月別アーカイブ: 2018年1月

1月28日(日)第143回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-01-28 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は、先週までのゲスト、弁護士の福原竜一さんからトーチを受け取ります、
映画プロデューサーであり、株式会社「ネツゲン」の代表取締役、
大島新さんをお迎えしました。

 

 

 

1969年生まれ。95年に早稲田大学を卒業後、フジテレビに入社。
「ザ・ノンフィクション」などのドキュメンタリー番組のディレクターを担当し。
99年にフジテレビを退社後は、人気番組「情熱大陸」などの演出を手がけ
2007年には、ドキュメンタリー映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』を監督。この作品では、第17回日本批評家大賞ドキュメンタリー作品賞を受賞しました。
さらに2016年には、映画『園子温という生きもの』を監督するなど、
ドキュメンタリー映画の作り手として、大活躍されています。
ちなみに、大島さんのお父様は、あの名監督、大島渚さんで
お母様は女優の小山明子さんです。

そもそも、ドキュメンタリーを撮るようになったキッカケはなんですか?

育ちのこともありまして、
もともと映像で何かを表現したいと思っていました。
自分の思考的にドキュメンタリーやノンフィクションが好きで、
自分が大学生の時にドキュメンタル番組を見て
自分も作ってみたいと思ったのがキッカケですね。

 

 

■大島さんが、プロデューサーを務めた新作映画が昨日から公開となっています。
その名も『ラーメンヘッズ』。まずは、この映画について、ご説明いただけますか?

日本のラーメン文化、つまりなぜ日本人はこんなにラーメンが好きなのか、
というところがテーマです。
千葉県・松戸にある名店「中華蕎麦とみ田」の店主の富田治さんを中心に
1年3ヶ月くらい密着させていだだきました。

 

 

■この作品を作ろうと思ったキッカケはなんですか?

 

2013年にアメリカ映画の「二郎は鮨の夢を見る」という作品を見て、
その作品を日本人が作っていないことが悔しかったです。
面白いですが、もちろん観光目線の作品です。
日本の食文化を追って、ちゃんとしたドキュメンタリーを撮りたいと思いました。
一流の料理はいろいろありますが、例えば銀座の高級なお寿司を
普通の家庭の人はあまり食べるチャンスがないですよね?
でもラーメンなら、多くの人が手軽に名のしむことができます。
日本の食文化の中では最もポピュラーなのではないかと思います。

 

■この『ラーメンヘッズ』で伝えたいことはなんですか?

 

当初はあまり考えていなかったのですが、
ラーメンという食べ物とラーメン文化というのは
すごく日本人的だなと思いました。
元々は外来の文化ですが、それを磨き上げて日本人らしい文化を作る、
そして熱狂して食べる人がいる、という関係性は日本ならではです。
「ラーメン評論家」なんて職業があるのは海外からしたらびっくりですよね(笑)

■この映画は、昨年5月にカナダのトロントで開催された映画祭
「HOT DOCSカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭」の招待作品として
ワールドプレミア上映され、4回の上映、全てが満員だったそうですね!
海外の反応はいかがでしたか?

私自身は海外の反応を見れていないのですが、
予想外のところで、笑いが起こったりするらしいです。
たとえば、「音を立てて麺をすすってほしい」というコメントは
音を立てるのがマナー違反な海外からすると、
面白いシーンになっているみたいです。

 

 

大島さんがプロデューサーを務めた
映画『ラーメンヘッズ』は、昨日から公開となっています。
関東では、シネマート新宿、シネ・リーブル池袋、
MOVIX亀有、千葉劇場などで公開中。
名古屋周辺では、名演小劇場、ユナイテッドシネマ豊橋18などで公開中。
その他、今後、全国で順次公開となっていきます。
詳しくは、こちらをチェックしてください。

 

「ラーメンヘッズ」

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

1月14日(日)第142回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-01-21 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は、先週までのゲスト、
株式会社イエスリフォームの代表取締役 斎藤直樹さんから
トーチを受け取ります、えがお相続相談室のメンバーで、
弁護士の福原竜一さんをお迎えしました。

 

 

■本日のゲスト、福原さんですが、この番組でも紹介しています
えがお相続相談室のみなさんが出版された書籍
「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」の著者の一人であります。
そんな福原さんに、ぜひ伺ってみたい話題があるんですが
実は相続法制の大幅な見直し案が、明日からの通常国会に提出されることが
明らかになりましたよね?
これによって、どんな変化が出てきそうですか?
相続法の改正案の中で、私が注目しているのは、
配偶者の方の生活保障の観点から予定されている改正案です。
これはまさに、残された母親を保護するための改正と言えます。


■具体的にどんな改正案が提案されているのですか?

大きく分けて、配偶者の居住権と
遺産分割に当たって、配偶者を優遇することの2点です。

まず、配偶者の居住について、
今までの法律では家の所有権とは別に居住権というのは規定していませんでしたが、
これからは新たに規定することが提案されています。
お母様が旦那様の所有していた家に住む場合、
長期居住権と短期居住権の二つが予定されています。
短期の場合、旦那様の家を一定期間、無償で住むことができます。
長期の場合、旦那様が長期の居住権を与えるなどの遺言がある場合、
終身、もしくは長期間、家に住み続けることができます。

次に遺産分割に当たって、配偶者を優遇する、という提案です。
予定されているのは、結婚している期間が20年以上の夫婦について、
遺言などで相続を受ける場合、自宅などの価値を遺産の総額に足さないで
母親が受け取ることができる、という案です。

■相続の中でも、よく耳にするワード“遺産分割協議”について伺いたいのですが、
まずは、この“遺産分割協議”とは、何なのか教えてもらえますか??

言葉の通り、遺産を分けるための話し合いのことです。
具体的には、相続人となる方全員が合意をして、
亡くなった方の遺産の分け方を決めることを言います。

■みなさんもなんとなく、“遺産分割協議”について分かったんではないでしょうか。
では、それを踏まえて、こんなケーススタディをしてみましょう。

ケーススタディ

遺産分割協議をする為に、先日、私の兄弟3名が
家庭裁判所に調停の申し立てをしました。
私は前回家庭裁判所に呼ばれて話を聞きました。
私は長男で、姉妹3名がまとまって、
私に遺産分割協議の話を何度か持ってきましたが
拒否しておりました。親の残した土地に関してです。
私は年も70才に差し掛かって来て収入も資産も無いので困惑しております。
このまま、遺産分割協議がまとまらない場合には、
どの様な流れで法律上の手続きが進むのでしょうか?

遺産分割協議というのは、まずは当事者同士で話し合います。
これでまとまらない場合は家庭裁判所に対して
調停を申し立てて、遺産分割をします。
このケースでは、裁判所で個人の主張をした上で、
割り振りが決まるとおもいます。
財産が不動産ということですので、これの分け方としまして、
お一人の方がこれを全て引き取るとなると、
他の方にはその分のお金を支払います。
また、それが難しい場合、不動産を売って、
そのお金をみなさんで分けるという方法があります。
お話し合いなので、拒否することは可能ですが、
拒否し続けた場合、その不動産について相続の割合に応じて
共有になることが実務的に多いです。

 

この番組では、来週から新コーナーをスタートすることになりました。
その名も「相続ROOM 897」。
このコーナーでは、このコーナーでは、相続に関する様々な疑問や用語解説、
さらには、今日行ったような、様々なシチュエーションにおけるケーススタディなどを
専門家の先生をマンスリーでお迎えし、お送りしていきます。

そして、みなさんからの相続に関する質問や疑問などを募集します。
ぜひ、番組までメールで送ってください。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

 

1月14日(日)第141回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-01-14 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

先週に引き続き、株式会社イエスリフォームの代表取締役
斎藤直樹さんをお迎えしました。

 

 

■リフォーム業界において、最近の流行りはありますか?

最近はITの発展で、すごく便利な家が流行っています。
例えば声をかけるだけでカーテンが開いたり、
帰宅するまえにエアコンをつけたりできます。
この技術はまだまだ発展していきますし、
今後は離れたご家族の安否などを確認しやすくなると思います。

あとはデザイン面で、自宅をカフェのようにしたり
オフィスに和室を作ったりと、
分野の垣根を越えたリフォームが流行っていますね。

最近リフォームの分野における、新しい動きがあるとお聞きしましたが…

建物の解体の依頼が増えています。
特に不燃化特区の解体依頼が増えています。
不燃化特区とは、東京都と区が協力して、
建物が密集した地域で、火災が広がらないように
不燃化を推進した地域のことです。
燃えない街にするための計画で、最近はとても増えています。

 

■リフォームの金額についてお聞きしたいのですが、
例えば、二世帯にするためのリフォームは
どれくらいの費用がかかりますか?

一概には言えませんが、
プライベートの空間が欲しいだけ、というケースでは
10万〜15万円でできるリフォームもあります。
もちろん、内容によっては3桁の金額になってしまう場合もあります。
リフォームを依頼する時の目安として、
「◯◯一式」など書いてある見積もりは疑ったほうが良いです。
リフォームは細かく金額を出すことができます。
これはしっかりと確認して見直す必要がありますね。

■リフォームの醍醐味ってなんですか?

リフォームは新築と違い、一度解体します。
その解体時に新たな空間の発見などがあります。
お客様と相談しながら、より住みやすい家に変えていく作業は
とてもやりがいのある仕事です。

 

 

 

今日のお話を聞いて、斎藤さんが代表取締役を務める
「イエスリフォーム」に興味を持った人もいると思います。
そんな方は、ぜひ、
「株式会社イエスイエスリフォーム」お問い合わせください。

お電話:0120-616-016 (受付時間 平日9:00~18:00)

イエスリフォーム ホームページ

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

 

1月7日(日)第140回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-01-07 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

 

2018年、最初のゲストは、阿久悠さんの息子さんで、
作曲家の深田太郎さんからトーチを受け取ります、
株式会社イエスリフォームの代表取締役
斎藤直樹さんをお迎えしました。

 

 

■株式会社イエスリフォームの代表取締役ということですが、
まずは、簡単に、会社について説明していただけますか?

弊社は日本橋に構えております、内装リフォームの会社です。
もうすぐ設立7年目になります。

■そんな株式会社イエスリフォームの代表取締役・斎藤ですが、
実は、これまでに、この番組でも紹介してきました、
相続に関する専門の書籍
「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」の
著者の1人なんですよね?
今回、どういった経緯で、この本に参加することになったのですか?

実は私は、えがお相続相談室の理事もさせていただいています。
実は相続とリフォームは親密な関係性で、
相続が起こるときは、暮らし方も大きく変わります。
そのときに、家をリフォームすることが多いのです。
本の中では、残された母親の住居について執筆いたしました。

 

■今回、本を書く上で意識したことは、どんなことでしょうか?

相続というと、遺言書や税金を思い浮かべますが、
その一つにリフォームが活用できることを知っていただきたいです。
最近は同居される人が少なくなっています。
この本を読んで、親と同居するきっかけになってくれたら嬉しいです。

 

■斎藤さんの会社では、リフォームを主にされていますが、
なんでも、他の会社さんとは、違うアプローチがあるそうですね?

建物を取り壊す際にでる、古材をリフォームに活用しています。
日本は産業廃棄物はそのまま捨ててしまいます。
もちろん処分にもお金はかかりますし、もったいないです。
海外では使えるものは末長く使うことが多く、
この技術を真似すれば、日本でも再利用できると思ったんです。
南米では階段がキーキー鳴ることが良いとされることもあります。
良い木というのは、たくさん呼吸をするので音が鳴るんです。
その風情に日本も気づいていただきたいですね。

■古材を使うとなると、解体するもの大変になりますか?

そうですね。普通は機械をいれて一気に壊してしまいますが、
古材を使う際は、手作業になります。
手間はかかりますが、昔の家と同じ材木を利用した新築に
喜んでいただけることがとても多いです。

 

 

今日のお話を聞いて、斎藤さんが代表取締役を務める
「イエスリフォーム」に興味を持った人もいると思います。
そんな方は、ぜひ、
「株式会社イエスイエスリフォーム」お問い合わせください。

お電話:0120-616-016 (受付時間 平日9:00~18:00)

イエスリフォーム ホームページ

 

 

そして、今週は、リスナーにプレゼントがあります。
この番組でも紹介してきました相続に関する書籍
「残される母親が安心して暮らすための手続きのすべて」
こちらを3名の方にプレゼント致します。
本が欲しいという方は、
住所、郵便番号、お名前、電話番号をお書きの上
メールでご応募ください。

アドレスは・・・tos@interfm.jp まで

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp