NEWS

メディアアーティスト・市原えつこが語る、「メディアアートが示すもの」

Guests
2021/09/15


9/15(水)9:30pm - 9:58pm

Community Diver

ゲスト:市原えつこ


ラジオ放送×コミュニティの実験的番組『Community Diver』。

InterFM897と、コミュニティプラットフォーム〈CAMPFIRE Community〉とのコラボレーションでお届けします。


2021年9月15日(水)は第29回目のオンエア。

Community Diver』では、メディアアーティストの市原えつこさんをお迎えします!



電極を刺した大根が艶めかしい対象となる「セクハラ・インターフェース」、人型ロボットに亡き人を憑依させて弔う「デジタルシャーマン・プロジェクト」など、日本古来の文化とテクノロジーを組み合わせて、私たちの持っている〈常識〉のあやふやさを投げかけてくる市原さん。


芦沢さんとのトークで、「細かなニュアンスを伝えられた」と市原さんが語る今回のオンエア。

キーワードは「叩かれ待ちの鬼」「蛍の光を歌ったり」「未来のWiFiを勝手にキャッチ」。


ご期待ください!


---


〈パーソナリティ〉芦沢ムネト



1979年9月19日生まれ。コント集団「パップコーン」のリーダー。

TOKYO FM系「SCHOOL OF LOCK!」の3代目教頭。

2011年から人気ネコキャラ「フテネコ」の作者として注目を集め日本国内にとどまらず、海外でもキャラクターコラボを展開。

現在、イラストレーター、音楽番組MC、インタビュアー、俳優などなど幅広いフィールドで活躍中。

Twitter:https://twitter.com/ashizawamuneto

『芦沢ムネトの創作塾、宇宙テーブル』

https://community.camp-fire.jp/projects/view/275152



〈第29回ゲスト〉市原えつこ 



メディアアーティスト/妄想インベンター

1988年、愛知県生まれ。

早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。

日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。

アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性と日本文化に対する独特のデザインから、国内外の新聞・テレビ・ラジオ・雑誌等、世界中の多様なメディアに取り上げられている。


▼Twitter:

https://twitter.com/etsuko_ichihara

▼オフィシャルサイト:

http://etsuko-ichihara.com/


---

9/15(水)9:30pm - 9:58pm

Community Diver

パーソナリティ: 芦沢ムネト

番組公式Twitter: https://twitter.com/Community_Diver

番組をお聴きになった感想をツイッターでつぶやく際には、#ダイバーラジオ #cd897 でお願いします!

メール: communitydiver@interfm.jp

番組公式コミュニティ: https://community.camp-fire.jp/projects/view/366648

番組をradikoで聴く▼

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20210915213000

「スマートニュース」APPからradikoへは、こちら▼

https://radiko.jp/index/INT/