11月4日(日)第183回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-11-04 / Category:Entry

 

 

今週は、先週までのゲスト、役者でジャズ・シンガーの
高泉淳子さんからトーチを受け取ります
日本を代表するバンド・ネオン奏者の小松亮太さんお迎えしました。

 

 

 

小松亮太さんですが、今年7月にデビュー20周年を迎えられました!
おめでとうございます!
今日は実際にバンドネオンを持ってきてくださいましたが、
バンドネオンとアコーディオンは違うんですよね?

 

そうですね。一般的に間違えられてしまうことが多いですが、
アコーディオンは長方形で、バンドネオンは正方形なんですよね。
あとはかなり蛇腹が長いのが特徴です。

 

■なんといったらいいんでしょうか、町の風景が見える音ですよね。

そうですね、アコーディオンより音がまっすぐですね。

 

 

たくさんある楽器の中で、なぜバンドネオンの道へ?

両親が二人ともタンゴをやっていたんです。
だから家にバンドネオン奏者は来ていましたが、
自分がやりたいとは思っていませんでした。
そんな時に親がバンドネオン奏者が少なくて困っていたんです。
知人のアコーディオン奏者ができると思って
うちの親が買ってきたら、そのアコーディオン奏者に
キャンセルされて、楽器だけが残ったんです。
で、なんとなく触れてみたのがキッカケですね。

 

 

■今年、7月にデビュー20周年を迎えられた小松さんですが
それを記念した作品が複数リリースになっています。
まず、一つが、今聞いてもらった曲も
収録されたベスト・アルバム『小松ジャパン』。
こちら、どんな作品になっていますか?

 

20年間本当にいろんなことをしてきました。
その中で、いろんな人にバンドネオンを広めるために
アニメのサントラをしたり、番組のテーマソングを作ったり、
葉加瀬太郎さんと情熱大陸をやってみたり、
タンゴじゃない音楽にバンドネオンをデリバリーして
いろんな可能性を探してきました。
今回もそんな活動を一枚のアルバムにしてみました。

 

 

■そして、20周年を記念した作品は
ベスト・アルバムだけではありません。
もう一作品リリースされているのが、ライブ・アルバムです。
タイトルは『ピアソラ:ブエノスアイレスの四季 with イ・ムジチ合奏団
こちら、どんな作品になっていますか?

 

ブエノスアイレスの四季に音楽をつけた世界観を
世界的に有名なイ・ムジチ音楽団と一緒にライブをさせていただいて、
その音源を収録していただきました。

 

 

 

お話を聞いて小松さんの音楽を生で
聞いてみたくなった人も多いことでしょう。
そんな方、ぜひ、こちらをチェックしてください。
デビュー20周年を記念したコンサートが行われます。

 

日時:12月1日(土)

場所:東京オペラシティ コンサートホール

開演:16時

問い合わせ:東京音響 03-5774-3030 or 東京音響のホームページをチェック!

また、名古屋では12月4日(火)に名古屋ブルーノートでライブもあります。
詳しくは、小松亮太さんのホームページをチェックしてください。

小松亮太さんホームページ