11月12日(日)第132回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2017-11-12 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週までのゲスト、
映画監督の伊藤秀裕さんからトーチを受け取ります、
この番組、久々の登場!えがお相続相談室の理事、向井啓和さんです。

 

 

 

■改めて、「えがお相続相談室」とは、
どんな団体なのか、教えて頂けますでしょうか?

 

役3年半前に設立された団体で、相続などを総合的にサポートする団体です。
私の本業は不動産の仕事になりますので、
不動産の観点で、相続のときに起きるトラブルに対して助言したりしています。

■僕、最近家を探していまして、いろいろ探しているのですが…..
新築がべらぼうに高いんです。その一方で資産を売ろうとすると、
値段が下がってきているのかな?とも感じるのですが…
実際はどうですか?

 

実際、オリンピックが決まってから、
都市部の値段は上がっていましたが、ピークは過ぎました。
そんな中で、機を見るに敏な方々が売り始めていますね。

■時期的に、賃貸で我慢したほうが良い!ということもありますか?

 

その方のご年齢やお仕事に応じてアドバイスしています。
住宅ローンが組める年齢などもありますので。

 

どうしても東京オリンピックの前とあとで、
不動産の動きを心配されている方も多いと思います。

 

これは実際迎えてみなければわかりませんが、
例えばロンドンオリンピックのときは一年前にピークアウトしています。
東京はもっと早くピークアウトすると思っています。

■向井さんが近々、書籍を発売されるということで
その書籍について、いろいろとお聞きしたいと思いますが、
タイトルが、「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」
インパクトのあるタイトルですね。
本を発売しようと思った経緯はなんですか?

 

私もメンバーとして活動しています、えがお相続相談室という社団法人があります。
そこにいろいろな相続の相談を受けますが、その中で
「手続きが面倒くさい」という意見が多くありました。
手続きの本は今までもありましたが、視点として
お母様を幸せにするための本、という感じで、
例えば介護や老人ホームに関することはあまりフォーカスされてきませんでしたが、
今回はできるだけ細かい部分にもフォーカスを当てたいと思い書きました。

■えがお相続相談室には様々なプロの方が同じクライアントに対して、
あらゆるアプローチをしていますが、
本のなかでも、あらゆる手続きが書いているんですか?

そうですね。相続というと税金問題のイメージがありますが、
それ以外の様々な手続きのことも書いてあります。
専門家の数が少ない分野もありますので、
なので、この本で少しでもわかりやすくできたらと思います。

 

 

「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」

2017年11月28日 店頭発売予定

[ローチケHMV 販売サイト]

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来週もえがお相続相談室の向井 啓和さんをご紹介します。

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp