NOW ON AIR
25:00-26:00
NO DJ

interfmを今すぐ聴く!!
利用規約等

NEWS

【謝音祭】山下智久「音楽は僕らを繋げてくれるひとつのツール」

番組から
2020/07/24

“これまでも、これからも、人生を彩り、寄り添ってくれる「音楽」に感謝する1日“としてお送りする『謝音祭』。音楽への感謝の気持ちを伝えるために山下智久からコメントが到着。7月15日に発売されたニューシングル『Nights Cold』に込められた想いとは。

明日何が起こるかわからない時代 --

山下:「『InterFM897謝音祭』をお聴きの皆さん、山下智久です」

--コロナ以降、自粛生活も含めて音楽だったりとかご自身の活動に対して価値観が変わりましたか?

山下:「ある意味で自分と向き合う時間にもなったかなという風に思いますし、本当に明日何が起こるかわからない時代になっているのかなぁという風に思いました。なので、できるだけスピードをあげてもっともっと自分にできることをコンスタントに発信していけるような。そういう風にもっとしていかないといけないなと思いました」

--音楽とは改めてどういう存在?

山下:「音楽がどういう存在かっていうのは、ちょっとなかなか言葉で表現するのは難しいんですけれども、僕にとっては必要不可欠と言いますか。やっぱり音楽によって気分も変わりますしその時聴いてた音楽っていうのが思い出のスイッチになったりもするし、そうですね。本当にこう音楽のパワーに救われたことっていうのはたくさんありますし、なによりも僕が作らせていただいた楽曲で応援してくれている皆さんと一つになれるっていうなんか僕らを繋げてくれるひとつのツールでもあるのかな、と」

--具体的に、救われた、力をもらったと思うアーティストや楽曲はありますか?

山下:「特定のアーティストというよりかは、気分が落ち込む時もあったりするので、そういう時はリラックスできる音楽だったりとかもちろん歌詞が乗っているものもありますし、逆に乗ってない楽器だけの音楽も聴いたりするし、音っていうのは僕にとってはひとつのパワーの源になっているかなって思います」


音楽は「親友」!

--音楽を擬人化して感謝の言葉をかけるなら?

山下:「そうですね、擬人化するとしたら「親友」的な感じですかね。また一緒に旅に行こうぜ!みたいな(笑)」

--最後にリスナーへのメッセージを。

山下:「改めましてリスナーの皆さん、いつもありがとうございます。今回ですね、僕の新曲『Nights Cold』という曲を発表させていただいているんですが、この曲は割と英語の歌詞が多かったりするんですけど、サビはね、しっかりと日本語で自分の気持ちを乗せて歌いたいな、という風に思って日本語にさせていただきました。一応世界でも配信されるということで英語の歌詞が多くなっているんですけど、やっぱりこう、聴いてくれた人、なんかこの曲はかなりこう冷たい曲にはなっているんですけどその中の本当に少しこう温もりが混ざったりしてるので、そこは発見してくれたら嬉しいな、なんて思ってます。

ということで以上、山下智久でした。ありがとうございます」

---

2020年7月24日(金)12pm ~ 8pm

InterFM897 SPECIAL DAY 「謝音祭」

DJs: 井手大介, 堀田茜

メール:ongaku@interfm.jp

ハッシュタグ:#音楽ありがとう

radikoで山下智久のコメントを聴く▼

http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20200724140000

特設サイト:https://www.interfm.co.jp/lp/shaonsai/