12月23日(日)第190回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

2018-12-24 / Category:Entry

 

TALKIN’ ON SUNDAYお楽しみいただけたでしょうか?

 

今月の「相続Room 897」のコーナーには
えがお相続相談室の司法書士の高橋さんにご登場いただきました。

 

自筆証書遺言の書き方などについて
詳しくしりたい!と思った方は是非、セミナーにお越しください。

セミナーの詳しい情報はこちら!!

「えがお相続相談室 ホームページ」

 

 

「みなとアセットpresents SUCCESSION〜Handing Over The Torch〜」

 

今週は、先週に引き続き、
2018年を代表する映画『カメラを止めるな!』のプロデューサー、
市橋浩治さんをお迎えしました。

 

 

 

■この映画を見たときに、作り手の熱量がすごく伝わってきて
それが多くの人を魅了したのかなとおもうのですが、
市橋さんはどの部分がポイントになったと思いますか?

熱量も本当にそうなんです。
とても長いワンカットのシーンは、作るのも大変なんです。
あとは宣伝料もないので、SNSや広告を使って
自分たちで広げていったのが大きかったですね。
劇場に監督とキャストが足を運んで、舞台に立つことで
熱量がお客さんに伝わったのかなと思います。

 

 

■この映画が作り出したムーブメントを次に繋げようという
動きはありますか?

我々の作った自主映画が全国公開になったように、
他の作り手の映画も良いものを作れば
全国までいけるという夢を持てたかなと思います。

 

■映画『カメラを止めるな!』は海外での上映もされています。
今のところ、どこで上映されているのでしょうか?
また、海外の反応はどうですか?

一番最初はイタリアの映画祭で上映されました。
日本の反応とイタリアの反応はだいぶ違くて、
イタリアでは最初の30分から大爆笑でした(笑)
「ワンカットなんてありえねーだろ!(笑)」みたいなね。

 

 

■イタリアはゾンビ映画の歴史もかなりありますからね。

見方が違くて面白かったですね。
日本のお客さんは最初の30分はかなり静かにみられます。
あとは、言葉のないシーンは世界共通でウケます。
ただ、関西弁の面白さは字幕でしか伝わらないのでもったいないです。

 

■こんな大ヒットの作品になって、続編のようなものは
考えていらっしゃいますか?

上田監督がやりたいといえば実現するかもしれませんが、
彼は今、とても忙しいので「2」の製作はいつになるかわかりません(笑)

 

 

市橋浩治さんがプロデュースしました映画『カメラを止めるな!』。
現在、Blu-ray&DVDで、発売されています。
間もなく年末年始のお休みのシーズンに入りますが
このタイミングで、ぜひ、繰り返し見ていただいたい作品です。

詳しくはこちら!!

http://www.vap.co.jp/kametome/bd_dvd/