5月27日(日)第160回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-05-27 / Category:Entry

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでいただけましたか?

 

今週は、先週に引き続き、
歌手でタレントの早見優さんをお迎えしました。

 

 

 

【プロフィール紹介】

1982年4月にシングル「急いで初恋!」で歌手デビュー!
同期には、松本伊代、堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜さんなどがいて
「花の82年組」ともよばれ、時代を彩りました。
2017年に、デビュー35周年を迎え、
現在も、テレビ、ラジオ、ステージなどで活躍!
先月、4月18日には、デビュー35周年を記念したベストアルバム
『Celebration ~from YU to you~』をリリースしています。

 

 

■デビューするために日本にきた早見さんですが
日本の生活にはすぐに慣れましたか?

いいえ、とっても大変でした。
アメリカにいるときは、日本人としてのアイデンティティーを
大事にしてましたが、日本に帰ってきたら
帰国子女ってだけで、周りに違和感をもたれました。
あとはアイドル像も私の思っていたものと違って、
常に笑顔でいないと、マネージャーさんに怒られていました。

 

 

■ハワイと日本の生活の違いはなんですか?

教育面では、アメリカは自立して
自分の意見を持つことが大事とされています。
日本では協調性が大事とされていますが、
自分の意見を口にだして言わない人もたくさんいます。
私はアメリカの教育で育ったので、
授業の終わりとかに「質問あるひと」って先生がいうと
真っ先に手を上げて、授業を延ばしていました。
友達からしたら、ちょっとうざいタイプだったかも(笑)

■早見さんですが、最近では絵本の翻訳や
親子で英語に親しめるCD「Let’s Sing Together!」をプロデュースしたり
子育てエッセイ「楽しむアメリカン育児」を執筆もされるなど、
多方面で活躍中です。

 

私も長女を授かったときに、
みなさんのメールで一番多かったのが子供の英語教育についてでした。
それから英語教育について、いろいろ勉強していたら
リズムで英語を発音できればいいんじゃないかと思ったのですが、
教材があまりになかったので、自分で企画を書いて
CDを作らせてもらいました。

 

 

 

■日本でも英語の勉強はしているのに
しゃべれるひとは増えていかないですよね?

 

日本人は完璧主義で、発音とかを気にしすぎですよね。
なんでもいいから口にだしてみる。
あとは恥ずかしがらずにしゃべるひとは
英語をすぐに取得できます。

 

 

 

 

早見さんのデビュー35周年を記念したベストアルバム
『Celebration ~from YU to you~』は、現在リリース中です。
豪華な特典も付いていますよ!ぜひ、チェックしてくださいね!

「早見優 オフィシャルHP」