The Real Music Station

News

日々の更新情報は以下をチェック

PUBLIC IMAGE LTD.THE PUBLIC IMAGE IS ROTTEN JAPAN TOUR

 
セックス・ピストルズのヴォーカリストとして活動していたジョニー・ロットンが、1978年1月に脱退。ジョン・ライドンと改名し、パブリック・イメージ・リミテッドを結成。デビュー作『パブリック・イメージ (Public Image - First Issue)』は、ライドンのパンク・ロックの旗手というイメージを裏切り、ロックを解体するかのような斬新なサウンドで、ポスト・パンクの先陣を切る。

翌79年には45回転12インチ3枚組で缶入りという特殊仕様にして傑作の誉れ高い『メタル・ボックス』を発表。80年には初のライヴ盤『パリ・ライヴ』をリリース。翌年に3作目『フラワーズ・オブ・ロマンス』を発表、続いて日本でのライヴ盤『ライヴ・イン・TOKYO』(83年)をリリース。以降、ライドンを中心にメンバーの変遷もありながらミクスチャー~ポップへと路線を変え順調に活動を続けるが、92年にリリースした『ザット・ホワット・イズ・ノット』をもって活動を一旦休止。96年のピストルズの再結成、翌年の初のソロ作『サイコパス』の発表も挟みつつ、2009年にPiLは再結成を果たす。

再結成を果たしたPiLのメンバーはジョン・ライドンをして"かってないほど素晴らしい"と言わせるほどで、ファン、評論家、プロモーターから支持されている。2011年には、"サマーソニック2011"で22年ぶりの来日で日本のファンを沸かせた。そして今回発表となったデビュー40周年を記念したThe Public Image is Rottenツアーは5月30日に英ブリストルを皮切りにヨーロッパ、日本を含む大規模のものとなる予定だ。

キャリアを振り返るボックス・セットのリリースやドキュメンタリー映画の劇場公開の予定もあり、文字通り記念すべき1年となりそうだ。東京、大阪の1公演も貴重なライヴとなることは間違いない。

来日メンバーはジョン・ライドン、ルー・エドモンズ、スコット・ファース、ブルース・スミスのバンド史上最も長く安定したラインナップとなる。

7/3(火)六本木EX THEATRE

pagetop