NEWS

ギタリストは自ら発信する時代

番組から
2022/02/23


2/23(水)8pm - 8:30pm

Next Guitar Hero is... produced by Rittor Music


現代の⾳楽シーンで、ギターサウンドで勝負し続ける注目のギタリスト2人が、毎月対談をお届けするプログラム。


今月対談をお送りするのは「Official髭男dism」の小笹大輔さん、そして「Official髭男dism」の最新アルバム『Editorial』の収録曲「Bedroom Talk」で、ギタープロデューサーを務めた有賀教平さん。


今回はお二人の最終回。

影響を受けたギタリストや今のギターシーンについて思うこと、ギタリストとしての今後の目標についてお話ししました。



Q.今のギターシーン、ギターサウンドに思うこと


有賀「僕が関わる現場ではギターが前に出るより歌に寄り添うギターが多いですけど、そんな中でも呼ばれるギタリストって爪痕を残していたり『この人のフレーズだ!』っていうフレーズを持っている人が増えてきたなと思ってて。今後もそういう個性を持った人が増えていってほしいなとは思ってますね。今の環境ってそういう個性を出しやすい、ギタリストにとっていい環境だと思います」


大輔「Instagramの発展もギタリストのプレイスタイルに影響を与えてますよね」


有賀「そうだね。作家(作曲家)さんとかアレンジャーさんとかがその人を呼ぶ時って、その人のサウンドが欲しいから呼ぶっていう選び方で選んでると思うから、どんどんみなさん発信してください!」


大輔「確かに!発信がすごい簡単な時代になったんで、みなさんのギター動画見たいですね!」


大輔「自分はバンドのギタリストっていう立ち位置だと一歩引いてる側のプレイヤーである気はしているんですけど、なんかひっくり返したいなとか思ってるところはあって。派手なギターにもう一度脚光を浴びせられないかな?っていう企みはしてます。最近ギターがバンドの楽器というよりトラックメイキングのサンプリング素材みたいなギターも流行ってきてると思ってて、それも好きでカッコいいなと思うし、新しい形を色んな人が提示してくれる時代なんで」


有賀「そうだね。ギターの役割の新しい価値観がどんどん生まれてきてるよね」


大輔「そうですね、どっちもの良さがあるから。ほんとギターって伴奏とソロをシームレスに行き来できる面白い楽器だなって思うんで、これからも人からも影響を受けて、自分でも面白い使い方を発信できたらなって思いますね」



---


■ オンエア楽曲

Over Drive / Judy And Mary

KU-RU-KU-RU Cruller! / Aqours


お聴き逃しはradiko.jpのタイムフリーをチェック!

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220223200000


番組では、ギターに関するメッセージをお待ちしています。

「ギターがもっと上手くなりたい!」

「ギターを弾いてみたいけど、何から始めたらいいの?」

など、ギターにまつわる質問や相談、番組の感想もお待ちしています。


---

2/23(水)8pm - 8:30pm

Next Guitar Hero is... produced by Rittor Music

DJs: 小笹大輔 (Official髭男dism), Kyohei Ariga

メール: guitar@interfm.jp

ハッシュタグ: #ギターヒーロー #interfm

Twitter: https://twitter.com/NGHi_Rittor

Instagram: https://www.instagram.com/next_guitar_hero_is_you/ 

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCEHhjLTzLYq5n5EYjlzodSA


番組をradikoタイムフリーで聴く▼

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220223200000

「スマートニュース」APPからradikoへは、こちら▼

https://radiko.jp/index/INT/