NEWS

TALKIN' ON SUNDAY 12月13日

番組から
2020/12/13

「BETTER LIFE」 

このコーナーは、よりよい人生を、そして、その“終わり”を追求する為のアドバイスを、相続問題はもちろん、健康、医療、看護など様々な分野の専門家に伺うコーナーです。

今月12月の講師は、番組ではおなじみとなりました、みなとアセットマネジメントの向井啓和さんをお迎えしました。

■老後に自宅を売却して、家には住み続ける「リースバック」ですがリースバックのメリットはなんですか?

リバースモーゲージは金融期間からお金を借りるのに対してリースバックは相手が不動産会社ですので、スピード感が早かったり、柔軟性もかなりあります。

■どれくらいのスピードの違いがありますか?

リバースモーゲージは審査などもあり2ヶ月近くかかってしまうのに対してリースバックは、10日くらいで実行までうつすことができます。

---

リースバックの詳しい情報につきましては「マイホームだけは守らナイト」までお電話ください。

0120-072-182 までお問い合わせください。


みなとアセットpresents SUCCESSION〜Handing Over The Torch〜 

今週は、訪問看護ステーション蒼の豊田亜弥さんからトーチを受け取ります、山形県出身のシンガーソングライターの朝倉さやさんです。

■山形県出身で小学2年生から民謡をならいはじめその後、民謡日本一に2度も選ばれています。民謡はご家族がお好きなのでしょうか。

そうですね!

趣味としてですが、ばあちゃんも母も大好きで、生まれる前から身近なものでしたね。

■山形県では民謡は一般的なものなのでしょうか?

民謡を習っているのは、学校に一人でした(笑)

なので朝会などでサッカー部など一緒に表彰されるので、みんなから「民謡をやっている人!」という覚えられ方でしたね!

■とはいえポップスなども聴きますよね?

そうですね。ドリカムの吉田美和さんの歌声に衝撃を受けて作詞をしてみたいと思いましたね。

私に大きな影響を与えてくれましたね。

■そんな朝倉さんですが新曲「新・東京」をリリースされました。2013年のデビュー曲「東京」との違いはなんでしょうか?

歌詞とメロディは一緒なのですが、アレンジが変わっていて、ピアニストの倉田信雄さんに参加していただき、ピアノとヴォーカルで作り上げました。

歌詞も上京してきたときのリアルの気持ちを歌っているのですが、このコロナ禍で、会いたいひとに会えない、帰りたいけど帰れない、という気持ちが偶然にも一致して、このタイミングで歌うことに意味があると感じています。


朝倉さやさんの詳しい情報は、ホームページをチェックしてくださいね!

朝倉さや オフィシャルHP

---

12/13(日)7am - 8am

TALKIN' ON SUNDAY

DJ: 古家正亨

メール: tos@interfm.jp

ハッシュタグ: #トーク日曜

番組をradikoタイムフリーで聴く▼

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20201213070000