5月20日(日)第159回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-05-20 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでいただけましたか?

今週は先週までのゲスト、料理研究家であり、
株式会社「REKIDS」の代表 行正り香さんからトーチを受け取ります
歌手でタレントの早見優さんをお迎えしました。

 

【プロフィール紹介】

1982年4月にシングル「急いで初恋!」で歌手デビュー!
同期には、松本伊代、堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜さんなどがいて
「花の82年組」ともよばれ、時代を彩りました。
2017年に、デビュー35周年を迎え、
現在も、テレビ、ラジオ、ステージなどで活躍!
先月、4月18日には、デビュー35周年を記念したベストアルバム
『Celebration ~from YU to you~』をリリースしています。

 

 

■どういった思いで歌手を目指したのですか?

ハワイに住んでいた頃に、デパートのエレベーターの中で
スカウトされたんですよ(笑)レアなパターンですよね。
はじめはモデルとしてスカウトされたんですけど、
私が歌が好きなことを伝えると、プロダクションに話してくれて、
その2ヶ月後には日本に戻ってきていました。
デビューまでは人前で歌うことも嫌で、一人で歌を歌っていました。

 

■デビュー当時に芸能活動の楽しさに気づいたんですか?

はじめは楽しめなかったですね。
私はハワイに住んでいたので、少しタイムラグがあって、
私は山口百恵さんとか、桜田淳子さんが大好きだったんですけど、
私がデビューしたときは、松田聖子さんが第一線で活躍していました。
同じ事務所にスカウトされたので、「うちには松田聖子がいるのよ」って
言われたんですけど…誰ですか?って感じでした(笑)
デビューしても可愛い振り付けとか衣装とか、すごく嫌でした。
山口百恵さんはあまりブリブリしないので、
アイドル像が変わっていて、驚きましたね。

 

 

■早見優さんは、4月18日に
デビュー35周年を記念したベストアルバム
『Celebration ~from YU to you~』をリリースしました。
今回のベストは、ホームページ上で行った
ファンによる人気投票で収録曲を選曲したとか?

そうですね。ファンの方のお声を聞きたかったんですけど、
本当にコアで、夏色のナンシーが少なかったんです(笑)
まぁテッパンだから入れなかったという理由だそうですが、
意外な曲もたくさん投票されていて、新しい発見がありましたね。

■ベストをリリースするにあたって、ご自身でも、
過去の作品を聞き返してみたと思いますが、
当時のことを思い出したりもしましたか?

 

そうですね。レコーディングするときはいつも風邪をひいていて、
ちゃんとレコーディングできた方が少ないと思います。
当時はコンビニもなかったですから、すごくお腹が空いていて、
忙しいといつも体調を崩していました。情けないです….
それに比べて今は便利な時代になりましたね!!
藤井隆さんと「溶けるようにKiss Me」という曲を作ったときに、
久々のレコーディングで、気合が入っていたんですけど。
2.3回歌ったら、もうOKです!って言われいて….
気になるところがあるんですけど…っていうと、
藤井さんがピッチとかを直してくれるんです!!(笑)
本当に驚きました!

早見さんのデビュー35周年を記念したベストアルバム
『Celebration ~from YU to you~』は、現在リリース中です。
豪華な特典も付いていますよ!ぜひ、チェックしてくださいね!

「早見優 オフィシャルHP」