NEWS

InterFM897 x origami PRODUCTIONSスペシャルプログラム 『origami song writing relay』

Special
2020/05/27

origami PRODUCTIONS所属のアーティストがStay Homeで各自演奏し、リレー形式で次々と音源を渡していき、1時間のラジオ番組内でオリジナルを1曲完成させるという、ありそうでなかったスペシャルプログラムを、5/31(日)20:00-InterFM897にてOA!!!

mabanuaがドラムを叩き、その音源をShingo Suzukiへ転送。ドラムからインスパイアされShingo Suzukiがベースを重ねる。それを関口シンゴ(ギター)、Kan Sano(キーボード)、Michael Kaneko(歌)、Hiro-a-key(ラップ)の順にパスしていく中で、一体どんな曲が完成するのか???

ミュージシャン、シンガーとしてそれぞれどんな事を考え、相手の演奏から何を汲み取り音へしていくのか?それぞれのコメントや、解説にも要注目!!!

さらにその音をまとめるミックスエンジニアのyasu2000やレーベルスタッフの話なども!音楽が生まれ、リスナーに届くまでの物語を、1時間に凝縮しました。是非お聴き下さい!!


■origami PRODUCTIONS

1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル。

Ovall、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanua、Nenashiが所属。

2007年に東京で産声をあげ、常に“音の鳴る方へ”と歩み続け、今に至る。

渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたジャズ、ソウル、ヒップホップを軸としたジャムセッションムーブメントを世界中の音楽ファンに届けるべくスタートしたが、現在はより自由な表現を追い求め、ジャンルレスでボーダレスなスタイルで活動の幅を広げている。

所属アーティストは国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストをプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしている。

---

5/31(日)8pm - 9pm

origami song writing relay

DJs: Shingo Suzuki, mabanua, 関口シンゴ, Kan Sano, Hiro-a-key, Michael Kaneko 

番組をradikoで聴く▼

http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20200531200000