eill

2024年4月1日(月)からスタートした新番組「紅茶花伝 presents ほどけるラジオ」。この番組では、毎回さまざまなジャンルで活躍中のアーティストや著名人をゲストに招き、あるとホッとするアイテムやマイブーム、リラックスできる音楽などをうかがいながら、それぞれの心がほどける瞬間を紐解いていきます。

2024年4月29日(月)〜5月1日(水)、5月6日(月)〜5月8日(水)の放送では、シンガーソングライターのeillさんが”あなたに寄り添う、ほどけるテーマ”のもと、自分の休み時間を心地よくしてくれるヒトやモノ、コト、場所、さらにホッとする音楽を紹介してくれました。

「癒されるもの」は、愛犬のコニーちゃん

4月29日(月)の放送では、eillさんの「癒されるもの」を紹介。

eillさんが今、”癒される存在”は、愛犬のコニーちゃん。コニーちゃんは、14歳のトイプードルで、eillさんが小学校高学年のときに家にやってきました。eillさんにとって、コニーちゃんは妹でもあり、お姉ちゃんでもある存在だそう。

「結構、私のお母さんには懐いてるんですけど、私のことはちょっと自分より下だと思っていて。よく踏みつけたりとか、噛まれたりとかしてきたんですけど、今はもうおばあちゃんの年齢になったことで性格もちょっと優しくなりました」

そんなコニーちゃんは、eillさんにとって悩んでいるときも楽しいときも、いつも一緒にいてくれる宝物のような存在です。

「実家で曲作りをしていて、うまくいかなくて私が泣いちゃったりするとき、コニーちゃんはポツンと座りながら、私のことを見ているんです。それで私が「どうしたの?」みたいな顔をすると、そんなに悩むことないよという感じで涙をペロッと舌で拭いてくれるんですよ。それからまた私に寄り添いながら、包まれるように眠るんですけど、本当に優しい子です」

「行くとホッとする、お気に入りの場所」は、サウナ

4月30日(火)の放送では、eillさんの「行くとホッとする、お気に入りの場所」を紹介。

eillさんの「行くとホッとする、お気に入りの場所」はサウナ。2年前ぐらいからサウナにハマっているというeillさんは、時には佐賀県までサウナに入りに行くほどのサウナ好きだといいます。そんなeillさんの最近のお気に入りサウナは、埼玉県にある「草加健康センター」で、薬湯もお気に入りだそう。

「草加健康センターの薬湯がまたすごくて。薬湯は、いろいろな漢方とかが濃縮されたお湯で色も茶色いんです。この薬湯は、入った瞬間にピリピリと痺れるような感じがするんですけど、いつもまずそこで体を温めてから、サウナに入っています」

また、eillさんは、草加健康センターの楽しみ方も紹介してくれました。

「草加健康センターの水風呂の水温は、大体15度ぐらいです。熱いサウナからその水風呂に飛び込むのが好きですね。それから外気浴で”休憩”するんですけど、そのルーティンを繰り返しながら、サウナを楽しんでいます。ただ、サウナ自体も好きなんですけど、さっき言った薬湯、それと炭酸泉と一緒に楽しむのが好きですね」

「聴くとリラックスできる曲」は、「wherever u r (feat. V of BTS)」

5月1日(水)の放送では、eillさんの「聴くとリラックスできる曲」を紹介。

eillさんが選んだのはUMIの「wherever u r (feat. V of BTS)」。コロナ禍の2020年頃にUMIの音楽に出会ったというeillさん。家から出られなかった当時の心境とUMIの楽曲がマッチしていたそうです。

「みんなが家にこもっていて、心が曇ってしまっているというか。でも、空はそれに応えられないぐらいこんなに晴れている。そんな状況の時にUMIさんの曲を聴いて、”曇っているけど晴れてる”ような自分の状況にすごくマッチしているなと思いました」

歌声だけでなく、曲やトラックも含めて、UMIの音楽にハマったeillさん。実はこの曲でコラボレーションしているアーティストもeillさんの大好きなアーティストだそう。そんな大好きなアーティスト2組によるコラボ曲の魅力をeillさんはこう語りました。

「この曲では、UMIさんと私が大好きなK-POPアーティスト、BTSのVがコラボレーションしています。三連符っぽい跳ねた感じのメロディーがすごく好きなんですけど、UMIさんの声自体が元々すごく人をリラックスさせる効果を持っていると思っていて。あと、ラブソングのスイートな歌詞を男女が掛け合うように歌っている感じもすごく私をリラックスさせてくれます」

「何度も食べてしまう美味しいもの」は、「まぜそば チョップス」のまぜそば

5月6日(月)の放送では、eillさんの「何度も食べてしまう美味しいもの」を紹介。

eillさんが選んだのは「まぜそば チョップス」のまぜそば。次郎系の油そばにインスパイアされたこのまぜそばが本当に大好きで、以前は週3ペースで食べていたそう。

「本当に美味しくて、週3くらい食べていましたね。ただ、「ちょっとまずいな」と思ったので、最近はやっと週1ぐらいにペースダウンしました(笑)。でも、ここのまぜそばは、本当に重くないからツルツルっと口の中に入っていきます」

また、大好きなまぜそばの食べ方にもこだわりがあるというeillさん。番組では、お気に入りの食べ方も紹介してくれました。

「お酢を大量にかけて、ちょっと酸っぱくする食べ方がおすすめです。そこにラー油を入れて辛くするんですけど、ニンニクが効いているので、さっぱりした味になるんですよ。この食べ方だともう無限に食べられるというか、男友達と一緒に行っても、私が一番最初に食べ終わるんですよね。まるで掃除機みたいに吸い込むように食べてしまうくらい、本当に美味しいです」

「自分に癒しを与えてくれる作品」は、ちいかわ

5月7日(火)の放送では、eillさんの「自分に癒しを与えてくれる作品」を紹介。

eillさんが選んだのは、レコーディングスタジオのエンジニアさんの影響で見始めたという『ちいかわ』。

「そのエンジニアさんは、『ちいかわ』にインスピレーションを受けたことで、青色とピンク色のグラデーションの髪型をされてるそうです。その話を聞いて、「そんなにも影響を受けるものなんだ!」と驚いたことで『ちいかわ』のアニメを見始めました」

『ちいかわ』はエンディングの曲で泣けると聞かされていたものの、最初はその感情が全く理解できなかったというeillさん。ただ、何度も見ているうちにエンディングの曲が流れると不思議な感情を覚えるようになったそう。

「『ちいかわ』は、考えさせる余白があるというか、そう考えながら見ていると、あっという間にエンディングの曲が流れてくるから、ちょっと不思議な感情になるんですよ。だから、最近は、お家に帰って何も考えたくないときに『ちいかわ』を見て「今日もかわいいな」と思いながら癒されています」

「頑張っている方に向けて贈りたい背中を押す1曲」は、Sigridの「Thank Me Later」

5月8日(水)の放送では、eillさんの「頑張っている方に向けて贈りたい背中を押す1曲」を紹介。

eillさんが選んだのは、先日東京で初の単独来日公演を行ったSigridの「Thank Me Later」。そのライブで一番泣いたというこの曲の魅力について、eillさんはこう語りました。

「サビに「I need let you go(あなたを手放す必要がある)」という歌詞があるんですけど、これは手放すことで後から私達にとって感謝を与えてくれる、つまり、それがありがとうと思えるよという意味なんです。この曲は、おそらくラブソングなんですけど、私にとっては、今ある素晴らしいものを手放して、先に進みなよ!という感じで背中を押してくれる曲でもあるんですよね」

その上でeillさんは、「背中を押してるんだけど、全力で押してないというか、笑顔で行進しながら「前に進みなよ!」という、曲のバイブスが本当に大好きです」とリスナーにおすすめしました。

eillさんのサインが入ったオリジナルトートバッグをプレゼント!

いつも気遣って声をかけてくれる友人や、さりげなく仕事でサポートしてくれる先輩。あなたの周りにいるそんな存在(Comfort Creator)のあの人へ、”ほどけるひととき”を贈ってみませんか?

番組では、2週に1回、抽選で3名の方へ紅茶花伝とゲストのサイン入りグッズをプレゼント。今回はeillさんのサインが入ったオリジナルトートバッグと紅茶花伝のセットをプレゼントします。プレゼントを贈りたい方とのホッとするエピソードや感謝のメッセージを添えて特設サイトより、ぜひご応募ください。

eillさんが選曲した、「今、聴くとリラックスできる曲」や、「今、頑張っている人に向けて贈りたい背中を押してくれる曲」を集めたプレイリストもSpotifyで公開中です。また、この番組の一部はポッドキャストやAuDeeでもお聴きいただけます。

プレゼント