Reborn-Art Festival Radio Supported by 木下グループ

宮城県の牡鹿半島と石巻市街地を舞台にした、
「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる総合芸術祭
「リボーンアート・フェスティバル」のオフィシャルラジオ番組。
実行委員長 小林武史やアーティストを含む複数のキュレーター、
地元の方々が発信する「いのちのてざわり」を声と音楽で届けていきます。

放送日程

5.25SAT.
6.29SAT.
7.27SAT.

8.3SAT.
8.10SAT.
8.17SAT.
8.24SAT.
8.31SAT.

9.28SAT.
19:00 - 20:00 on air

放送後記

出演予定

キュレーター

島袋道浩

SHIMABUKU

キュレーター

豊嶋秀樹

HIDEKI TOYOSHIMA

アーティスト

パルコキノシタ

PARCO KINOSHITA

FOOD DIRECTOR

原川慎一郎

SHINICHIRO HARAKAWA

FOOD DIRECTOR

ジェローム・ワーグ

JÉRÔME WAAG

キュレーター・番組MC

小林武史

TAKESHI KOBAYASHI

メッセージ

いのちのてざわり

自然の猛威による未曾有の震災が残した爪痕はいまもまだ東北のあちこちで散見できる。
それを単純に<ネガティブ>と形容することには躊躇いがあるにせよ、
そこから転じた<ポジティブ>が『Reborn-Art=人が生きる術』をキーワードとするこの芸術祭を形作ってきたのは確かだ。
2017年の第1回ではアートを媒介にして人の想いや繋がりが新たにさまざまに生まれていった。

来る2019年の第2回は『いのちのてざわり』をテーマに掲げようと思う。
暴走する経済をはじめとした現代社会の状況は、人が生きることの本質からどんどん遠ざかりつつあるように見える。
石巻でしか生まれ得ない「いのち」という我々の根源に深く触れることのできる作品を、
そこで新たな<ポジティブ>をみつける未来に向けたダイナミズムを、ぜひ体感していただきたい。

リボーンアート・フェスティバル実行委員長 小林武史

reborn art festival 20019

会期:2019年8月3日(土)– 9月29日(日)*網地島エリアは8月20日より開催
会場:牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾(宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)
主催:Reborn-Art Festival実行委員会、一般社団法人APバンク

www.reborn-art-fes.jp