The Real Music Station

JAZZ ain't Jazz

Wed. 22:00 - 23:00
DJ: 沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
Mail
DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

Playlist

Feb 15 2017

MusiacsearchReload
  • 22:03 "AFRO BAMBOO" RICKEY WASHINGTON
  • 22:08 "LOVE IS HERE TO STAY (MAURICE JOSHUA TOME MIX)" MAURICE JOSHUA FEA. M.TERREL
  • 22:12 "CONFESSION (HONEYCOMB VOCAL MIX)" DJ KEMIT
  • 22:16 "STEAL MY JOY (REEL PEOPLE VOCAL MIX)" ZO! FEA.TAMISHA WADEN
  • 22:22 "PEACE AND LOVE" TALL BLACK GUY FEA. MASEGO & ROMMEL DONALD
  • 22:27 "IS THERE MORE TO LIFE" TALL BLACK GUY FEA. DIGGS DUKE
  • 22:34 "THIS ONE IS FOR THE LADIES AND GENTS" TALL BLACK GUY FEA. MILES BONNY
  • 22:38 "MAMAO'S BRAKE (TENDERLONIOUS REMIX)" IVAN CONTI
  • 22:42 "STAND UP (SHUYA OKINO REMIX)" KYOTO JAZZ MASSIVE
  • 22:49 "NIGHT WILL FALL" THE CLAUS OGERMAN ORCESTRA

Program Blog

2月15日 (水)

グラミー賞の発表も終わり・・・

 

第四回JaJ Awardsの興奮冷めやらぬ中(笑)、

今年のグラミー賞の発表も終了しました。

 

何と、

Gregory PorterとRobert Glasperは

グラミーも受賞し、JaJとの2冠を達成!

 

ま、世間の皆さんにとっては

JaJ Awardsとの2冠?何それ?

って感じでしょうが、

実は、

世界最大の音楽賞と

世界最小の音楽賞に被りがあるって興味深いことだと思うんです。

 

僕達が

番組で大騒ぎしてる曲やアーティストが

数年後には

グラミーを受賞してる可能性もあるんですから。

 

思い起こせば

Robert Glasperがセカンド・アルバム『In My Element』を

リリースする前に、

僕は某雑誌の取材でNYのBLUE NOTE本社にいたんですが、

ノラ・ジョーンズのプロデューサーでもあった

Eli Wolfが、「こいつの時代が来る!」と音を聴かせてくれたんですよね。

 

はい、日本盤のライナー・ノートも僕が書きました。

 

一方、Gregory Porterは、

Patrick ForgeやKevin Beadleなんかが激プッシュしていて

その存在を知った訳なんですが、

日本の某ジャズ・クラブのバック・ステージで

次は誰がいいですかね?なんてスタッフに聞かれた際に

彼の名前を挙げたりしたもんです。

1960 What?が出た直後だったかな・・・。

 

だから、

僕が皆さんに紹介するアーティストが

いつか大化けして世界に名を轟かせる日が来るかもしれません。

 

それにしても、

A Tribe Called Questと一緒に大暴れしていた

Anderson ,Paakが(写真)JaJ Awardsで無冠とは驚きでしたね・・・。

 

さて、今週からは通常のスタイルに戻っての

放送です。

 

今週も未来のスターが登場するんでしょうか?

 

毎週水曜22時からは

InterFM897、JAZZ ain’t Jazzを宜しくお願いします。

 

 

 

 

 


Recent Entry


今夜発表!...

本日締め切り!...

RM jazz legacy...

この季節にまたしても...

通常放送開始...

DJ Biography

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家。開店以来24年で80万人の動員を誇るThe Roomのプロデューサーでもある。

KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」が英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1を獲得。

これまで世界35ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。

近年は音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストラン等の音楽設計を手掛ける。

著書に『DJ 選曲術』や『クラブ・ジャズ入門』等。現在、ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。

www.kyotojazzmassive.com
www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/
pagetop