月別アーカイブ: 2018年2月

2月25日(日)第147回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-02-25 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

 

今週は、先週までのゲスト、
花絵師の藤川靖彦さんからトーチを受け取ります、
株式会社「あしたのチーム」代表取締役社長
高橋恭介さんをお迎えしました。

 

 

 

 

 

 

■どんな会社なのか紹介して頂けますか?

「あしたのチーム」は社名と経営理念が一体化しております。
「明日に向かって、最高のチームを作る会社」としています。
やっている事業は、企業の給与制度を提供しています。
中小企業は人事部がいないところが多いので、
社長が全てを決めてしまいます。
そこで、我々が人事部のかわりに、
アドバイスなどをさせていたでいています。

 

■具体的にはどのような仕事ですか?

社員一人ひとりに適切な目標を社長に寄り添って
おつくりさせていただいたり、
その目標の遂行もみさせていただき、
最終的にでてきた評価点をお給料に連動させるところまで、
お手伝いさせていただくサービスです。

■最近は海外の労働者も増えていますよね?

日経グローバル企業が、本当に優秀な人を採用できない、と嘆いていまして、
頑張っても頑張らなくても、横並びで少しづつお給料を上げていく
日本独特の制度に、諸外国が受け入れられない現状があります。
それは大企業でも同じです。社員もモチベーションにも影響します。
AIに頼る前に、人の生産性を上げた方が良いと思いますね。

■「あしたのチーム」さんでは、「人事評価制度」に関する
クラウドサービスを展開しているんですよね?
多くのデータがないと、評価するというのは難しい気がするのですが…

そうですね。現在は導入されている会社が1200社、
そして1千万項目も目標がデータであり、
この項目に沿って、評価の基準とさせていただいています。
この部分では、AIはとても役に立ちますね。
立場や年齢や職種によって、その人に一番近い
評価項目を用意しています。

■昔はネームバリューのある大学を卒業していることが優先的でしたが、
そうではなく、あらゆる方面から人を評価する時代になりましたよね?

おっしゃる通りで、野球やサッカーにおいても
最近は全てデータがでるようになり、評価が大きく変わりました。
失点数や投球数だけでなく、走った距離、ボールの速度やコースなど
細かいデータにより、評価しやすくなりました。
企業もそうあるべきだと考えます。

■たくさんの企業さんを見てこられた高橋さんが考える、
今の日本の企業の問題点とはどんなことだと思いますか?

「横並び主義」は絶対に変えていかねばと思います。
格差社会を生みたい訳ではなく、
「頑張れる社会」つまり、健全に競争できる社会になるべきだと思います。
問題を起こさないことに気をつけすぎて、チャレンジできていないと思っています。
役員よりも給与が上がらないのが日本ではあたりまえですが、
海外では違います。ちゃんと功績がある人にはそれに見合う給与が
与えられるべきなのです。

今日の高橋さんのお話を聞いて
「あしたのチーム」さんの人事評価のクラウドサービスに
興味を持った方もいらっしゃることでしょう。
そんな方は、ぜひ株式会社「あしたのチーム」さんにお問い合わせください。

TEL03−4577−3929(受付時間平日9:00-18:00)

「あしたのチーム」ホームページ

 

 

2月18日(日)第146回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-02-18 / Category:Entry

古家正亨のTALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

 

今週は、先週に引き続き、
世界を舞台に活躍する花絵師の藤川靖彦さんをお迎えしました。

 

 

■花絵の作り方について伺いたいのですが、
手順としては、下絵を描くところからですか?

まずはプリントされた下絵を地面に敷き詰めます。
その上から花やカラーサンド、葉っぱなどを敷き詰めて色をつけます。

■最長だと、どれくらいの時間がかかりますか?

一番最初に世界大会に参加した、2010年のバルセロナでは
夜中の12時から、花をもぎるところから始めました。
日本から4人くらいで参加して、現地の方を含めても5人しか
スタッフがいませんでした。
25平米くらいの作品でしたが、終わったのが翌日の夕方5時でした。
本当に立てないくらい大変でした。写真を撮る気力もなかったので
次の日に撮りに行ったら何もなかったんです。
強風が吹いたらしく、僕ら以外の作品も全てありませんでした(笑)
その時は結構ショックでしたね….

■使用する花は、どんな花でもいいんですか?

花の持ちだったり、色合いを考えるとカーネーションが多いですね。
僕らは香りもあるバラを使ったりもします。
2日くらいしか持ちませんが、チューリップもたまに使います。
海外に行くときは、現地で調達しなければいけません。

■大体、どれくらいの量の花を使いますか?

例えば25平米くらいの作品ですと、約8000本から10000本です。
花びらをもぎったりするので、指が筋肉痛になります。
皮が剥けてしまったりもします。

■今後、予定されている活動はありますか?

今は「フラワーピース」という活動をしていて、
“花には国境は無い”というテーマで、花を愛する気持ちを
国や人に向けて、争いなどを無くそうという活動です。

 

■この番組は、“伝統と継承”をテーマにお送りしているんですが
藤川さんの花絵は、まさに日本の伝統文化である、
“浮世絵”を取り入れた“花歌舞伎”と称されていますが、
海外に進出するには日本の伝統文化や
ポップ・カルチャーに対する評価は、高いと感じますか?

僕としては海外で活動するときは、
日本の伝統や良さを広めていきたいと思っています。
海外の作品は宗教画を描くことが多いですが、
僕らも同じような気持ちで、浮世絵などを描いています。
やはり、とても人気はありますよ。海外からの関心は高いですし
これは海外どこへいっても同じです。

 

■藤川さんが、今後、花絵を通してやってみたいことって、どんなことですか?

2020年の東京オリンピックで
花絵の文化を日本や世界にアピールしたいですね。
聖火ランナーの走る道の脇に、都民のみなさんで作る花絵を飾りたいです。
とても綺麗だと思います。実現に向けていろんな計画を考えています。

 

今日のお話で藤川さんの花絵を見てみたいと思った方は
是非、イベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちらをご覧ください!

【東京インフィオラータ 公式サイト】

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

 

2月11日(日)第145回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-02-11 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

 

今週は、先週までのゲスト、
映画プロデューサーの大島新さんからトーチを受け取ります、
花絵師の藤川靖彦さんをお迎えしました。

 

 

 

■本日のゲスト、花絵師の藤川さんですが
日本だけでなく、世界を舞台に活躍する花絵師!
ただ、花絵師という言葉は聞いたことあるものの、
具体的に、どんなモノか知らない人も多いかもしれません。
花絵師とはどのようなことをするのですか?

まず勘違いされやすいのが、
花の絵を描く人だと思われたりしますが、
我々は花で絵を描きます。
花びら、葉っぱ、種などを使って絵を描いていきます。

■ヨーロッパ発祥ということですが、
日本での歴史はどれくらいになるのですか?

17年前に晴海の再開発がありまして、
そこの新しい街に住む人が、
何か新しいお祭りをできないかと考え
この花絵に出会い、ヨーロッパから持ってきました。

■藤川さんが、花絵師になろうとしたきっかけは?

僕はもともと、イベントプロデューサーでした。
しかし、花絵師のイベントをきっかけに興味を持ちました。

■花絵に魅せられた魅力はなんですか?

イタリアで花絵と出会ったときに、
本当の絵のように美しかったんです。
そしてその素晴らしい絵は、なんと市民の人たちが作っていたんです。
特別なアーティストではなく、みんなで作るというところに
魅力を感じました。

 

 

 

 

藤川さんの作品が見れるイベントはこちら!!

【東京インフィオラータ 公式サイト】

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 

 

2月4日(日)第144回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-02-04 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでもらえましたか?

今週は先週に引き続き、
映画プロデューサーであり、株式会社「ネツゲン」の代表取締役、
大島新さんをお迎えしました。

 

 

■大島さんのお父様は、日本の映画史に名を残す名監督の、大島渚さん。
そしてお母様は、女優の小山明子さんです。
この番組のテーマが「伝統と継承」ですが、
まさに名監督と名女優のDNAの継承ですよね?
幼い頃から映画や映像作品に触れてきたのですか?

いいえ、全くないです。
私が物心ついたときに初めて見た映画は「愛のコリーダ」で
次が「愛の亡霊」で二本続けて18禁の作品でした。
なのでおばあちゃんは父の仕事から子供達を遠ざけるようにしていました。
でも小学生の僕にも噂は届いてきて、自分の父親はいやらしい人なの?と
疑問を持つ時期もありました。今だから笑い話ですが、
当時の僕や兄弟には大きな問題でした。
そんなこともあり、自分の境遇を呪っていました。
だから自分たちはそんな世界に行かないようにしていました。

■「朝まで生テレビ」の影響もあって、
めっちゃ怖いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、
父親としてどんなお父さんでしたか?

子供に対して過保護な親でしたね。甘やかされていました。
でも家でも不機嫌なときがあり、直接怒られたわけではないですが、
怖いと思うこともありました。親子でも緊張しましたね。

■大島さんは、大学卒業後、フジテレビに入社しましたが、
テレビ業界に興味があったんですか?

そうですね…..
境遇を呪ったこともありましたが、やはりどこかで
父の仕事は面白そうだと思っていました。
でも同一のジャンルに行くと比べられて辛くなると思ったので
テレビの業界に入りました。

■映画や映像を作る上で、お父様の影響を感じたりすることもありますか?

作品に関しては時代も違いますので、
それほど影響は受けていませんが、人としての生き方などは
父に似てきたと思います。
それこそ、自分がスタッフに怒っているときなんかは、
自分が恐れていた父の姿に重なってしまって、なるべく抑えています。

■大島さんがプロデュースした映画『ラーメンヘッズ』が現在、絶賛公開中です。この映画は資金調達に、クラウドファンディングを利用されましたが、
クラウドファンディングによるメリットはありますか?

全ての制作費をクラウドファンディングで集めたわけではなく、
制作後の宣伝費などに使わせていただきました。
メリットは、資金が集まるのはもちろん
この映画を応援してくれる仲間を作るという意味もあります。
そういった人がSNSなどで、拡散してくれることによって
より大きな宣伝を生むことができます。

■日本の映画シーンについて、
今後の日本のドキュメンタリー作品の位置付けは
大島さんが客観的に見て、どうなっていきそうですか?

まず人口が減っていきますね。国内で観る人は減っていくので、
作り手は海外に向けて作品を発信していくようになると思います。
元々、内向きの作品が多いですが、
もっと外向きに発信する良い機会だと思います。

■大島さんにとって、ドキュメンタリー作品の魅力とはなんですか?

作っているときも含めて、ある人の生き方を取り上げることによって
「自分とはなんなのか」を考えるきっかけになるような気がします。
自分にフィードバックして見つめなすことができますよね。

 

 

 

 

大島さんがプロデューサーを務めた
映画『ラーメンヘッズ』は、昨日から公開となっています。
関東では、シネマート新宿、シネ・リーブル池袋、
MOVIX亀有、千葉劇場などで公開中。
名古屋周辺では、名演小劇場、ユナイテッドシネマ豊橋18などで公開中。
その他、今後、全国で順次公開となっていきます。
詳しくは、こちらをチェックしてください。

 

「ラーメンヘッズ」

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp