生活に疲れちゃったんですよね。
そんなときに、姉の夫が映画の助監督をやっていることを知ったんです。
彼らの生活を見ていると、半年は仕事するけど、
半年は自堕落に過ごしていて、それが憧れだったんです。
そして「日活ロマンポルノ」と「東映」を掛け持ちしたんです。
その後、日活の作品に衝撃を受けて、日活の助監督になりました。

 

 

■それまでは映画に関するお仕事は全くしていなかったんですか?

してないですね(笑)なのでいろいろ大変でしたよ。
いきなり監督に「”じゃっく”考えろ!」って言われて、
初めは「ジャックってなんだろう…」って思ってたんですね(笑)
後からわかったんですけど「惹句」つまりキャッチコピーですね。
その作品の謳い文句を考えろって言われてたんですけど、
何も教えてくれないので、自分で考えてやりましたね。
当時は予告編ってNGカットで作っていたんですけど、
そのやり方とかも全然わかりませんでしたね。

 

 

■当時の予告編ってNGカットで作っていたんですか!?

日活はそうでしたね。
今みたいにコピーできないので、本編のフィルムは使えなかったですね。
なのでNGカットを繋いで作っていました。

 

 

■これまでに、監督、脚本、プロデューサー、
助監督などで関わった作品は、どれくらいあるんですか?

おそらく1000本以上はあると思います。
誰が携わっていたかもわからないですね(笑)
すぐには思い出せないほど、多くの人と作品を作ってきました。

 

 

■そんな伊藤監督の最新作であります。
映画『おみおくり』について、色々とお聞きしていきたいと思います。
この作品はどういった話ですか?

 

女性納棺師が立ち会う葬式の7つのエピソードです。
いろんな「おみおくり」があるとおもいますが、
納棺師の視点で描いたエピソードです。

 

 

■主演は、高島礼子さんですが、
高島さんにお願いした理由などありますか?

高島さんの映画デビューがうちの
「さまよえる脳髄」でしたので、そこから何年かに一回は
彼女の主演映画に取り組んできました。
今回もそれで彼女にお願いしました。

 

 

■今は高齢化社会のなかで「終活」という言葉が
一般的になっていました。
監督ご自身はこの「終活」についてどうお考えですか?

この映画自体、初めは終活とリンクさせていませんでした。
撮っている間に、周りの人に終活の話に繋がると言われて、
撮影をしながら終活について考えましたね。

 

 

■監督が、この作品を通して、一番伝えたかったこととは、
どんなことでしょうか?

 

作品の中で心に闇を抱えた女性が出てきます。
その人は両親が事故で死んだ時に、
葬式に立ち会えなかったトラウマを引きずっています。
愛した人と、別れをちゃんと伝える作業って
生きてる人には難しい事で、それをしないと
どっかに痼りが残ってしまうと思うんです。
そんな事を思いながら描きました。

 

映画「おみおくり」

公開予定日  2018年  3月24日
場所    有楽町スバル座

詳しくはこちらをチェックしてください!!

映画おみおくり」公式サイト

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週も、映画監督の伊藤秀裕さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

 

10月22日(日)第129回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-22 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今日は、先週に引き続き、八代亜紀さんをお迎えしました。

 

 

■まだ7時台ですが、朝はどうお過ごしですか?

コンサートの日だと新幹線ですね。
昼夜でコンサートするんだけど、日帰りなの!
大阪とか名古屋とか、帰って来させられちゃうの….
次の日もあるから!今でも年間180ステージやってるからね。
1日2回公演なので、本当にきっついですよ(笑)

■デビューしてから46年となります。
そんなキャリアの間には、音楽シーンの中でも、
いろんな変化があったと思います。

そうですね。当時はカートリッジですね。
「8トラ」ですよ。それを八代亜紀は一年に6本でます。
一本で13曲くらいですね。週に5~6曲は収録していましたね。
それにコンサートやテレビもあったから
年に休みが2日しかない年もありました!
だから車の中に看護婦さんがいて、車の中で点滴を打ってましたね(笑)

 

 

■それだけ忙しい中で、歌い続けるモチベーションとは?

やっぱり続けられるということは、
それだけ指示されているということ、
その感謝の気持ちが、原動力ですね。

■今は音楽番組も減り、カセットやMDも無くなってきています。
どのようなことを感じますか?

私はコンサートなど、生ものは必ず録音してその日のホテルでききます。
カセットに録音していたころは、簡単でしたがMDは大変です(笑)
早送りするにも、ずっと押してないといけませんから(笑)

 

■この番組では“伝統”や“継承”に、フォーカスしてお送りしているんですが八代さんの曲は、まさに、現在までに、
多くの人に歌い継がれてきていると思います。
そんな中、八代さんは、2016年に「フジロック・フェスティバル」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL」などにも出演していますが、
でるきっかけはありましたか?

これはジャズをだしてから話題になって、
若い人もフェスで盛り上がってくれて、ちょー面白かったです(笑)
普段のコンサートでは味わえない感覚でした。
若い方のあふれるエネルギーを感じました。

■今回のジャズ・アルバムはもちろん、八代さんは、2015年に、
ブルース・アルバム『哀歌-aiuta-』もリリースされています。
演歌だけでなく、シンガーとして、
様々なジャンルの音楽を歌ってきていますが、
やはり、自分の中で、いろんな音楽を歌っていきたいという気持ちが、
強いのでしょうか?

 

そうですね。
でも最近の人の曲は歌えないです(笑)
言葉の節目や切り方が全然違うの。
覚えられません(笑)

 

このアルバムの雰囲気を是非、ライブで体感してください!!
アルバムの発売記念コンサートもありますよ!
詳しくは公式ホームページをご覧ください!

【八代亜紀 公式ホームページ】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週は、映画監督の伊藤秀裕さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

10月15日(日)第128回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-15 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週までのゲスト、歌手の森山良子さんからトーチを受け取ります、
今日はジャズ・シンガーとして、ご紹介した方が良いでしょう!
八代亜紀さんをスタジオにお迎えしました。

 

 

 

1971年にデビュー。以来、
「なみだ恋」や「舟唄」を始め、数多くの名曲を発表。
1980年発表の「雨の慕情」では、レコード大賞も受賞するなど、
“演歌の女王”の異名を持ち、
日本を代表する歌手としてお馴染みの存在です。

歌謡曲を歌われているイメージが強いかもしれませんが、
今日は、ジャズ・シンガーとしてお迎えしています。
というのも、八代さんは、今週10月11日に、
ジャズ・アルバム『夜のつづき』をリリースされています。
2012年に初のジャズ・アルバム『夜のアルバム』をリリースされていまして
今回は、それに続く第2弾のジャズ・アルバムとなります。

■五年前にジャズ・アルバムをリリースしようと思ったきっかけはなんですか?

私はそもそも12歳の時にジャズに出会って、
ジャズシンガーに憧れていました。
歌う機会があれば、必ずジャズは歌っていましたね。
自分では昔から歌ってきたつもりでしたが、
周りにはあまりジャズのイメージが無いみたいで….
新窮地としてジャズ・アルバムをつくりました。

■根本にはジャズがあったということですか?

そうですね。ジャズシンガーを目指していました。
12歳でジャズを聴いてから衝撃を受けました。
今まではそんな音楽を聴いたことがなかったですから。
それから数年して、家にタンスの様な大きなステレオがきて
ロックを聴くようになって、ビートルズを買ってきました。
その時の衝撃はすごかったです!!周りに家がなかったので
大音量で毎日聴いてました。

■今回のアルバムのキャッチフレーズに
「このアルバムには、ナイトクラブで歌っていた、あの頃の私がいます」とありますが、ナイトクラブで歌っていたのは、いつ頃ですか?

15,6歳の頃ですね。私は幼心ながらに、
歌手になって稼いで父の会社を助けたかったんです。
でも私は人前で歌うことがとっても苦手でした。
当時、私が歌っていると近所の人が聴きにくるんですけど、
それが嫌で嫌で仕方なかったんですね。
だから、聴きにきたら障子に隠れて歌っていたんです。
いろいろ考えて、バスガイドになれば、人前で話すことに慣れると思ったんです。
でも実際は全然ダメで、バスガイドなのにステップのところで
一人で泣いていました。(笑)
そんな時に友達にキャバレーで歌ってみてと誘われて、思い切って歌ってみたんです。
そしたら、キャバレーにいた全員が立ち上がってダンスが始まったんです!
その時もジャズを歌いましたね。

■今回のアルバムもプロデューサーは、
前作に続き、元ピチカート・ファイヴの小西康陽さん。
小西さんとの仕事は、いかがでしたか?

実は今回の選曲は小西さんなんです。
ずっと歌っている曲ではないので、練習しました!
メロディーはもちろん、発音もちゃんと整えて、
レコーディングだけでなく、ライブでも自分のものとして歌えるように
ちゃんと準備をしました。
今回も小西さんのお墨付きいただいて、とっても嬉しかったです!

■アルバムに入っている曲一つひとつが、全然違って、
改めて八代さんの歌手としての素晴らしさを感じました。

ありがとうございます。
曲の雰囲気も様々なので、
楽しめるアルバムだと思います。

 

このアルバムの雰囲気を是非、ライブで体感してください!!
アルバムの発売記念コンサートもありますよ!
詳しくは公式ホームページをご覧ください!

【八代亜紀 公式ホームページ】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週も、歌手の八代亜紀さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

10月8日(日)第127回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-08 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週に引き続き、 森山良子さんをお迎えしました。

 

 

■さて、本日のゲスト。森山良子さんですが、昨年から今年1月まで
“50TH Anniversary Year“と題して、
記念アルバムのリリースや50周年のツアーを各地で行ってきました。
現在51年目の活動に入り、先週ベスト・アルバム
『オールリクエスト』をリリースしています。
そんな森山さんの約50年に及ぶキャリアの間には、
音楽シーンの中でも、いろんな変化があったと思いますが、
どんな変化を感じますか?

レコーディングなども大きく変わっていますね。
でも私は歌に慣れないようにしているので、
レコーディングで何回も歌い直すことは、
なるべくしたくないんですね。
なので、私自身のスタイルはあまり変わっていないですね。
波形に頼らずにアナログな自分でいたいですね。

■歌手の方が波形で音程を直して、
ライブの生歌でがっかりするのは嫌ですよね。

そうですね。
アルバムの音源以上のものをステージで見せてくれるのが
ライブの楽しみですもんね。

 

■森山さんと言えば、息子さんは
シンガーソングライターの森山直太朗さん。
直太朗さんの曲の中で、自分の影響を受けていると感じることってありますか?

全くありませんね。
彼は全く音楽を聴かずに育ちました。
学生時代はずっとサッカーに夢中でした。
大学二年生の時にサッカー選手の夢を諦めて、
そこから自分探しを始めました。
私も家にいる時は一人の母親でありたかったので、
音楽は全くかけませんでした。
音楽をする時は家族が寝た後に、こっそりと練習していました。
なので自分の息子が音楽の仕事に就くとは思いませんでした。
一番初めに彼の音楽に触れたのは、
私が台所で料理をしていたら、直太朗がいきなり
『高校三年生』というオリジナルの曲を聴かせてきて
「どう?歌わない?」ってプレゼンテーションしてきたんです(笑)
その時になんの意図も無く、「あなたが歌った方がいいわよ」と言ったら、
ギターをもってストリートをやり始めたんです。

■自分のDNAを感じる瞬間はありますか?

やはり高音の出し方などは似ていると思います。
喉の構造が似ているんでしょうね。

 

ベスト・アルバム『オールリクエスト』をリリースされた森山良子さんですが
現在は、全国ツアーの真っ最中!

【森山良子コンサートツアー2017〜2018 五十一番目の星に向かって〜 Sing My Life】

 

アルバムやコンサートの詳しい情報は
森山良子さんのオフシャルホームページをご覧ください!

【森山良子 オフシャルホームページ】

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週は、歌手の八代亜紀さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

10月1日(日)第126回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-01 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今日は、先週までのゲスト、シンガーソングライターの
馬場俊英さんからトーチを受け取ります、
歌手の森山良子さんをスタジオにお迎えしました。

 

■先日、馬場さんが森山さんからパンをもらったという話しが
あったのですが、なぜパンなのか疑問なのですが…(笑)

実は私はとてもパンが好きで、
私の住んで居る場所もパンの激戦区なんです。
うちの近くにも、めちゃくちゃ美味しいパン屋がありまして、
予約してお土産に持ってきているんですけど、
今日は古家さんにも持ってきました!!
明日の朝は私を思い出してね!(笑)

 

■ありがとうございます!!とってもいい香りがしますね!
さて、森山さんは昨年で50周年を迎えました。おめでとうございます!
1967年に「この広い野原いっぱい」でデビューし
歌手活動をスタートさせました。
そもそも音楽との出会いは、なにがキッカケでしたか?

私の家庭は父がトランペッターでジャズミュージシャン、
すぐ隣に住んで居る、ムッシュかまやつの家も
お父さんがジャズミュージシャンでした。
ムッシュも音楽をやっていましたので、小さい頃からFENが流れてて、
父はビックバンドをやっていたので、家ではいつも
ビックバンドのサウンドが流れていました。
叔父はジャズを教えていましたので、ムッシュの家に遊びに行くと
隣の部屋からはジャズのサウンドが聴こえてきました。
そんな環境で育ったので、
ちっちゃな頃からジャズシンガーになろうと思っていました。

 

■歌を歌うことに対しての喜びを感じたのはいつ頃ですか?

実はあまり喜びを感じたことはそれほどは無くて、
小学生の頃にコニー・フランシスが流行った頃に、
私はコニー・フランシスを真似して歌っていたんです。
すると父が「良子ちゃん、ちょっといらっしゃい」と言われて
歌い方を直されるんです!LとRの発音の仕方を直されたりして
4小節に1時間かかりました。
鼻歌も全部チェックされていて、直されるんです(笑)
母も音楽をやっていたので、音程を直されたりしましたね。
でもその時に親から合格をもらえることが嬉しかったんです!
何時間も直されるんですけど、それでもまた歌いますし、また直されます。
その経験が今に活きていると思います。

 

■ベスト・アルバム『オールリクエスト』をリリースされましたが、
このタイトルに繋がるエピソードとして、昨年の50周年ツアーでは、
当日のお客さんに、会場でリクエストを募集してセットリストを作ったんですよね?

そうです!来てくださったお客様にマークシートをお渡しして、
そこには100曲載っていますが、すべての曲を練習してのぞみました!
もちろん会場によってリクエストは変わりますので、
いろんな曲を歌わせていただきましたが、トップ3は全国各地
どこでも同じだったんですね。私も驚きでした。
その中でも意外なことに、
3位は私が大好きなディズニーの「when you wish upon a star」でした。
洋楽が入っていたのも、私はとても嬉しかったですね。
順番もわからないので、深刻な歌の後に軽快な明るいイントロが始まって、
さすがに気持ちがはいらなくて、待って待って!って言っちゃいましたね(笑)

 

■今回のベスト『オールリクエスト』は、
そのリクエストの上位曲を収録されたんですよね?

基本はそうなんですけど、
私が、聴いてほいなって思う曲も入っています(笑)
ライブバージョンの曲なども入っていますし、
新旧まんべんなく織り交ぜています。
最近のコンサートの人気曲や、懐かしい曲
そして洋楽のカバー曲など様々です。
是非、楽しんでいただければと思います。

 

 

ベスト・アルバム『オールリクエスト』をリリースされた森山良子さんですが
現在は、全国ツアーの真っ最中!

【森山良子コンサートツアー2017〜2018 五十一番目の星に向かって〜 Sing My Life】

 

アルバムやコンサートの詳しい情報は
森山良子さんのオフシャルホームページをご覧ください!

【森山良子 オフシャルホームページ】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週も引き続き、歌手の森山良子さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp