10月1日(日)第126回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-10-01 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今日は、先週までのゲスト、シンガーソングライターの
馬場俊英さんからトーチを受け取ります、
歌手の森山良子さんをスタジオにお迎えしました。

 

■先日、馬場さんが森山さんからパンをもらったという話しが
あったのですが、なぜパンなのか疑問なのですが…(笑)

実は私はとてもパンが好きで、
私の住んで居る場所もパンの激戦区なんです。
うちの近くにも、めちゃくちゃ美味しいパン屋がありまして、
予約してお土産に持ってきているんですけど、
今日は古家さんにも持ってきました!!
明日の朝は私を思い出してね!(笑)

 

■ありがとうございます!!とってもいい香りがしますね!
さて、森山さんは昨年で50周年を迎えました。おめでとうございます!
1967年に「この広い野原いっぱい」でデビューし
歌手活動をスタートさせました。
そもそも音楽との出会いは、なにがキッカケでしたか?

私の家庭は父がトランペッターでジャズミュージシャン、
すぐ隣に住んで居る、ムッシュかまやつの家も
お父さんがジャズミュージシャンでした。
ムッシュも音楽をやっていましたので、小さい頃からFENが流れてて、
父はビックバンドをやっていたので、家ではいつも
ビックバンドのサウンドが流れていました。
叔父はジャズを教えていましたので、ムッシュの家に遊びに行くと
隣の部屋からはジャズのサウンドが聴こえてきました。
そんな環境で育ったので、
ちっちゃな頃からジャズシンガーになろうと思っていました。

 

■歌を歌うことに対しての喜びを感じたのはいつ頃ですか?

実はあまり喜びを感じたことはそれほどは無くて、
小学生の頃にコニー・フランシスが流行った頃に、
私はコニー・フランシスを真似して歌っていたんです。
すると父が「良子ちゃん、ちょっといらっしゃい」と言われて
歌い方を直されるんです!LとRの発音の仕方を直されたりして
4小節に1時間かかりました。
鼻歌も全部チェックされていて、直されるんです(笑)
母も音楽をやっていたので、音程を直されたりしましたね。
でもその時に親から合格をもらえることが嬉しかったんです!
何時間も直されるんですけど、それでもまた歌いますし、また直されます。
その経験が今に活きていると思います。

 

■ベスト・アルバム『オールリクエスト』をリリースされましたが、
このタイトルに繋がるエピソードとして、昨年の50周年ツアーでは、
当日のお客さんに、会場でリクエストを募集してセットリストを作ったんですよね?

そうです!来てくださったお客様にマークシートをお渡しして、
そこには100曲載っていますが、すべての曲を練習してのぞみました!
もちろん会場によってリクエストは変わりますので、
いろんな曲を歌わせていただきましたが、トップ3は全国各地
どこでも同じだったんですね。私も驚きでした。
その中でも意外なことに、
3位は私が大好きなディズニーの「when you wish upon a star」でした。
洋楽が入っていたのも、私はとても嬉しかったですね。
順番もわからないので、深刻な歌の後に軽快な明るいイントロが始まって、
さすがに気持ちがはいらなくて、待って待って!って言っちゃいましたね(笑)

 

■今回のベスト『オールリクエスト』は、
そのリクエストの上位曲を収録されたんですよね?

基本はそうなんですけど、
私が、聴いてほいなって思う曲も入っています(笑)
ライブバージョンの曲なども入っていますし、
新旧まんべんなく織り交ぜています。
最近のコンサートの人気曲や、懐かしい曲
そして洋楽のカバー曲など様々です。
是非、楽しんでいただければと思います。

 

 

ベスト・アルバム『オールリクエスト』をリリースされた森山良子さんですが
現在は、全国ツアーの真っ最中!

【森山良子コンサートツアー2017〜2018 五十一番目の星に向かって〜 Sing My Life】

 

アルバムやコンサートの詳しい情報は
森山良子さんのオフシャルホームページをご覧ください!

【森山良子 オフシャルホームページ】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週も引き続き、歌手の森山良子さんをお迎えします。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp