The Real Music Station

TALKIN’ ON SUNDAY

DJ: 古家正亨
Mail
古家正亨がお届けする日曜日のモーニングショー。世界に散らばるニュースやトピックスを、各地で愛される音楽とともにご紹介。さらに、「みなとアセットpresents SUCCESSION 〜Handing Over The Torch〜」のコーナーでは、毎回、多彩なゲストをお迎えし、相続や土地、不動産、経済など様々な分野におけるワンポイント講座やQ&Aをお送りします。

Playlist

May 20 2018

MusiacsearchReload

Program Blog

5月13日 (日)

5月13日(日)第158回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」

古家正亨の「TALKIN’ ON SUNDAY」
本日も楽しんでいただけましたか?

今週は、先週に引き続き、料理研究家であり、
先日、著書「ビリからはじめる英語術」を発売されました
株式会社「REKIDS」の代表、行正り香さんをお迎えしました。

 

 

現在、自らの会社「REKIDS」を起ち上げ、小学生の学びから、英語の勉強法、
料理についての勉強法など、様々な学びの方法を提案されています。
そんな中、行正さんは、
先日「ビリからはじめる英語術」という本を発売されました。

 

■大学含めて、約10年近く英語を勉強してきていても、
英語をしゃべれない日本人は多いわけですが、
どうしたら日本人は英語を活用できますか?

まずは目的を「聞いて話す」ということにギアを変えなければいけません。
おそらく今までは受験のために「読んで書く」という勉強でしたよね?
しかし、2020年から受験の方法がかわります。
つまり英語勉強の出口だけ示されたことになります。
私が思うに英語は小学生の頃から英語に触れることが大事です。
とくに男の子は声変わりの時期に口を開かないんです。
声を出すのが恥ずかしくなってしまうんです。
声をだして発音するためには小学生からやるこのが効率的です。
あとは中学の三年間の中で、一年生の勉強が一番難しいんです。
アルファベットを習ったらすぐに、be動詞、一般動詞を習います。
復習をしないでどんどん進んで進んでしまうので、
振り落とされる子がたくさんいます。
あとはインターネットがこんなに普及して、
英語に触れられるコンテンツがたくさんあるのに、
学校では教科書しか使わないことも、とても遅れていると思います。

■そのような状態は少しずつ改善しているんでしょうか?

本当に少しずつ改善はしていますが、
アメリカの小中学校では一人一台パソコンを使っているのをみると
日本の勉強が遅れるのも納得してしまうほど、日本は遅れています。
これからはAIの時代で、自分たちの覚えたことは
だんだんと必要なくなってきてしまいます。
そんな時代で必要になるのは、0を1にするアイデアです。
ないものを産み出す力です。その人たちはただ数式を覚えるのではなく、
いろんな情報を自分で集めて、並び替えてプレゼンできる力、
人を説得する力、それを実現できる力が求められます。
教育というのは、未来で役立つ力をつけさせてあげることです。
それにはイマジネーションが大切になります。
10年後は何が必要になるのかを想像して、
限りある時間のなかで何を教えなければいけないのかを
常に考えなければいけません。

■料理研究家として、行正さんにお話を伺っていきたいのですが、
海外での生活もある行正さん。海外で日本の料理を振る舞った経験もありますか?また、どんな料理を作ったことがありますか?

 

私がアメリカにいるときは「sushi」くらいしか知られていませんでした。
でも今や世界中で日本食は注目されています。
食に興味を持ってもらうことで、日本のアートにも触れてもらえます。
日本っていろんな器がありますよね?海外はそれがあまりありません。
そしてコンビニでも季節によってメニューが変わります。
海外のコンビニではそんなクオリティーの高いものはありません(笑)
食の彩りとデザインがあるのが日本食の魅力です。

■日本の料理と海外の料理との絶対的な違いは?

日本人は職人気質なので、立ち蕎麦ひとつでも
クオリティーがとても高いです。
海外ではファーストフードはそれなりのレベル、
お金を出せばそれにあったレベルの料理がでてきます。
私は今日も立ち食い蕎麦をいただきましたが、
330円でとても美味しかったです!海外では330円ではマフィンひとつですよ(笑)
ただ日本人に足りないのはプレゼンテーション能力です。
レストランは味だけでなく、料理の説明、内装、雰囲気、
全てで評価されます。そうすると海外に負けてしまうんです。

 

■行正さんが英語を話せるようになって、なにか変わったことはありますか?

 

英語を話せるようになって、
英語圏だけでなく、世界中の人と繋がれるようになりますし、
日本のビジネスの領域もすごく広がると思います。

 

 

 

「ビリからはじめる英語術」
新泉社から、絶賛発売中です。お子さんをお持ちの親御さんから、英語を学びたい!
と思っている人には、読んでほしい1冊です。
ぜひ、チェックしてください。

「ビリからはじめる英語術」

 

さらに行正さんの講演会もあります!
ぜひ、チェックしてみてくださいね!

行正り香 オフィシャルブログ

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

相続や土地、不動産、経済に関するお悩みは、 ぜひ番組までメールを送ってください。

tos@interfm.jp

 


Recent Entry


5月6日(日)第157回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

4月29日(日)第156回放送「TALKIN’ ON SUNDAY」...

4月22日(日)第155回放送「TALKIN’ ON SUNDAY...

母の日えがお相談室イベント 開催決定!...

4月15日(日)第154回放送「TALKIN’ ON SUNDAY...

DJ Biography

古家正亨
ラジオDJ/テレビVJ/韓国大衆文化ジャーナリスト
帝塚山学院大学リベラルアーツ学部客員教授
北海道科学大学未来デザイン学部客員准教授
上智大学大学院文学研究科新聞学専攻博士前期課程修了。
韓国および東アジアの文化を中心に、幅広いジャンルでの比較対象を研究。
韓国観光名誉広報大使、韓国政府文化体育観光部長官褒章受章。
pagetop